コスパハック

コスパの高いモノ、コト、ライフハックブログ

      2016/11/11

並ばないで楽しむUSJ「ユニバーサル・クールジャパン2016」攻略法!

2015年、とにかく激混みだった「ユニバーサル・クールジャパン 2015」の悪夢から1年。
その悲劇を踏まえて「ユニバーサル・クールジャパン 2016」攻略法をご紹介します。

私は行列が何より嫌いで、とにかく並びたくないタイプです。
前にUSJを訪れた時はいまいちシステムがわかっておらず、行列の嵐に心が折れました。
寒かった事もあり、せっかく新幹線に乗って行ったのに、ほとんど何も乗らずに帰ってきてしまった苦い思い出があります。

今回は、前回の反省を生かして事前に情報を調べ、並ばないでスムーズに楽しめる攻略法をまとめてみました!
「ユニバーサル・クールジャパン 2016」だけでなく、通常時や他の季節イベントの混雑時にも使える攻略法を網羅しています。

調べれば調べる程、複雑なUSJのシステム。
私のように、並びたくない人、あまりUSJに詳しくない人に参考にしてもらえれば嬉しいです。

混雑を避けるなら「エクスプレス・パス」は必須アイテム

なんとしても並びたくない人はもうこれを買うしかない、と言う究極の選択です。

「時間を金で買う」

を、そのまま現実にしたのがこの「エクスプレス・パス」です。
常に激混み(理由は後述)のUSJで「並びたくない」と贅沢を言うならば必須のアイテムです。

「エクスプレス・パス」とは、ディズニーランドのファストパスの有料版です。
どんなに並んでいても専用の列から並ばずに(超混雑の場合は並ぶ事もありますが10~15分程度)入る事ができるユニバーサル・スタジオ・ジャパンの魔法のチケットです。

ファストパスとの違いは有料なこと、そして事前に購入できることです。
ディズニーランドのファストパスは、混雑時期には取るために並ぶ必要があったり、朝イチで出尽くしてしまって取れなかったりしますが、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのエクスプレスパスは事前に買う事ができるので、お金さえ払えば並ばずに必ず手に入れることが出来ます。お金さえ払えば。

「ユニバーサル・クールジャパン2016」には「ユニバーサル・クールジャパン・エクスプレス・パス」

※期間限定「エクスプレスパス」チケットに興味のない方はここは飛ばして下さい。(この後にチケット以外の混雑攻略法が書いてあります)

普段は「ユニバーサル・エクスプレス・パス」が販売されていますが、「ユニバーサル・クールジャパン2016」の時期には専用の「ユニバーサル・クールジャパン・エクスプレス・パス」が発売されます。

クールジャパンのエクスプレスパスは2種類あります。

・ユニバーサル・クールジャパン・エクスプレス・パス 6 ~バイオハザード~
・ユニバーサル・クールジャパン・エクスプレス・パス 5

名前の通り、2つの違いは「バイオハザード・ザ・エスケープ 2」が付いているかどうかの違いです。
それ以外の条件は一緒となっており、下記アトラクションの待ち時間を短縮できます。

・きゃりーぱみゅぱみゅ XRライド
・エヴァンゲリオン・ザ・リアル 4-D:2.0
・進撃の巨人・ザ・リアル2
・ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー

あれ、4つなのになんでエクスプレス・パス「5」なの?と思いますが、これにもう一つ「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッターエリア入場確約券」がついて合計5つのパスとなります。
ハリーポッターエリアは、混んでいる時は入場規制をする事があり、その際にも確実に入れるよ、と言うチケットになります。

値段は日にちによって変わりますが、
エクスプレス・パス 5が¥4,167(税込¥4,500)~¥5,278(税込¥5,700)
エクスプレス・パス 6が¥6,463(税込¥6,980)~¥7,575(税込¥8,180)

