リッツカールトン東京「タワーズ」で誕生日サプライズしてきた!

2017-06-06

リッツカールトン東京「タワーズ」で誕生日サプライズをしてきました!

六本木の東京ミッドタウン45階だけあって、眺めは抜群!
誕生日祝いと伝えると、誕生日プレートのサービスまでしてもらえました。

席はフロア真ん中ほどの位置だったので少し残念だなと思っていましたが、デザートの時間になると空いた窓際の席に案内してくれ45階からの絶景もばっちり堪能できました。

結果として大満足になったリッツカールトン東京「タワーズ」の誕生日ランチをレポートしたいと思います。

リッツカールトンの予約は一休経由がオススメ!

リッツカールトン東京「タワーズ」のランチは「シェフズテーブル」というビュッフェスタイルのコースになっています。

・前菜とデザートはビュッフェで好きなだけ
・メインが1品
・食後のドリンク付き

通常4,844円(税サ込)のコースですが、一休のレストラン予約だとここにさらにワンドリンクがついて4,800円ぽっきり!(税サ込)

(コース・料理)4,844円 + (ドリンク)1,242円 = (合計)6,086円
と言う内訳で、21%OFFで予約ができます。

今回は母の誕生日祝いで3人分の予約だったので、かなりお得に利用することができました!

ドリンクはいらないと言う人は、通常のコースも4,844円→4,500円の7%OFFで予約ができるので、リッツカールトンで誕生日祝いを考えている人は是非利用してみて下さい。
と、言うか利用しないと損!です。

リッツカールトン東京「タワーズ」に誕生日サービスはある?

誕生日である事を事前に伝えると、サービスで誕生日のデザートプレートを出してくれました!

リッツカールトン誕生日プレート

一休レストラン予約や公式サイトには誕生日について特に記載が無かったので、リッツカールトンでは特に誕生日サービスはやってないのかなーと思っていましたが、一休レストランで予約する際に「ご利用の目的」を入力する欄があったので、「誕生日」を選択。
念の為、ご要望欄に「誕生日なので、もし誕生日サービスなどがあればお願いします」と書いておいた所、デザートのタイミングで誕生日プレートをサービスしてくれました!

誕生日サービスとは言ってもスタッフさんの拍手や声がけなど大げさなものではなく、本当にさりげなく「どうぞ」と言う感じでスッとプレートを出されたので(最初、誕生日プレートが来たのに気づかなかったくらい)、大々的に誕生日サプライズ!と言う雰囲気ではありませんが、逆に大げさなのは恥ずかしい・落ちついて誕生日祝いをしたいと言う人にはちょうどいいプチサプライズだと思います。

「タワーズ」のランチにはデザートビュッフェがついているので、メインのデザートビュッフェが楽しめるように誕生日プレートはボリュームを抑えたクッキー+フルーツなのも、ホテル側の気遣いを感じて好印象でした。

リッツカールトン東京「タワーズ」誕生日ランチ体験談

ランチの予約時間は12:00と13:30のみ、席は1時間30分制です。
今回は13:30のランチへ行きました。
最近は長時間プランのホテルビュッフェなどもあるので、時間は少し短めですね。

もし長時間おしゃべりしたい!と言うのであれば、11:00~14:30まで時間無制限ブッフェ&16:00までカフェFreeと5時間も楽しめる、三井ガーデンホテルのALL DAY DININGなどがおすすめです。

リッツカールトン東京は東京ミッドタウンの45階にあるので、入口がちょっとわかりにくいかもしれません。
1階は服屋やレストランのある商業施設になっており、裏手(リッツカールトン側)にはアート作品が点在する公園があるので食後に公園をブラブラするのもオススメです。

リッツカールトン入口

45階まで直通エレベーターで上がると、ロビーは高級感たっぷり!
外国人のお客さんが多いホテルのカラーなのか、着物を着た案内嬢がエレベーター前でスタンバイしてくれているので、レストランの場所がわからなくてもスムーズに案内してくれます。

リッツカールトンのドレスコードは「スマートカジュアル」。
スーツやワンピースなど、正装レベルの服装をする必要はありませんが、ビーチサンダルや短パンはNGです。
周りを見ると、普通のOLさん、もしくは若い主婦風の方が多かったので、ユニクロでも、GUでも、綺麗目の服装ならOK!だと思います。(ちなみにタワーズは女性率100%でした)

タワーズ店内の雰囲気は、かしこまりすぎず、高級感がありつつ程良くカジュアル。
一面ガラス張りなので、光がたくさん入ってとても明るい雰囲気です。
若い方や年配の方でも緊張せずに過ごせると思います。

