コスパハック

コスパの高いモノ、コト、ライフハックブログ

   

アイコス充電ランプの赤点滅故障と、一時的に治った対処法

10月に購入したアイコスを愛用していたところ、2ヶ月経った12月に故障してしまいました。

充電ランプが赤く点滅して充電されなくなり結局交換したのですが、色々試してみて一時的に復帰した事もあったので、対処方法などを共有したいと思います。

アイコスの充電ランプが赤点滅に!

私が使用しているのは2016年10月に購入した限定ピンクアイコス。
クリーニングはマメにしていました。
専用ケースもつけており、持ち歩く際はクッション付きポーチに入れていたので衝撃などは無かったと思います。

ところがある日、充電しようとiQOSホルダー(棒部分)をiQOSポケットチャージャー(四角い本体)に入れた所、チャージャーの充電ランプが赤に点滅!

iqoslamp002

通常、充電中はチャージャーの充電ランプが緑に点灯しますが赤く点滅しています。
慌ててホルダーを引き抜いてみると、ホルダーのランプも赤点滅しています。(画像ではオレンジっぽく見えますが実際は赤です)

iqoslamp001

2ヶ月使っていて初めての現象です。困りました。
とりあえず、公式サイトを見つつ思いつく限りの事をやってみました。

アイコス赤ランプ点滅時の対処法

まずはシステムリセット

アイコスがおかしくなったらまずはシステムリセットです。
チャージャーの一番下にある電源ボタンとクリーニングボタンを同時に長押しします。
一度全部のランプがついたらリセット終了。
たまに充電やランプの状態がおかしくなったりした時は、だいたいこれで治りましたが今回は治りませんでした。

充電接触部分を掃除

充電がおかしい、と言う事でホルダーの底にある充電端子部分をよく拭きます。
これも症状は治らず。
そもそも汚れたり剥げたりしておらず、綺麗な状態だったので掃除してもあまり意味がなかったかもしれません。

とにかく何度も差しなおす!

無駄だと思いつつ、ホルダーを何度もチャージャーに入れ直します。
単純な方法ですが、最初は数回に1回はこれで治りました。

向きや角度を微妙に変えたりしても効果はなく、無心になって何度も入れ直していると法則性なく緑になったり赤になったりします。
チャージャーにホルダーの底がついた時点で一度緑ランプになったら、そのままチャージャーの蓋を締めれば緑ランプのまま充電されます。(緑から途中で赤になるパターンは無し)

ところが、まる1日この状態で過ごしていると、そのうち十数回入れ直さないと緑ランプがつかない状態になってしまいました。
あくまで初期症状の時だけの対処法だったようです。
最後には、何回入れ直しても緑ランプにならず、ずっと赤ランプ点滅状態になってしまいました。

電源オフして一晩置く

何回入れ直しても復帰しないので、諦めてアイコス公式サイトで故障&交換の申し込みを済ませて、発送するために電源オフしました。
翌日、ダメモトで電源をオンしてみると緑ランプが点滅!充電できました!

何度か電源の入れ直しはしてみたのですが、緑ランプはつきませんでした。
一晩寝かせたのが良かったのでしょうか…?

しかし喜んだのもつかの間、1回使用するとまた赤ランプ点滅状態になり復活しなくなってしまいました。
そのまま発送してしまったのでもう一晩寝かせるという実験はできませんでしたが、どうしてもあと1回だけ使いたい!と言う人は試しに一晩寝かせてみると良いかもしれません。

故障したらすぐ交換リクエストを!

よく考えたら、アイコスは保証期間1年間で、故障の場合は何度でも交換してもらえます。
故障中のアイコスを無理に使う理由もないなと思い、交換リクエストを申請してみました。

アイコス=品薄のイメージがあったので時間がかかったら嫌だなーと思っていたのですが、なんと交換リクエストを出してから2日後には自宅に到着しました。(交換リクエスト時に到着日を選べます)

水曜の夜中に交換リクエスト→金曜の午前中に到着なので、使えなかったのは実質まる1日。早い!
とは言え、その期間は仕方なく紙巻き煙草を購入せざるを得なかったので、それなら少しでも使えたうちに交換リクエストを出しておけば良かったとしみじみ思いました。

交換リクエストはスマホで簡単にできましたし、赤ランプ点灯・点滅で困った~と言う人は悩まずにサクッと交換に出すことをオススメします!

簡単な交換リクエストの方法はこちら

 - モノ

関連記事

人気記事