結構なお値段ですが、USJ自体への入場料は含まれていないので要注意です。
あくまでも「早く乗る券」だけの料金です。(入場チケットは別途、大人¥6,667(税込¥7,200)です)
お金を払ってでも並びたくない!と言う人だけ買いましょう。

とは言え、去年開催された「ユニバーサル・クールジャパン 2015」では、200分待ちのところをエクスプレスパスで待ち時間無し、と言う体験談もあったので、遠方に住んでいて頻繁には行けない…と言う人は、せっかく行くのですから後悔のないように買っておくことをオススメします。

この「ユニバーサル・クールジャパン・エクスプレス・パス」は、とても複雑なシステムになっており、仕組みがよくわからず購入時に苦戦しました。

こちらにまとめましたので、初めて買う人は参考にしてみてください。

※2016年2月追記
「ユニバーサル・クールジャパン・エクスプレス・パス」を購入して「ユニバーサル・クールジャパン2016」に行ってきました!
ニュースにもなった大混雑の「きゃりーぱみゅぱみゅ XRライド」は300分待ち以上でしたが、15分程度で乗ることができました。
「エヴァンゲリオン」「進撃の巨人」も時間指定なので待たずにすぐ入れました。
どこも長蛇の列だったので、やはりエクスプレスパスを購入して良かったです。

「ユニバーサル・ジャンプ・サマー」用のエクスプレスパスは2種類!

2016年7月1日(金)〜9月4日(日)で行われている期間限定イベントは「ユニバーサル・ジャンプ・サマー」。

毎年大人気(大混雑)のリアルライブショー「ワンピース・プレミア・サマー」が今年も開催!
夏のワンピースショーはハロウィンやクリスマスと同様、すっかりユニバーサル・スタジオ・ジャパンの定番イベントになっていますよね。

4-Dシアターではエヴァンゲリオン・進撃の巨人に変わり「ドラゴンボールZ・ザ・リアル 4-D」、リアル脱出ゲーム枠ではバイオハザードに変わり「デスノート・ザ・エスケープ」とジャンプ作品づくしのイベントとなっています。

「ユニバーサル・ジャンプ・サマー」用のエクスプレスパスは2種類あります。

・サマー・スペシャル・エクスプレス ~ユニバーサル・ジャンプ・サマー セット~
¥8,241(税込¥8,900)
→「ワンピース・プレミアショー」、「ドラゴンボールZ・ザ・リアル 4-D」、「デスノート・ザ・エスケープ」確約

・サマー・スペシャル・エクスプレス ~ドラゴンボール・セット~
¥2,223(税込¥2,400)~¥3,612(税込¥3,900)
→「ドラゴンボールZ・ザ・リアル 4-D」確約+冊子「亀仙流 入門承認試験」&「ドラゴンレーダー~メロンゼリー~」をプレゼント

「ユニバーサル・ジャンプ・サマー セット」はワンピースのプレミアショーチケットに加え「デスノート」もついている分、料金がかなり高めです。
ワンピースのプレミアショーチケットは単品購入すると、¥1,834(税込 ¥1,980)~¥4,612(税込 ¥4,980)。
S1、S2、A1、A2の4種類のシートがあり座席によって料金が変わります。

ユニバーサル・ジャンプ・サマー セットでは、プレミアショーの座席指定ができません。
S2シート、1階B/C/P/Qブロックのいずれか(下図)になるので、確実に入れる反面、座席に関してはある意味賭けですね。
usj_seatlocator

A1、A2シートの安い席でいいよ、と言う人はエクスプレスパスを買わずに、別途プレミアショーチケットを購入しましょう。
そのあたりはお財布と相談ですね。

ただ、私は「ユニバーサル・クールジャパン2016」でエクスプレスパスは本当に買って良かったと思ったので、「ユニバーサル・ジャンプ・サマー」でも並びたくない!と思っている人はエクスプレスパスの購入をオススメします。

