コスパハック

コスパの高いモノ、コト、ライフハックブログ

      2016/09/15

iPhone(iOS)とAndroidの「両方で使える」データ転送型おすすめ体重計

ダイエットをしているときは体重をカレンダーに書いているのですが、これが意外に面倒でつい忘れてしまいます。
紙のカレンダーに書いた体重はグラフにもできず、日々の経過を視覚的に見る事ができないのも不便。

どうにかしたいなーと常々思っていたところ、最近の体重計・体組織計はwifiやbluetoothでスマホにデータを送れる機能がついているとか!
なにそれ!めっちゃ欲しい!

ところが調べてみるとひとつ問題が。

最近の体重計はわかりにくい

私はAndroid。一緒に暮らしている彼はiPhone。
「iPhoneだけ」「Androidだけ」対応と言う機種は安価なものも多いのですが、「両方使える」と言う体重計がそもそもほとんどありません。

また、通信方法も「wifi」「bluetooth」「NFC(おサイフケータイやSuicaのアレ)」と様々。
それぞれ測定できる項目もかなり違います。

中には空気中のCO2濃度や天気などいらない変わった項目を表示してくれるものもあり、逆に測って欲しい体脂肪率が無いなどメーカーによってバラバラ。

調べれば調べるほど泥沼化してきた上、調べるのがめちゃくちゃめんどくさかったのでここにまとめておきます。

「wifi」と「bluetooth」の機能比較

まず検討したいのがデータを送る通信方法。
iPhoneはNFCが使えないので、必然的にwifiかbluetoothから選ぶことになりますが、どちらがより便利なのか?
それぞれの測定したデータをスマホに送る方法を調べてみました。

wifiの機能

インターネット通信で体重計のデータをネット上にアップロードする方法。

体重計自体がwifi(無線通信)機能を備えているので、手動で送る必要が無く、乗るだけで体重計本体がデータを転送してくれるのが魅力。
スマホのアプリからデータを閲覧する形ですが、サーバーにデータが保存されているのでPCからも見れる。
※メーカーによってはサーバーの保存期間が決まっている場合もあるので注意が必要(一定期間経過後見れなくなる)

当然、家にwifi環境が必須。
一番最初の体重計のwifi設定が上手くいかないとの口コミが多いので、デジタル機器に弱い人は苦戦するかもしれない。

bluetoothの機能

体重計のデータを無線(bluetooth)で直接スマホ本体に送る方法。

メーカーによりますが、毎回スマホ側でアプリ起動→体重計に乗る→体重計からスマホへ転送と言う方法や、体重計に乗るたびに体重計とスマホのペアリングが必要、など体重をはかるたびに手動でアプリとの連携作業が必要になるのが面倒。

アプリを通しての閲覧になりますが、スマホ本体にデータを保存するのでデータを永久的に保存できるのがメリット。
初期設定は体重計とスマホのペアリングだけなので簡単。(たいていワンタッチで終わる)

結論

うちは毎回手動でデータ転送するのはめんどくさくなってやらなくなりそうだったのでwifiを選択しました。

うちの体重計選びの前提条件

以上を踏まえて、下記のように決めました。

・iPhone(iOS)とAndroidの両方で使えること
・通信方法はwifi
・体重、体脂肪率が測定できる(できれば筋肉量も)
・予算は2万円以下

上記条件に絞ったら二択だった

長くなりますが、ここから実際の体重計選びの話。

上記の条件に合う体重計(体組織計)を調べたら、驚く事にそもそも二つしかありませんでした。
しかも一つは海外メーカー。

ヘルスケア家電の人気メーカーと言えば「オムロン」「タニタ」が真っ先に浮かびますが、残念なことにタニタはAndroidのみ対応の体組成計 「インナースキャン BC-505」、iPhoneのみ対応の体組成計「インナースキャンデュアル RD-901」しかありませんでした。
ウェアラブル端末なども流行っているので国内メーカーにもっとハイテク方向に頑張って欲しいところですね。ぐぬぬ。

とはいえ、ピックアップしたフランスのCovia社もヘルスケア業界では有名な会社。
決して信用できないメーカーではありませんのでご安心を。

二機種とも、基本的に測定方法や通信方式は同じでした。
・wifiでiOS、Android、PCに対応
・乗れば電源がON、自動で電源OFF
・乗るだけでユーザーを自動で認識
・自動的にデータがサーバーにアップされる(手動作業不要)

