コスパハック

コスパの高いモノ、コト、ライフハックブログ

      2016/09/16

マツコの知らない世界 #68「ぶらり羽田空港の世界」まとめ

2016年6月14日(火)放送分
マツコの知らない世界 #68
「ぶらり羽田空港の世界」で紹介された羽田空港のおすすめスポット、オススメグルメと、マツコの反応まとめです。

ナビゲーターは飛行機に乗らないのに週3で通う主婦、片山智香子さん。
グルメ&和みスポットを紹介します。

空港の中で願かけ!木札の自動販売機

場所:羽田空港国際線ターミナル5F お祭り広場

1枚500円。
チケットを模した木札のデザインが片山さんの萌えポイントです。
広場の壁一面に木札が掛けられ、願掛けスポットになっています。

風間杜夫になれる場所 フライトシュミレーター

場所:羽田空港国際線ターミナル5F

1回200円。
リアルな映像と音で飛行機の操縦を体験できます。

7品おでんとだし茶漬け定食/おぐ羅) 1,782円(税込)

場所:羽田空港国際線ターミナル4階

登場手続きしているお客さんが見えるのが片山さんの萌えポイント。
昆布とかつお節のみで、醤油を一滴も使っていない琥珀色の出汁で優しいけれど上品な味わい。

幻の牛丼「牛重」/吉野家 1,240円(税込)

場所:羽田空港国際線ターミナル4階

吉野屋の公式サイトにも載っていない、国際線限定メニュー。
国産和牛の高級肩ロース肉をすき焼き風に仕上げています。
24時間営業でいつでも食べられます。

和風酸辣湯のおうどん/つるとんたん 1,380円(税込)

場所:羽田空港国際線ターミナル4階

行列店つるとんたんの羽田限定メニュー。
つるとんたん美味しいですよね。
和風の酸辣湯ってどんな味なんでしょう、食べてみたいです。

焼肉チャンピオンロール/恵比寿 焼肉 チャンピオン 1,350円(税込)

場所:羽田空港国際線ターミナル4階

人気の焼肉店「焼肉 チャンピオン」の焼肉チャンピオンロールは、空港内おみやげno.1。
機内で食べるのでしょうか。

特選海鮮丼/すぎのこ 2,041円(税込)

場所:羽田空港国際線ターミナル4階

24時間営業の居酒屋レストラン「すぎのこ」。
毎日築地から直送している新鮮なマグロ、タイ、いくら、海老など鮮度バツグンな魚介類を使用。
登場手続きを見ながら食事ができる窓際がおすすめ。

掘ちえみになれる場所 JAL SKY MUSEUM

場所:羽田空港第一ビル駅から一駅の新整備場駅、徒歩1分

マツコの反応「やっぱ森英恵さんの三部作は凄いね~あそこがいちばんカワイイ」

これまで10回にわたってリニューアルされたJAL CAの制服がすべて展示されています。
1977年から10年間使われ、スチュワーデス物語でおなじみの制服も展示されています。
JALの現役CAが着用している制服を無料で試着できるコーナーもあります。

他の番組でマツコさんがスチュワーデスさんの制服について熱く語っているのを見たことがありますが、今回の放送でも制服を見て、カワイイ!を連発していました。
ガチで好きなんでしょうね!

第二ターミナル展望デッキ

場所:羽田空港第二ターミナル5F

マツコの反応「今まで見た中で一番引っかかった(気になった)」

展望デッキは、夜になるとLED照明でライトアップされ、奥にはカップルシートのようなスペースもあり、雰囲気バツグン。
第二ターミナルの癒しの「展望デッキ」で飲むのにオススメ!と羽田空港限定のクラフトビール羽田スカイエール(2本セット1,540円(税込)も紹介されました。
ちなみに、放送では紹介されませんでしたが、第一旅客ターミナルは、6Fと屋上に展望デッキがあるようです。

20種類のご当地インスタント麺を販売する「ラーメン自動販売機」も紹介されました。
羽田空港っておもしろい自動販売機がたくさんあるんですね。
自動販売機めぐりも楽しそうです。

天政名物「天バラちらし」/天政 3,024円(税込)

場所:羽田空港第2ターミナル5階

店内の窓から飛行機が飛び立つところが見えるのがポイント。
老舗名店の絶品天ぷらが味わえる。
旬の野菜が詰まったかきあげと、築地直送のアナゴ天ぷらを、あつあつご飯に混ぜ込み、北海道産のイクラを乗せた贅沢な一品。

アウローラピザ/カステルモーラ 1,922円(税込)

場所:羽田空港第2ターミナル5階

展望デッキで味わえるカステルモーラの看板メニュー、石窯で焼き上げたアウローラピザ。
景色も良さそうでした。

鶏肉のフォー/ベトナムCho’ 1,130円(税込)

場所:羽田空港第2ターミナル3階

お店の特徴はなんと言っても速さ!
注文を聞いたと同時に作り始めるので、会計が終わるとすぐに出てきて急いでいる人にもオススメです。

ベトナムから取り寄せた米粉麺と、自社スープ工場で毎日作る牛骨スープが本格的な味わいの、速さと美味しさを兼ね備えた最強メニュー。
13種類の具材をお好みで無料トッピングできるのも嬉しいサービス。
ナッツのトッピングが美味しそうでした。

ピリ辛胡麻だれつけ麺/TOKYO Airport Restaurant 870円(税込)

場所:羽田空港第2ターミナル1階

マツコの反応「お店の人には申し訳ないけど、落ちつかない~ここは~(笑)」

萌えポイントは、到着口から出てくる旅行客を眺めながら食事できるところ。(ちゃんと仕切られて落ちついて食べられる席もあります)
到着してすぐに、本場中国で学んだ料理人が作る本格的な刀削麺が食べられる。
隠し味にシナモンが入ったピリ辛のつけダレは、4種類の香辛料を2日間煮込んで完成させたもの。
他では味わえない仕上がりになっている。
他のお店より若干お値段が良心的なのもいいですね。

とろとろ温玉ハンバーグ&粗びきソーセージ/エアポートグリル&バール 1,390円(税込)

場所:羽田空港第2ターミナル4階

マツコの反応「これ美味しい」「あっ…美味しい…」「やわらかすぎて飲める」

飛行機のすぐ側で食べられる、片山さん一番のオススメレストラン。
羽田空港で最も飛行機に近いレストラン。
アメリカ産のビーフとカナダ産の三元豚の粗びきを使用し、赤ワインで3日間煮込んだソースで仕上げる。

まとめ

最初の方は興味の無さそうなマツコさんでしたが、最後は「ちょっと興味出てきた」とコメント。
片山さんの「羽田空港、言ってくれますか?」の質問に「行くと思う!」と答えて終了となりました。
個人的な感想としては、とにかく食事が高けえな~と言うのと、展望デッキでビール飲みたいです。

 - まとめ

関連記事

人気記事