JTBツアーの「アーリー・パークイン」は最強

ご存じの方も多いかもしれませんが、「アーリー・パークイン」はJTBのツアー専用宿泊特典です。
通常の開演時間より、15分早くパークに入る事ができます。

たったの15分、と思うかもしれませんが、この15分は大きいです。
早く入れると言う事は、他の一般入場者のいない園内で、アトラクションに向かえると言う事です。
そのアドバンテージは言わずもがな、ですね。
専用の入場ゲートから入るので、混雑している一般入場口に並ぶ必要もありません。
(一般入場口はきちんと整列しないので大混雑です)

「クールジャパン・エクスプレス・パス」など期間限定エクスプレスパスを購入した人は、期間限定イベントのアトラクションはエクスプレスパスで並ばずに乗れます。

が、期間限定イベント以外のアトラクションは普通に並ばないといけません。(さらに通常のユニバーサル・エクスプレス・パスを購入するお金持ちでない限りは)
「スパイダーマン」や「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」、新しくできた「ザ・フライング・ダイナソー」など行列必須のアトラクションは、アーリー・パークインで朝一に駆けつけるのが最良の攻略法です。

JTBのツアーはアーリー・パークインがあるからと言って他の旅行会社のツアーより特別高いと言う事もないですし、遠方からツアーで行くならJTB以外の選択肢は無い!と個人的には思います。

開園時間の罠に要注意!

これは最初に知ったときビックリしたのですが、USJはホームページに書いてある開園時間より、早く開園してしまう事が頻繁にあります。
30分前開園なんて良くあること、過去にはなんと1時間半(!)も早く開園した事もあるそうです。

その為、9時開演だから9時を目指して行こう~なんて思っているとすでに開園していて完全に出遅れることになるので要注意です。
開園時間はその日の混雑状況により変わるようですが、この「変更された開園時間」を先に知る方法があります。

それが、先ほどもお話ししたJTBツアーのアーリー・パークインです。
アーリー・パークインの対象になった人は、前日のホテルチェックイン時に、翌日のアーリーパークイン用のリストバンドと開園時間のお知らせが貰えます。
渡される用紙にあるQRコードを読み込み、専用のページにアクセスすると翌日のアーリーパークインの時間が表示されます。

この「翌日のアーリーパークイン時間」は、「変更された開園時間」が適用されています。
15分前に入れるのはもちろん、前倒しになった開園時間を知ることができるのが、JTBの大きなメリットです。

JTBでは「朝食振替プラン」でホテルでの朝食をパークで使えるミールクーポン1000円分に変えるありがたいサービスもあります。(「ホテル近鉄ユニバーサルシティ」「ホテル京阪ユニバーサルシティ」「ホテル京阪ユニバーサルタワー」のみ、「ホテルユニバーサルポート」「ザパークフロントホテルアットユニバーサルスタジオジャパン」では朝食振替できません)
パーク内の食事は高いですし、朝ごはんを食べているヒマなんてない!と言う人には、朝食の分をUSJの食事に使えるのでとても嬉しいサービスですね。

さらに、JTBではふるさと割で旅行代金が最大半額(例:旅行代金が78,500円の場合、支払い額が半額の39,500円(助成額39,000円))になる「ふるさと割 大阪とユニバーサル・スタジオ・ジャパンツアー」などもあります。

とにかくUSJへの特典が多いのがJTBなので、ポイントを消化したいなど、特別に他の旅行会社を使いたい理由が無い場合は、JTBで宿泊予約をするのが最良の選択肢だと思います。

たべ乗り

前回行った時に知らないまま帰ってきてしまい、今回リベンジの際に調べていて知ったのがこの「たべ乗り」です。
指定のレストランで指定のメニューを注文すると、プラス800円でユニバーサル・エクスプレス・パスを貰えるサービスです。

