iphoneで格安SIMを使う!「LINEモバイル」を他よりオススメする理由

2017-05-15 2017-05-17

iphoneで格安SIMデビューしたい、でも種類がいっぱいあってどれを選んでいいかわからない、と言う人にオススメしたいのが、最近メキメキ評判を上げている「LINEモバイル」です。
キリンジの曲「エイリアンズ」のCMが印象的で記憶に残っている人も多いのではないでしょうか?

LINEモバイルは他のMVNOより遅れてサービスを始めたせいもあり、今までの格安SIMには無い「LINEモバイル独自のオリジナルサービス」が豊富。いま一番お得でサポートの厚い格安SIMになっています。

今までの格安SIMは「店舗がない」「サポートがない」など、パソコンやスマホに詳しくない人にとって利用しずらいサービスでした。
しかし、LINEモバイルはその点をクリア。メール、電話はもちろんLINEのトークで24時間365日いつでも質問できるなど、これから格安SIMデビューする人には最適なサポート体制が用意されています。

今までIIJ、楽天モバイル、mineoなど色々な格安SIMを使ってきた私が、今から契約するなら「LINEモバイルが一番オススメ」とする理由をわかりやすく説明したいと思います。(私も次はLINEモバイルにしようと思っています)

自分のiphoneは格安SIMでそのまま使える?

iphoneで格安SIMを使いたい、と考えた人が一番気になるのは「いま自分が使っているiphoneでそのまま格安SIMが使えるのか?」だと思うので、まず最初にその点を説明しようと思います。

iphoneで格安SIMを使う場合、今のSIMカードを抜いて格安SIMをそのまま差し込めば使えるのかと言うとそうではありません。
通常、キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)で購入したiphoneには、その会社のSIMカードしか使えないように「SIMロック」というロックがかかっており、他の会社のSIMカードが使えないようになっています。
そのため、購入したキャリアによっては「SIMロック解除」と言う手続きが必要です。また、キャリアによって対応端末も変わります。

LINEモバイルはいわゆる「ドコモ系」と呼ばれるドコモのSIMカードのため、ドコモで購入したiphoneであれば特別な手続きなしでそのまま刺して使う事ができます。
反面、auやソフトバンクで購入したiphoneはSIMロックを解除する手続きが必要です。

ドコモで購入したiphone

ドコモで購入したiphoneの場合、LINEモバイルのSIMカードを刺せばそのまま使うことができます。(SIMロック解除は不要)
iPhone 5s~iPhone 7 Plusまで対応しています。(動作確認済み)

au、ソフトバンクで購入したiphone

au、ソフトバンクで購入したiphoneの場合、SIMロック解除の手続きが必要です。
iPhone 6s~iPhone 7 Plusに対応していますが、動作確認未実施のためデータ通信・音声通話・テザリングが使えない可能性があります。
また、iPhone 6以前のiPhoneはSIMロック解除不可なので使用不可です。

iphone対応端末

AppleStoreでSIMフリーのiphoneを購入すれば誰でも使用OK!

ドコモで購入したiphoneは特別な手続きなしでそのまま使えますが、au、ソフトバンクで購入したiphoneはSIMロック解除が必要な上に、ちゃんと使えるかわからないよ~と言う事ですね。
この場合はAppleStoreでSIMフリー(SIMロックされていない)iphoneを購入することで、キャリアの縛りなく格安SIMを使う事ができます。

iphoneで格安SIMを使う場合、このあたりのシステムが分かりにくく挫折してしまう人も多いと思いますが、LINEモバイルではiphoneでの利用に力を入れており、SIMロック解除の方法を含むiphoneでの使用方法を専用ページを設けて詳しく説明しています。

聞きたい時に聞けるカスタマーセンター

ここからは、他の格安SIM会社と違うLINEモバイル独自のメリットをお伝えしようと思います。

個人的に一番「すごいな」と思ったのが、手厚いカスタマーサポート。
格安SIMの場合、ドコモなどと違い店舗がないため、分からないことが気軽に聞けないと言うデメリットがあります。

しかし、LINEモバイルでは複数の窓口でいつでも質問OK!
電話、メールはもちろんLINEモバイル公式アカウントから、LINEのトークを使って年中無休で問合せをすることができます。

格安SIMサポート

実際、電話だとちょっとしたことを気軽に聞くのは難しいですし、LINEのトークで質問ができるのは手軽さが違いますよね。
特に「初めて格安SIMを利用する」と言う人にはうってつけのサポート体制だと思います。

LINEモバイルならLINEの年齢認証が可能!