窓からはこの絶景!東京タワーや皇居がとても良く見えます。
六本木絶景ランチ

席につくと、まずはメニューからメインの料理とワンドリンクを選びます。
リッツカールトンドリンク

今回は一休のワンドリンク付きのプランだったので、食後のドリンク(コーヒー・紅茶類)とは別に、ドリンクが1杯頼めます。
ここがちょっとわかっていなかったのですが、食後のドリンクはもともとコースに含まれているので、別途有料で注文する必要はありません。

ワンドリンクはソフトドリンクはもちろん、赤ワイン、白ワイン、ビールなどアルコールも選べるので隣のテーブルの女性たちはみなさん生ビールで乾杯されてました。
平日の昼間からビールで乾杯、いいですね~。思わず我が家も白ワインで乾杯してしまいました。

オーダーを済ませたら、「ビギニング」と称してシェフズテーブル(ビュッフェ台)からサラダ、前菜、スープなどを自由に選びます。

ビュッフェ台は、オープンキッチンのカウンターになっているので中でシェフたちの調理中の姿が見れるのが楽しい!(だから「シェフズテーブル」なんですね)

シェフズテーブル

サラダ、サーモン、マリネ、ココットやビシソワーズなど…。
種類は多くないのですが、ひとつひとつが凝った料理が多いです。
リッツカールトンタワーズビュッフェ

サラダ&ドレッシングバーの裏には…
リッツカールトンサラダバー

生ハムなど!
リッツカールトンランチ

成果です。
リッツカールトンビュッフェ

いつもはビュッフェと言ってもよほどの事がないとおかわりしないのですが、リッツカールトンのビュッフェは本当に美味しい!
一品一品が凝った味付けで、思わず2皿目も取りに行ってしまいました。

メインはそれぞれ違う物をオーダー。

目鯛のポワレ
リッツカールトンランチ

信玄どり胸肉の低温ロースト
一見ササミのようですが、どこまでも均一に火が通ったしっとり柔らかな仕上がりに唸りました。
リッツカールトンランチ

メインで特に気になった「ホワイトアスパラ」
これはまあ…普通に肉か魚にした方が良かったかな(笑)
グリーンピースの泡やスモークした卵黄が面白い食感で楽しめました。
リッツカールトンランチ

メインの食事が終わると、窓際の席が空いたと言う事で席を移動してくれました!
前菜のビュッフェはそろそろ終わりとの事で「今のうちにたくさん取ってきてゆっくり食べて下さいね!」と言われましたがもうお腹いっぱい…でもありがとうございます…。

デザートタイムには、ソフトドリンクがついています。
私はコーヒー派なのですが、エスプレッソやカプチーノなどがあるのは嬉しかったです。
ちなみに、あとで紅茶もオーダーしましたが、ドリンクのおかわりは無料でした。(ここ、いつもわからなくてドキドキするところ)
今後、行かれる方はコーヒーも紅茶も両方楽しんで下さいね!

お待ちかねのデザートビュッフェは入口近くのバースペースに設置されています。
リッツカールトンデザートビュッフェ

8~10種類ほど用意されていましたが、どれもこれもクオリティ高い!
リッツカールトンケーキバイキング

一番のオススメ、キャラメルカシスのチョコレートムース。絶品です。
リッツカールトンチョコレートムース

成果です。
タワーズデザートビュッフェ

成果その2。
デザートビュッフェも普段あまりたくさん食べないのですが、チョコレートムースが美味しすぎて、おかわりです。
タワーズケーキバイキング

リッツカールトンの1階にはケーキや焼き菓子、パンなどを販売する「ザ・リッツ・カールトン カフェ&デリ」があります。
チョコレートムースがあまりに気に入ってしまって帰りに寄ってみましたが、この日は無かったようで残念。(他のケーキはたくさんありました)
ここでお気に入りのスイーツが見つかった人は、1階のデリも覗いてみて下さい。

ちなみに、リッツカールトンのタワーズ内は全席禁煙ですが、煙草を吸う方は店を出てフロア反対側にある「ザ・バー」にいけば喫煙できます。
ロビーではピアノの生演奏が行われており、アフタヌーンティを楽しんでいる人がちらほらいました。
アフタヌーンティセットも、5,000円となかなかのお値段ですね。

リッツカールトン東京「タワーズ」誕生日ランチ感想

最初は短いかな?と思った1時間半の誕生日ランチでしたが、終わってみると前菜からデザートまで、たっぷり楽しめました。
また、食が細くなっている母親からすると「全部ビュッフェ」ではなく「前菜とデザートのみビュッフェ」がボリューム的にもちょうど良かったとの事で、気に入ってもらえて良かったです。

色々なホテルのビュッフェに言っている私ですが、初体験のリッツカールトン「タワーズ」は、大満足!
とにかく料理の一品一品が凝っていて全部美味しかったのが印象的でした。

品数はそこまで多くありませんが、「量より質」の方に是非オススメしたいホテルランチです!

関連記事