コスパハック

コスパの高いモノ、コト、ライフハックブログ

      2016/09/06

Amazon定期おトク便は、ひと手間で10%→15%オフになる!‏

Amazonで日用品を購入する人は多いと思います。

購入の際に「定期おトク便」で買う事によってさらに安くなる、と言うのは知っている人も多いと思いますが、工夫ひとつで「定期おトク便」がさらにお得になるのは意外に知られていないのではないでしょうか。

私自身、先日その事実に気づいて「もっと早くやれば良かった」とガックリしたので情報共有しようと思います。

Amazon定期おトク便とは?

「定期おトク便」とは、対象商品を割引価格で定期的に届けてくれるサービスです。
対象商品は価格の部分におトク便の価格が表示されるのですぐに気づくと思いますが、表示価格からさらに10%OFFで購入する事ができます。

amazon-teiki4

日用品の中でもサプリメントや洗剤、食品など、定期的に購入するものがある人には、毎回注文しなくても設定した頻度で自動的に商品が届くので、いちいち注文する必要が無く楽なサービスになります。しかも10%OFF。

配送の頻度は1か月から6か月で選択できます。
一度頼んだら変更やキャンセルができないのでは?と誤解されがちですが、配送頻度の変更、キャンセルは自由です。

一回使って「もういらないな」と思ったら次回以降のおトク便自体をキャンセルする事もワンクリックで簡単にできます。
1月に注文して3ヶ月頻度だと次回は4月に届きますが、4月になってみてまだ残ってるなと思ったら次回分をパスする事もできますし、4月でなく5月や6月に変更する事もできます。
「定期」と言うと縛られるイメージがありますが、実際は手軽に使えてかなり自由度の高いサービスです。

定期おトク便がさらお得になる方法

私はプロテインやサプリメント、お茶や洗濯洗剤なども定期おトク便で注文しています。
しばらく使わなかったものやお休みしていたもので、家のストックが貯まってきてしまったので、いったんストップしようと自分のおトク便情報を見直していた時のことです。
ある事実に気づきました。

10%OFFになっているものと、15%OFFになっているものがある…?

定期おトク便は10%OFF、と思っていたのですが、何故か15%OFFになっているものがありました。
調べてみると、Amazonプライム会員の場合、同じ月の配送を3件以上まとめると、最大15%OFFになるそうです!
知らなかった!!!

1~2個を同じ月にまとめて配送 10%OFF
3個以上を同じ月にまとめて配送 15%OFF

と言うシステムだそうです。

改めて自分のおトク便情報を見直してみると…
amazon-teiki1
4月、6月、7月とバラバラ…。
もっと早く言ってくれよ!アマゾン!!
知らなかったので、なにも考えず適当に配送月を設定していました。

と、言う事で早速配送月を調整してみます。
配送月の変更はアカウントサービス→Amazon定期おトク便情報を管理→配送スケジュールから自由に変更できるので、バラバラになっていた配送月を7月に合わせてみます。
amazon-teiki2

15%OFFになった!
amazon-teiki3

私の購入しているプロテインは、普通に単品で購入する時の通常価格から10%OFFで521円、15%OFFでは781円も安くなりました。

通常価格 5209円
定期おトク便10%OFF 4688円
定期おトク便15%OFF 4428円

日用品など一つの金額は微々たる物ですが、定期的に買うものなので1年単位の総額で考えると結構な金額になるんじゃないかと思います。

プライム会員って、入る価値ある?

私はもともとプライム会員だったので15%OFFになりましたが、通常会員の人は15%OFFにはなりません。(Amazonファミリー会員、Amazon Student会員も15%OFFになります)

Amazonプライムの年会費は3900円。月で割ると325円。
この年会費が高いか安いかは人それぞれだと思いますが、私はよく使うお急ぎ便(1回514円)と日時指定(1回360円)が無料なこと、Kindle本を毎月1冊無料で読める(1000円以上の書籍も結構ある)ので、それだけでも満足しています。(定期便の割引も受けてますし)

Amazonプライムの目玉とも言えば、プライムビデオの映画やドラマが見放題、プライムミュージックの音楽が聴き放題ですが、これもかなりいいですね。
特に映画は予想以上に充実しており、普通に見たいものがたくさんあるので月300円だったら安いんじゃないかなと思います。
参考までに、現在(2016年2月時点)でプライム対象のAmazonビデオで検索をしてみたら、プライム見放題が2160本(映画1502本、TV番組608本)ありました。
もちろん旧作やシリーズものも多いですが、結構な量がありました。
旧作映画の場合、ゲオやツタヤのレンタル相場が100円くらいなので、3本見ればもとが取れる計算になりますね。

何より外に出ず、いつでも思い立った時に自由に見れる(返却の手間も無い)のは嬉しいです。
休日にポッカリ時間が空いたり、夜中に突然映画が見たくなる時とか結構あるんですよね…。
海外ドラマだとレンタルにありがちな途中抜けが無いのもメリットです。

ちなみに気になって他社の動画配信サービスの月額料金を調べてみたら、こんな感じでした。
Netflix 650円~1450円
Hulu 933円
dTV 500円
U-Next 1990円
TSUTAYA TV 933円

動画配信サービスだけで見ても、Amazonプライムの月額325円はかなりお値打ち感がありますね。

プライムビデオについてもう一つ利点を挙げると、我が家にはPS4があるので、別途接続機器がなくてもテレビの大画面でダイレクトにプライムビデオを見る事ができるんです。
通常、テレビでプライムビデオを見るには「Fire TV Stick」と言う周辺機器が必要なのですが、PS4にはAmazonビデオのアプリ(無料)があるので、インストールしてログインすれば、直接テレビで映画やドラマを楽しむことができます。
うちではPS4を購入してからはプライムビデオを見る機会がグッと増えました。
PS3や、一部Panasonicテレビ、Sonyテレビ、パナソニックのブルーレイレコーダーDIGAでもダイレクトに見れるみたいです。

参考価格 4,980 円
価格 4,980
商品ランキング 3 位

また、プライム会員は8980円の「Kindke fireタブレット」と言うタブレットが4000円オフの5000円で購入できます。
早速購入して画面も綺麗なのですが、私はKindleも持っており本はそちらで読むので、もったいない事にいまのところホコリをかぶっています。
防水ケースを買って、お風呂用として活かしたら長風呂に良さそうだなと思案中です。
このまま使わなかったら、テレビ大好きな両親に渡して映画と音楽を楽しんでもらってもいいなーなんて思ったり。

参考価格 8,980 円
価格 8,980
商品ランキング 4 位

長々と書いてしまいましたが、これらの特典と定期おトク便の割引分を考えると、個人的にはプライム会員は年会費を払っても、充分すぎるほど元が取れる、お得なサービスだと思います。

注意点

Amazon定期おトク便自体はとてもお得なのですが、Amazonの商品価格と言うのは常に変動しています。
そのため、おトク便を申し込んだ時点は安かったのにいつのまにか値上がりしてたなんてことも…。
たまにおトク便の商品を覗いて価格をチェックした方が良さそうです。

まとめ

意外に知られていない?Amazon定期おトク便の情報でした。
定期的に注文しているものがある人は、是非試してみてください!

 - お得に生きる

関連記事

人気記事