測定項目や、その他の機能について項目別に比較してみようと思います。

オムロン 体重体組成計 カラダスキャン HBF-253W

基本情報

測定項目:体重、BMI、体脂肪率、骨格筋率、体年齢表示、内臓脂肪レベル、基礎代謝
計測時間:約4秒
測定単位:50g

データ管理

からだグラフ for iPhone
からだグラフ for Android

データはオムロン社の「ウェルネスリンクサーバー」に自動的に送信され、Android/iPhoneアプリ「からだグラフ」やパソコンで、見やすいグラフで表示される。
※「ウェルネスリンク」「からだグラフ」の利用には、健康サービス「WM(わたしムーブ)」への会員登録(無料)が必要

他機器とのリンク

オムロン社の血圧計・活動量計・睡眠量計・基礎体温計等のデータも上記の「ウェルネスリンク」でまとめて管理することが可能。

ただし、データのアップロードはNFC方式。
FeliCa機能付Androidスマートフォンの場合はスマホをかざすだけでOKだが、iPhoneの人は別途NFCの通信機器を購入し、ウェルネスリンクにPC経由でデータをアップロードする必要がある。

特徴

・赤ちゃんやペットの体重も簡単にわかる「体重引き算機能」
・6歳から体脂肪率、骨格筋率、基礎代謝の測定が可能
・PCサイト「わたしムーヴ」ではデータをcsv形式でダウンロードでき、毎月自動作成された定期レポートをpdfで保存することが可能。

注意点

・「ウェルネスリンク」の過去データは6ヶ月しか保存されない。
(期限無しの機能を使うには月額300円の有料版が必要)
・PC、Androidのアプリでは全ての測定項目を見る事ができるが、iPhoneのアプリでは体重・体脂肪率・骨格筋率の3つしか見れない。
・付属のケーブルを使った最初の設定がとにかくうまくいかないとの声が多数。心配な人は購入前にAmazonレビューを参照した方が良さそう。

総評

設定で苦戦する以外、非常に評判の良い機種。
脂肪が気になっているので、内臓脂肪レベルがあるのも嬉しいところ。

「ウェルネスリンク」上に過去データが残らない点が気になっていましたが、csvやpdfで保存しておける事がわかったので、まったく問題なし。
他機器とのリンクをしたいiPhoneユーザーにとっては通信方式がNFCなのがネックだと思いますが、うちでは使用する予定はないので気になりません。

Covia Withings Smart Body Analyzer WS-50

基本情報

測定項目 : 体重、BMI、体脂肪量、除脂肪量、心拍数、室内温度、CO2濃度
計測時間:約30秒
測定単位:100g
※2015/04/25時点で、何故か売値が定価を超えています。為替の影響?

データ管理

Health Mate by Withings (旧:WiThings ヘルスコンパニオン) iPhone版
※アップデートにより、このアプリ単体で(追加で機械を買う必要なく)活動量も測定可能になったようです
Health Mate Android版

ジョギングやウォーキングの記録が取得できるiPhoneアプリ「RunKeeper」や、iPhone用の睡眠量計である「Zeo」とデータ連動可能。

他機器とのリンク

同社の血圧計、活動量計(歩数計/睡眠量計/心拍数計)と連携可能。

特徴

・Facebook やTwitter などのSNS サービスとの連携も可能
・30分毎に室内温度と空気中の二酸化炭素(CO2)濃度を測定する機能を搭載し、室内環境も管理できる
・アプリでのデータ保存期間が無期限
・ガラスとスチールの極薄デザインがかなりオシャレ(冬はガラスが冷たすぎる!と言う声も…)

注意点

・初期設定にBluetooth 対応のi OS (5.0以上) もしくはAndroid (2.3.3以上)スマホが必要(PCのみは不可)
・やはりwifiの設定で苦戦する声が多数。自信の無い人は必ずAmazonレビューを確認してから購入!

総評

体重とBMIしか測定できなかった旧機種WS-30の上位互換版。
日本未発売でしたが、2014年に国内正規版が発売されました。
SNSとの連動があるのが、ダイエット仲間とワイワイやるには良さそうですね。

結論

比較した結果、うちでは「オムロン 体重体組成計 カラダスキャン HBF-253W」を購入する事にしました。

筋肉量が測れたらよりベストだったのですが、iPhone(iOS)とAndroidの両方で使えてwifiで筋肉量が測れる、と言う機種がそもそも存在しなかったので仕方ありません。
2機種とも、基本の機能はしっかり押さえ、細かい点で特徴があるなと言う印象。
オムロンの方がWithingsより若干安いこと、日本製であること、測定時間が4秒と短い事が決め手になりました。

基本性能やアプリの使い勝手については、口コミを調べても共に好評でした。
どちらかに使いたい機能がある場合は素直にそちらを選択して問題ないと思います。

まだ購入していませんが、購入したら設定も含めて詳しくレビューを書こうと思います!
追記:購入しました。近日中にレポします。


 - モノ

関連記事

人気記事