子供用の格安SIMは「LINEモバイル」一択!月500円で通話・トークが使い放題

2017-05-17

子供用にスマホを持たせたい、でも月何千円もかかるのは避けたいと思う人が辿り着くのが格安SIMだと思います。

格安SIMとはキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)と違い、月額料金500円~2000円ほどでスマホが使えるサービスです。
なんとなくお得なのはわかっても、実際に契約してみようと思うと会社が多すぎてどこを選んで良いか分からない人も多いのではないでしょうか?

テレビCMで名前を聞く格安SIMとして、UQモバイル、mineo(マイネオ)などが挙げられますが、子供用として運用するなら一番にオススメしたいのが「LINEモバイル」です。

LINEモバイルであれば月500円で通話・トークが使い放題で「安く、手軽に」使うにはピッタリ。
子供用の格安SIMとしても力をいれており、フィルタリングアプリも無料で提供しています。

格安SIMを数多く使っている私が、LNEモバイルが子供用に最適な理由をまとめてみました。
子供用に格安SIMを検討されている方は、参考にしてみて下さい。

LINEモバイルは安い!

LINEモバイルの魅力でまず一番に挙げたいのが、料金の安さ。

一番安い「LINEフリープラン」は月額500円!
高速データ通信量1GBで音声通話が無しのプランですが、LINEが提供するサービスだけにLINEアプリの通話とトークが使い放題になっています。

もともとLINEの通話とトークは料金は無料ですが、インターネットの回線を使うのでパケットを消費します。
月1GBプランの場合、使えば使うほど1GBの残りが減っていき、1GBを使いきるとネットが使えなくなる訳ではありませんが、通信速度制限がかかりデータ通信の速度が落ちます。(高速通信→低速通信に切り替わる)

LINEモバイルの場合、LINEアプリの通話やトークはデータ使用量にカウントされません。
そのため、LINEをいくら使っても1GBが減らない=パケット1GBでも充分運用できる、と言う仕組みになっています。

もし1GBを使いきってしまってもLINEアプリは高速通信できるようになっているので、思ったより足りなかった!となっても大丈夫。LINEは常にサクサク使う事ができます。
普段から家族との電話はLINEの無料通話でしている、というご家庭にはピッタリのプランです。

緊急時などを考えて電話回線も持たせておきたい、と言う場合は月額+700円でSMSと音声通話をつけることができます。それでも1,200円なので充分安いですね。

LINEモバイル価格

通話料は他の格安SIMと同様20円/30秒なので、普段の帰るコールなどはLINEの無料通話を使うようにすれば、スマホ代の大幅な節約になります。

パケット量が分けあえる

LINEモバイルの便利なサービスに、パケット量を分けあえる「データプレゼント」があります。
これは、LINEモバイルの利用者同士でデータ通信量をプレゼントできるサービス。

例えばお母さんが3GBプラン、お子様が1GBプランに契約していた場合、お母さんのパケットがあまったら子供にプレゼントするなど無駄なくパケットを使う事ができます。(もちろん逆も可能)

私もずっと3GBプランを契約していますが、普通に使っていてもだいたい月に1GB前後あまります。
2GBプランがないため3GBプランにしていますが、いつもこのあまったパケットがもったいないな~と思っていたのでお互いに不要なパケットが分けあえるのは嬉しいですね。

通信量もLINEアプリから見れるので、今月は足りなくなりそう、などの確認も簡単にできます。

フィルタリングアプリが無料

子供にスマホを持たせる際に心配なのが、有害情報を含むサイト閲覧や、ネット被害。
子供の行動すべてを監視できる訳ではないので、見ていない部分の心配は残ります。

そんな時に有効なのが、フィルタリングアプリ。
お子様が意図せずに怪しいサイトにアクセスするのをアプリが防いでくれます。

子供用スマホを持たせる場合、有料のフィルタリングアプリを使う人も多いと思いますが、LINEモバイルではキッズ用途のスマホ対策として、フィルタリングアプリ「i-フィルター」を無料で提供しています。

LINEフィルタリングアプリ

「i-フィルター」は、子供が見ても良いカテゴリやサイトを設定するなど、細かいカスタマイズが可能なフィルタリングアプリ。
自分の子供に合わせた設定で、危険なサイトへのアクセスをブロックすることができます。
年齢にあったボタンをチェックするだけで推奨設定にもできるので、スマホに詳しくない親御さんでもOK!

単に危険なサイトをブロックするだけでなく、子供が閲覧しようとしてブロックされたサイトや、検索した単語の履歴が他のPCから確認できるので、子供が「いま何に興味があってインターネットで何を調べているか」などの把握ができます。
インターネット利用時間の制限もできるので、スマホに制限時間を設けているご家庭にも最適です。

課金や契約が制限できる

スマホを使いすぎてパケットが足りない!と、子供が勝手にパケットを追加購入してしまう、と言うのはよく聞く話ですが、LINEモバイルでは利用者登録をすることで、子供が勝手にデータ容量追加購入やプラン変更等ができないようになっています。

データ残量の確認やデータプレゼントなどは子供側のスマホからもできるので、必要な機能は残しつつ、お金関係の変更や購入を勝手にできないようにすることが可能です。

不明点がLINEで聞ける

子供用の用途に限らず、私がLINEモバイルを一推ししている理由の一つが気軽に利用できるサポート体制です。

格安SIMは、基本的に店舗がないため分からないことがあっても自分で調べる必要があります。
その点から、格安SIMに乗り換えるのに不安を覚えている人も多いのではないでしょうか?

LINEモバイルでは電話、メール、LINEのトークと幅広い窓口でカスタマーサポートを設けています。
仕事をしていると時間の縛りがあるカスタマーサポートにはなかなか電話ができなかったり、いざ電話をかけても繋がらずにイライラ…と言う事がありますが、LINEのトークであれば自分の好きなタイミングで質問することができます。

初月の月額使用料無料!

LINEモバイルでは、初月の月額使用料が無料です。
また、現在は2ヶ月間、3GBがプレゼントされるキャンペーンも行っています。

上記のように、子供用のスマホに最適なLINEモバイル。
そろそろ子供用にスマホを用意したい、でも安く使いたい、と言う人は一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

関連記事