コスパハック

コスパの高いモノ、コト、ライフハックブログ

      2016/10/24

アイコスは製品登録せず他人に譲渡できる!アイコスストアで聞いてきた。

先日、アイコス原宿に限定キットを買いに行ったところ、本人用でなくても購入できる(製品登録しなくても持ち帰れる)と言う事がわかりました。

初めてアイコスを購入したので知らなかったのですが、少し思うところがあってモヤッとしたので書いてみたいと思います。

アイコスは製品登録しなくても持ち帰れる

限定ピンクのアイコスキットが当選したので、初めてアイコス原宿に行ってアイコスを購入してきました。

入口で本人確認をされたのですが、その際に聞かれたのが「使うのはご本人様ですか?」と言う質問。
スタッフの方が記入している用紙を見ると「プレゼント」と言う文字があります。

私は本人が使うつもりだったので「そうです」と答えたのですが、念の為「自分で使わないで他人にプレゼントする事もできるんですか?」と聞いたところ「できますよ。製品登録せずに持ち帰れます。」とのことでした。

ただ、製品登録(購入した商品と、ユーザーのアカウントを紐づけるユーザー登録)をしないとサポート・修理ができないので、プレゼントした人に必ず製品登録をするようにお伝え下さい。と言っていました。

今回のアイコスキット限定ピンクの当選メールには
・代理購入は一切お受付致しません。必ず当選者様ご本人がご購入ください。
・当選者様以外の方への販売はいたしません。
・当選の権利の譲渡、転売は一切無効とさせていただきます。

と記載してあったので当然「購入した人が、その場で本人のアカウントと製品を紐づけする」と思っていたのですが、良く読んでみると「本人以外が店頭にきて購入すること」「当選の権利を譲渡すること」は禁止されていますが、「本人が購入したものを譲渡すること」は禁止されていないんですよね。

「当選の権利」を転売することは無効と記載がありますが、製品自体の転売についても禁止とは記載がありません。

これって結局、転売屋の餌食では?

今回のように限定モデルがどうしても欲しいので友人にも抽選応募してもらう、家族や友人の近所のコンビニにアイコスの入荷があった、住んでいる地域にアイコスストアが無い、など「代わりに買ってきてもらう」事ができることで助かる人も大勢いるかもしれません。

しかし、実際には各地のアイコスストアもコンビニも転売屋が買い占めてしまうことにより、普通に欲しいユーザーがまともに買えない状況がずっと続いています。
梅田のアイコスストアなど予約購入制の店舗もありますが、原宿のアイコスストアは朝早くから何十人もの行列ができています。

運良く買えた私が言うのもなんですが私もずっとアイコスが買えずに探し回っていたので、今回初めてアイコスを購入してみて誰でも簡単に譲渡できる仕組みもどうかな…と考えてしまいました。

何ヶ月も買えなかった立場としては、せめて初めて購入するユーザーには本人のその場でのユーザー登録を条件に予約枠を設けるなど、もう少し初めての人が購入しやすい環境を作って欲しいなと思います。

 - モノ

関連記事

人気記事