コスパハック

コスパの高いモノ、コト、ライフハックブログ

      2016/09/06

PS4コントローラー充電スタンド(公式製品)購入レビュー、縦置きにして正解だった。

PS4を購入した際にコントローラーの充電スタンドを買おうと思っていたのですが、すっかり後回しになっておりました。

PS4本体からニョロニョロと伸びた長いUSBケーブルに、いい加減ストレスが限界突破したので公式の充電スタンドを購入。
とても良かったので詳しくレビューしようと思います。

厳選おすすめソフトの記事はこちら

PS4用コントローラー充電方式の種類

まずは充電方式がいくつかあるのを頭に入れておく必要があります。
現状、PS4コントローラーの充電スタンドには3種類の充電方式があります。

1.コントローラー下部のヘッドフォン端子を充電器に刺すタイプ(今回購入したもの)

DUALSHOCK 4 充電スタンド
ソニー・コンピュータエンタテインメント
参考価格 2,678 円
価格 2,000 円(25%OFF)
商品ランキング 437 位

2.コントローラー上部のmicroUSB端子を充電器に刺すタイプ(コントローラーが逆さになるタイプ)

参考価格 1,598 円
価格 1,059 円(34%OFF)
商品ランキング 4,644 位

3.コントローラー上部のmicroUSB端子にアタッチメントをつけて、充電器に置いて接触充電するタイプ(コントローラーを寝かすタイプ)

参考価格 2,354 円
価格 1,918 円(19%OFF)
商品ランキング 319 位

選んだ商品

私が購入したのはこちら、1番のヘッドフォン端子充電式スタンド。
ソニー・コンピュータエンタテインメントの公式製品です。

DUALSHOCK 4 充電スタンド
ソニー・コンピュータエンタテインメント
参考価格 2,678 円
価格 2,000 円(25%OFF)
商品ランキング 437 位

今回充電スタンドを購入するのに一番重視したのは「縦置きデザイン」なことです。
PS4コントローラー(DUALSHOCK4)の充電スタンドは何故か縦置きタイプが少ないです。

我が家ではPS3コントローラー(DUALSHOCK3)の充電スタンドも公式製品を使っているのですが、こちらとデザインを合わせたかったので縦置きを探しました。
充電方式よりデザイン重視の選択です。
また、公式製品を選んだことでコントローラーとの相性が悪くて使えない、などの問題を回避することがでるのも選んだ理由のひとつです。

ちなみにPS3用充電スタンドも公式製品を4年使っていますが、一度もソニータイマー故障など無く、快適に使えています。こちらもオススメ。

DUALSHOCK 3 充電スタンド
ソニー・コンピュータエンタテインメント
参考価格 2,551 円
価格 3,695
商品ランキング 634 位

開封レビュー

Amazonで購入したのですぐに届きました。もちろん保証書付き。
dualshock4002

本体とACアダプター。
ちなみに、電源供給はPS4本体からでなく、コンセントからです。
PS4本体のUSBポートはあけておきたいし、正面からの見た目もスッキリさせたいので、個人的にはコンセントから給電する方がいいです。
dualshock4003

購入前の写真で見る限り、今回はPSロゴが無いのかなと思っていたら、上にありました。
PS3用充電スタンドは正面からPSロゴが見えますが、PS4用充電スタンドは上についているので正面から見えない所がちょっと残念。
dualshock4006

側面にSONYロゴ。
裏面にすべり止めがついていて、置いた時にガッチリずれないのが嬉しい。
dualshock4005

刺しこみ部分

充電スタンドを購入する人で気になるのは接触部分だと思います。

この充電スタンドはPSボタン下のヘッドフォン端子をスタンドに「グサッ」と刺すタイプです。
レビューには「置くだけ」と書いている人もいましたが、接触型の充電ではないのでご注意を。きちんと刺す必要があります。
刺すとコントローラー上部のライトバーが黄色にポワッと光るので、充電されたのがわかるようになっています。
dualshock4013

ちなみに写真に写っているのは追加で購入した透明(クリスタル)のPS4コントローラー。
昔あったクリアタイプのゲームボーイを思い出してノスタルジーに駆られたのでポチりました。

ワイヤレスコントローラー (DUALSHOCK 4) クリスタル
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
参考価格 6,458 円
価格 6,230
商品ランキング 349 位

刺しにくいとの声もありましたが、ちょっと前に倒す感じで刺せば問題なし。
ただし、接触型充電のようにポイッと置くだけとはいきません。
位置を合わせてグサッと刺す必要があるので、そこが手間に感じる人はいると思います。

位置を合わせて刺すと言う点では、コントローラー上のUSB-B端子を刺すタイプ(冒頭の2番タイプ)でも同じだと思うので、刺すタイプが面倒な人は接触型充電(冒頭の3番タイプ)を選ぶと良いと思います。
接触型充電は金属板の部分を接触させるだけなので本当に「置くだけ」なのが楽ですね。
ただし、寝かせるタイプになるので占有面積が大きいこと、microUSB端子にアタッチメントをつけるので、microUSB端子を使うたびにアタッチメントを外す必要があります。

ちなみにPS3用充電スタンドはアタッチメント+接触型充電でした。
dualshock4031

同じように縦置き+接触型充電だったら最高だったのですが…。
何故同じように作ってくれなかったのか。

実際にコントローラー置いてみた

正面から。
dualshock4008

横から。
dualshock4012

斜めから。
dualshock4017

スッキリしてる!
縦に刺すので占有面積も少なく、せまいテレビボードでも余裕をもって置けます。
寝かせるタイプだと占有面積が大きかったと思うので、縦置きにして正解でした。

USBケーブルがニョロニョロしていたテレビ周りがとてもシンプルになりました。
dualshock4021

まとめ

今回購入したのはヘッドフォン端子を充電器に刺すタイプの公式製品ですが、作りもしっかりしており見た目がシンプルで気に入りました。
見た目重視の人はこちらの公式製品オススメです。
見た目は気にしないのでとにかく楽に!刺すのが嫌!と言う人は、接触型充電タイプがオススメです。

好みと用途によって、選んで下さい。

今回購入したもの

DUALSHOCK 4 充電スタンド
ソニー・コンピュータエンタテインメント
参考価格 2,678 円
価格 2,000 円(25%OFF)
商品ランキング 437 位

接触充電するタイプ

参考価格 2,354 円
価格 1,918 円(19%OFF)
商品ランキング 319 位

 - モノ

関連記事

人気記事