もうひとつ、LINEモバイルの大きな特徴が「LINEの年齢認証ができる」と言う点です。

基本的に、格安SIMではLINEの年齢認証ができません。
実際、私も色々な格安SIMを使ってみましたが、すべてLINEの年齢認証はできませんでした。

LINEの年齢認証ができないと、ID検索での友達追加ができません。
私は実際に会ってふるふる機能などで友達追加するので問題ありませんが、オンラインやSNSで出会った人を友達登録したい時にID検索ができないのは不便ですよね。

長年不満とされてきたこの「格安SIMでLINEの年齢認証できない問題」を唯一解消しているのが、LINEモバイルです。
LINEを運営しているからこそできる強みだと思います。

ちなみに、LINEモバイルでは新規アカウントを作成する際も、SMS登録無しでLINEのアカウントを作ることができます。

SNSを高速通信にカウントしない「カウントフリー」

LINEモバイルの一番の目玉となっているのが、LINE、Twitter、Facebook、Instagramを高速通信にカウントしない「カウントフリー」サービスです。

SNS格安SIM

格安SIMの料金は、高速通信のデータ量によって変わります。
3GBプランなら3GB分の高速通信がついて○○円、と言う料金設定ですね。
高速通信分を使いきってしまうと、低速通信になりネットが遅くなってしまいます。

当然、高速通信できるデータ量が多ければ多いほど料金は高くなりますが、LINEモバイルではLINE、Twitter、Facebook、Instagramの高速通信データ量をカウントしません。

例えば、カウントフリー対象のSNSを高速通信を月2GB使っていたとします。
すると、その分のデータ量がまるまるゼロになるので今まで5GBプランの人は3GBプランに、今まで3GBプランの人は1GBプランに、毎月の料金を落として運用することができます。

また、万が一高速通信のデータ量を使いきってしまって低速化してしまっても、カウントフリー対象のSNSは高速で通信できるようになっています。
とにかく、いつでもデータ容量の縛りなくSNSが高速通信できると言う事ですね。
スマホの利用内容のほとんどがSNSだ!と言う人には、ものすごくお得なサービスだと思います。

このカウントフリーサービスは、メッセージのやり取りや投稿・閲覧だけでなくLINEの無料通話、ビデオ通話も対象になっています。
最近LINEの無料通話を電話代わりに使っている人が多いそうですが、LINEでの通話がメインであればその分の高速通信もまるっとゼロになるのでよりいっそうお得感がアップしますね。

LINEモバイルの料金は高い?

「SNSのデータ分が浮くなら、その分基本料金が高いんじゃないの?」と思うかもしれませんが、LINEモバイルの料金は他社と比べてほとんど差がありません。

試しに格安SIM大手の楽天モバイル、mineoと比べてみましょう。

※データ通信+SMS+音声通話プラン

LINEモバイル 楽天モバイル mineo
3GB 1,690円  1,600円 1,600円
5GB 2,220円 2,150円 2,280円
10GB 3,220円 2,960円 3,220円

若干高くなっている部分もありますが、数十円の差です。

LINEモバイル料金

これでLINEの音声通話を含む各SNSのデータ量がカウントされないのであれば、コストパフォーマンスは非常に高いと思います。

LINEモバイルはこんな人にオススメ!

・ドコモで買ったiPhone 5s~iPhone 7 Plusを格安SIMで使いたい
・格安SIMが初めてなので気軽に質問したい
・SNS・LINEの無料通話を頻繁に使っている
・月額料金を抑えたい

LINEの無料通話を含むSNSの高速通信がノーカウントと言うのも魅力的ですが、個人的にはiphoneユーザーにわかりやすくサポート体制がしっかりしているので「iphoneで初めての格安SIMデビュー」に最適な格安SIMだなと思います。

LINEモバイルではデフォルトで初月の月額基本料無料が無料となっていますが、今なら「2ヶ月連続3GB増量キャンペーン」も行っています。
気になる方は是非公式サイトをチェックしてみてください!

関連記事