対象となるレストランは現在「フィネガンズバー&グリル」「パークサイドグリル」「SAIDO」「ディズカバリーレストラン(ジャンプ・サマー期間中は麦わら大船団の宴レストラン)」の4つ。
対象メニューは季節によって変更があるようなので店舗で確認となっていますが、価格はだいたい2000円~3000円くらい…でしょうか。
一見プラス800円でエクスプレスパスが買えるならお得!と思いましたが、食事代と合わせると結構な金額になりますね。
痛い出費にはなりますが人気のスパイダーマンやハリウッド・ドリーム・ザ・ライドなども対象になっているので、最後の手段として考えておくと良いかもしれません。

ジャンプ・サマー期間中は「ドラゴンボールZ・ザ・リアル 4-D」も追加されているので、ワンピースのプレミアショーチケットをエクスプレスパスでなく単品購入するのであれば、たべ乗りでドラゴンボールを狙うのも良いかもしれません。

注意点は指定時間のシステム。
アトラクションの指定時間は「注文した時点のアトラクションの待ち時間を足した時間以降」となります。

ちょっとわかりずらいですが、下記のようなシステムになります
・12時に注文した時、スパイダーマンの待ち時間が1時間→13時以降に優先で乗れる
・12時に注文した時、スパイダーマンの待ち時間が3時間→15時以降に優先で乗れる
待ち時間が長ければ長いほど、指定時間は先になってしまいますね。

あまり知られてないのかな?と思っていましたが、休日にはお昼の時点で人気アトラクションのたべ乗りチケットは売り切れてしまうそうです。
最初からたべ乗りを狙って行く場合は、レストランの開店時間を狙って行くのが良いかもしれません。

ユニバーサル・ワンダーランドよやくのり

これも知りませんでした。
お子様向けのエリア「ユニバーサルワンダーランド」の5つのアトラクションが、待たずに乗れるシステムです。
仕組みはディズニーのファストパスと同様で、乗りたいアトラクションまで行き、利用時間を指定して「よやくのりチケット」を発券します。(無料)

子供向けなので、そこまで行列はきつくないと思っていたのですが、「ユニバーサルワンダーランド」エリアの乗り物は一度に乗れる数が少ないので意外に待ち時間は長いです。
定員になり次第、発券終了してしまい休日は午前中に終了してしまうものもあるようです。

1度に予約できるアトラクションは1つのみ。
予約したアトラクションの利用開始時間を過ぎると、次のアトラクションが予約可能になります。

例えば、10時に「16時のよやくのりチケット」を入手した人は、16時を過ぎるまで次のよやくのりチケットは発券できません。
予約時間が遅くなればなるほど、次の予約が取れなくなるので、このエリアが狙いの人は(期間限定イベント狙いなら少ないかもしれませんが)早めに「よやくのりチケット」を発券しましょう。
チケット発券後、アトラクションに乗るまでの待ち時間に他のアトラクションを回れば、より効率的にUSJを楽しめます。

ぼっちが平気ならシングルライダー

シングルライダーは1人で乗る事で待ち時間が短縮できるシステムです。
公式ホームページにも「お連れの方と別々にライドの空席に登場することで待ち時間が短縮できます」と書いてあるので、友達と一緒に行っていても利用OK。

例えば2人座席のアトラクションに3人連れが乗ったら、1人分席があまりますよね?
そこにどんどん1人の人を乗せていくのがシングルライダーです。

対象アトラクションは下記になります。

・ハリウッドドリームザライド(後ろ向き)
(通常の前向きは利用不可)
・ザ・フライング・ダイナソー
・スパイダーマン
・ジュラシック・パーク・ザ・ライド
・スペース・ファンタジー・ザ・ライド
・ジョーズ
・エルモのゴーゴースケートボード

ザ・フライング・ダイナソーが早速追加されていますね!
前はハリーポッターアンドザフォービドゥンジャーニーも対象だったようですが、現在は公式HPに記載がありません。
日にちや時間帯によって利用できない事もあるようなので、当日やっていたらラッキー、と言う感じでしょうか。
私も今回行く時は、利用してみたいと思います。

※2016年2月追記
2016年2月に行った際には、ハリーポッターアンドザフォービドゥンジャーニーもシングルライダーできました!
シングルライダーを利用することで、ほとんど待たずに乗ることができました。(おかげで2回も乗れました)

