コスパハック

コスパの高いモノ、コト、ライフハックブログ

   

プロ棋士も絶賛「9マス将棋」と「どうぶつしょうぎ」が究極のミニマムゲームで面白い

盤面が9マスしかない「9マス将棋」が2016年8月に発売され大きな話題になっています。

「9マス将棋」は、3×3のマスの盤と8種類の駒を使って対戦するミニ将棋。「どうぶつしょうぎ」でも大きな話題を呼んだ幻冬舎から発売されました。

このブログでは通常PS4やPS VRなどデジタルなゲームを紹介することが多いですが、今回はアナログゲームの中でもミニマムで奥深い、「9マス将棋」と「どうぶつしょうぎ」を紹介します。

9マス将棋

9マス将棋
幻冬舎
参考価格 1,728 円
価格 1,450 円(16%OFF)
商品ランキング 90 位

通常、将棋の盤は9×9=81マスになっている所を、究極に削ぎ落してなんと3×3=9マスにしてしまったのが、この「9マス将棋」です。

こんなに狭い盤面でいったいどうやって遊ぶのかと想像がつかないのですが、コマの動かし方は基本的に普通の将棋と同じで、交互に打ちながら相手の王を詰んだ方が勝ちです。
9masu1

コマの種類は8種類。
初期配置で決められた配置でコマを置いてスタートします。(手持ちのコマはある場合も無い場合もあります)
初期配置に入門・中級・上級と40通りのパターンがあり、入門編は簡単ですが、上級編は将棋の得意な人でも唸るほど。異なる難易度で何度も楽しめます。

通常の将棋と違う点として相手陣の一段目だけでコマが「成る」ことができるのも戦略性が高く、将棋好きだけでなくプロ棋士からも絶賛の声が挙がっています。
盤上がミニマムな分、よりパズル的な頭脳戦を強いられるゲームと言えます。

日本将棋連盟監修・推薦で将棋の面白さをギュッと凝縮したゲーム。
「詰み」と「王手」を覚えられるので、子供に将棋を覚えさせるのにも人気だそうです。

どうぶつしょうぎ

どうぶつしょうぎ
幻冬舎エデュケーション
参考価格 1,543 円
価格 1,080 円(30%OFF)
商品ランキング 186 位

ミニマムな将棋と聞いて出さずにはいられないのが「どうぶつしょうぎ」。2009年に一般発売され、将棋界に革命を起こす大ヒットを飛ばしました。

3×4=12マスの盤面と「ライオン」「ぞう」「きりん」「ひよこ(成るとにわとり)」のかわいらしい4種類のコマが特徴。
doubutsu2

ライオンは王、ぞうは角、きりんは飛車、ひよこは歩に似た動きができるようになっており、将棋と同様に交互に打ちます。
将棋はルールを覚えるまでが大変ですが、コマには進める方向に丸印がついており、子供でもどちらに進められるかがすぐにわかるようになっています。
doubutsu1

とにかくデザインがかわいいので子供向け知育玩具としてもブームとなりました。
小さい子供と大人(おじいちゃん、おばあちゃん含む)が一緒に遊べるゲームはなかなか無いので、どんな年齢でも一緒に楽しめるコミュニケーションツールとしてもいいですね。

盤面をもっと大きくしたシリーズ作品もリリースされているので、通常のどうぶつしょうぎが物足りなくなっても長く遊ぶことができます。

ごろごろどうぶつしょうぎ
幻冬舎エデュケーション
参考価格 2,160 円
価格 1,998
商品ランキング 2,307 位
おおきな森のどうぶつしょうぎ NEW
幻冬舎エデュケーション
参考価格 3,240 円
価格 3,280
商品ランキング 1,738 位

また、iOS、Android版のアプリも配信されています。
将棋は相手のいるものなので好きな時にできない事も多いですが、アプリであればスマホで気軽にできます。
レビュー欄を見ると、スキマ時間にサクッとやるつもりで始めたらその中毒性にすっかりハマってしまった大人たちの喜びの声が多く見られます。

大人も子供もみんなが楽しめるミニマムな世界。
まだやったことのない方は試してみてはいかがでしょうか?

 - まとめ

関連記事

人気記事