価格が手頃で優秀!ankerモバイルバッテリーオススメ3選

2016-07-22 2017-04-19

「ポケモンGO」の大ヒットでモバイルバッテリーが爆売れしました。
外でバッテリー消費が激しいゲームをすることで、今までモバイルバッテリーを使う機会の無かった人が続々と購入したからですね。

確かに「ポケモンGO」は外を歩きながらGPSを起動しっぱなしになるので、電池が面白いように減って行きます。
一部のメディアでは、ポケモンGOを起動して30分で、iPhone 6sのバッテリーが15%減ったとの実験結果も報道されています。

「ポケモンGO」に関わらず、最近はバッテリー消費の激しいアプリや、外で動画を見たりとスマホの電池を気にする機会も増えました。
しかし、初めてモバイルバッテリーを選ぶ際はどんなものを選んだら良いのかわからない人がほとんどではないでしょうか?

そこで、私も愛用するankerのモバイルバッテリー、その中でも大容量でAmazonプライムのお急ぎ便対象商品(すぐに届くもの)を選んでみました。

ankerって何?

これから紹介するモバイルバッテリーのメーカーである「anker」社は、Google出身のメンバーによって創設されたアメリカのデジタル機器会社です。
信頼できる品質と買いやすい低価格をモットーにしており、日本でも非常に人気の高いブランドです。

我が家でもモバイルバッテリーの他に、スマホの急速充電機、ライトニングケーブルなどスマホ周りはankerで揃えています。
どれも安価ながら高性能!壊れやすいスマホ周辺機器ですが、何年も使っていながら壊れる事もなく、耐久性が高いのも気に入ってる点です。
Amazonのベストセラー1位を独占しているのも頷けます。

最近はBluetoothスピーカーも人気なので、家電量販店などでこの「ANKER」のロゴを見かけた人もいるかもしれません。

オススメ1位:世界最小&最軽量「Anker PowerCore 10000」

容量:10000mAh
重さ:約180g

アマゾンのモバイルバッテリーカテゴリで長らくベストセラー1位になっているのがこちら。
10000mAh以上では、世界最小&最軽量(2016年1月末時点)を誇るモバイルバッテリーです。

モバイルバッテリーは大容量になればなるほど大きく、重くなります。
軽く手に持ったくらいでは「これくらいなら大丈夫」と思いがちですが、実際1日持ち歩くとなるとその重さがじわじわと効いてきます。

私も何度かモバイルバッテリーを買い換えましたが、最初は持ち運びが楽な小さい物→容量が足りないからとにかく大容量に買い換える→重すぎて持ち歩かなくなり、軽くてなおかつ大容量を求める、と結局「大容量」と「軽さ」を両立するものに落ちつきました。

定位置で仕事をするサラリーマンなら重いものでもかまいませんが、休日に1日持ち歩くことを考えるなら、なおさら軽さとコンパクトさは重視しましょう。

「Anker PowerCore 10000」のサイズはクレジットカードとほぼ同じと言う小ささ。
mobile-battery001

重さは約180g(卵3つ分ほどの重さ)と、大容量を保ちながらコンパクト化を成功させています。
iPhone 6sを約4回フル充電でき、最大2.4Aで急速充電が可能です。
個人的には汚れや指紋がつきにくい、外装のマット仕上げが高級感もあって好みです。

モバイルバッテリーでは信頼のあるメーカーAnker社製で、品質も間違いなし。
しかも現在セール中で¥5,499が¥3,200引き(58%オフ!)の¥2,299!!
いいタイミングでセールになってくれました。

「なんだか良くわかんないからとりあえずいいやつが欲しい!」と言う人はこれを選びましょう。

ちなみに、ちょっと高くはなりますが20100mAhタイプもかっこいいです。


mobile-battery002
細長いので持った感じもスマート。

オススメ2位:「超」大容量!「Anker Astro E7」

容量:26800mAh
重さ:約450g

iPhoneフル充電4回じゃ足りない!という人にオススメなのは「Astro E7」。

10000mAhの「Anker PowerCore 10000」に比べ26800mAhと、倍以上の大容量ならぬ”超”大容量を備えています。
iPhone 6に約10回の充電、iPhone 6 Plus、Galaxy S5に6回以上の充電、iPad Airに約2回の充電、その他のタブレットに複数回の充電が可能。

また、充電ポートが3つあり、iPad、iPhone、Androidなどへ3台同時に急速充電が可能になっています。
単に複数回充電できるだけではなく、接続された機器を自動的に検知して、1つのポートあたり最大3A、または3つのポート合わせて最大4Aの中で機器毎に適した最大のスピードで急速充電をしてくれる賢いヤツ。
家族でのお出かけやカップルでの共有にオススメです。

26800mAhの容量となると、さすがに重さも倍以上になりますが、大きさは細身で圧迫感のないデザインになっています。
mobile-battery003
表面は光沢のあるツルツル仕上げ。
18ヶ月保証もついているので、多少高くても安心して購入できる製品です。

オススメ3位:QC対応「Anker PowerCore Speed 10000 QC」

容量:10000mAh
重さ:約200g

オススメ1位で推した「Anker PowerCore 10000」の上位モデル。
価格はほぼ同じですが、何が変わったのかと言うと「充電が早い」という点。
Qualcomm Quick Charge 3.0 (最大出力24W) に加え、Ankerの独自技術であるPowerIQとVoltageBoostを搭載。
USB機器をフルスピードで充電することが可能になるので、充電の時間が気になる人にオススメです。

大きさもQuick Chargeを搭載した10000mAh以上のモバイルバッテリーでは、世界最小サイズ!(※2016年9月末時点)
anker

また、高温を検知し自動的に熱を下げるAnker独自の温度管理テクノロジーを搭載しているので、ポケットに入れても発熱しないのがポイントです。

そもそも、モバイルバッテリーの容量ってどれくらいあればいいの?

まずはオススメのモバイルバッテリーを紹介してみましたが、初めてモバイルバッテリーを購入する場合は、そもそもどれくらいの容量のバッテリーを買えばいいのかわからないと言う人も多いと思います。

容量の○○mAhと言うのは参考にはなりますが、実際に充電できる容量とは異なります。
実際に充電に使える容量は、だいたい70%くらいだと思っておくと良いでしょう。

iPhone6sのバッテリー容量が1,715mAhなので、フル充電を4回したいなら10000mAh、2回したいなら5000mAhを目安にしましょう。

雑貨屋などで2000mAhくらいのかわいいモバイルバッテリーが売っている事がありますが、それでは1回フル充電するにも足りないので要注意。
スマホの充電に使うのであれば、せめて10000mAh以上のものを選ぶようにしましょう!

出先で電池切れ!そんな時はAmazon Prime Nowもオススメ

今回は、Amazonプライムでお急ぎ便(プライム会員であれば無料)対象商品を選びました。
早い時は当日に持ってきてくれるお急ぎ便ですが、それでも間に合わないような緊急の場合は、Amazon Prime Nowで配達してもらうのもオススメです。

Amazon Prime NowはAmazonの商品を「1時間便」or「2時間便」で届けてくれるサービスです。
「1時間便」は配送料がかかりますが「2時間便」では2500円以上の注文で配送料無料です。

出先で電池が切れそうだけど充電器が無い、ケーブルが無い、と言う場合にも使える上に、今なら2000円引きクーポンコードも使えるのでお得に買い物することもできます。

こちらに詳しい使い方と、実際使ってみた感想をアップしてみました。

まだ使った事のない方は、お試ししてみてはいかがでしょうか。

関連記事