数量限定「3時間貸切チケット」を利用しよう!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは常に混んでいます。
前に訪れた時は、平日なのに1時間待ちは当たり前と言う状態にかなり驚いた記憶があります。

何故いつもこんなに混んでいるかと言うと、USJは非常に年パス(年間パスポート)が安いからです。
USJの年間パスポートは¥21,800。
通常の1デイ・スタジオ・パスポートが¥7,400ですから、3回行けば元が取れてしまいます。

ちなみに、ディズニーランド、ディズニーシーの年間パスポートは¥63,000です。
1デイパスポートが¥7,400円、9回行かないと元が取れないのでUSJの年間パスポートはかなりお得感があります。

その為、関西圏の人にはUSJの年パス持ちが多く、新大阪駅から電車で15分と言うアクセスの良さも手伝って、常に年パス所持者で混雑していると言う訳です。

そこで、オススメしたいのが数量限定の「3時間貸切付パスポート」です。
現在発売中で、日にちは限定されますが、通常のパスポートと同じ金額でパーク閉園後から3時間の延長貸切が楽しめるチケットです。

何故このチケットがそんなにオススメかと言うと、同じ値段で3時間プラスして楽しめるのはもちろん、「このチケットを持っている人だけの貸し切り」つまり「年パスの人はアトラクションに乗れない時間帯」が存在するからです。(入場した人がそのまま園内にいることはできますが、貸し切り以外の人はアトラクションに乗る事ができなくなります)
年間パスポートの割合が多いUSJだからこそ、貸し切りが効いてくるのではと思っています。

対象日は2016年1月16日、17日、23日、24日、30日、31日。
すべて土日で営業時間は9:30~20:00。
20時から23時までが貸し切り時間となります。
もちろんアトラクションは乗り放題です。

注意点として「進撃の巨人・ザ・リアル 2」だけはこの時間に入る事ができません。
これは、貸し切りだから入れない訳ではなく、もともとこの時間にやっていないアトラクションだからです。

「進撃の巨人」と「エヴァンゲリオン」は同じ場所(シネマ 4-D シアター)で行われています。
エクスプレス・パスの時間割を見ると、進撃の巨人の一番遅い時間が13:15、エヴァンゲリオンの一番早い時間が14:30なので、午前と午後でプログラムを入れ替え、午後はエヴァンゲリオンのみの運営になるのかと思われます。(Aパターン日程の場合)

進撃の巨人ファンの人は残念ですが、エヴァンゲリオン狙いの人はエクスプレス・パスで楽しんだあとに、さらにもう一度楽しめるかもしれないので魅力的ですね。

※2016年2月追記
販売終了しました。
こちらを利用したところ、本当にガラガラでほとんどのアトラクション(ハリーポッターやハリウッドドリームザライドも!)が待たずに乗れたので、次回の販売があったらまた利用したいです!

まとめ

今回調べてみて新しく知った事もあり、奥が深いなUSJ、と思いました。
せっかく楽しみに行ったのに、3時間も4時間も行列に費やすのは正直もったいないなと思います。

まずはJTBのツアーを確保することで、15分早く入園しスタートからアドバンテージを得る事ができます。
そのあとは、エクスプレスパスや食べのり、よやくのりなどを駆使して、できるだけ多くのアトラクションを制覇しましょう!

特に私のような遠方の人は、交通費と宿泊代を考えると、何度も頻繁にと言う訳にはいきません。
エクスプレスパスは、お金はかかりますが何回も行く分を1日で楽しめると思うと、決して高い買い物ではないのかなと思います。

みなさんも、予定と予算に合わせて、上手にUSJを楽しんで下さい!

期間限定エクスプレスパスなど、すぐに完売してしまうチケットをゲットする裏技をこちらの記事でまとめています。よろしければ合わせてお読みください!

 - 旅行

関連記事

人気記事