コスパハック

コスパの高いモノ、コト、ライフハックブログ

      2017/02/21

都内穴場絶景ランチ「ラ・ソラシド フードリレーションレストラン」野菜ビュッフェ初体験

スカイツリーでちょっといいランチをしよう、と言う事になりレストランを探しました。

せっかくなので景色の良い絶景ランチを!と思い、レストランを探したのですがスカイツリー内の唯一のレストラン「Sky Restaurant 634(musashi)」は予約でいっぱい。
またレストランが地上345mの東京スカイツリー天望デッキにあるため別途天望デッキへの入場券(2,060円)が必要となります。敷居高すぎ…。

そこで目を付けたのがスカイツリーお隣のソラマチ。
いつも混んでいる印象のあったソラマチですが、6~7Fのレストランフロアの他に30~31Fにも高層階レストランフロアがあります。

スカイツリーの中、ではありませんが、スカイツリーが目の前と言うのもなかなか面白い景色です。
休日でも直前に予約が取れたので、混んでいるスカイツリー周辺レストランでは穴場でもあります。

今回はスカイツリー隣ソラマチにある「ラ・ソラシド フードリレーションレストラン」で話題の野菜ビュッフェを楽しんできたのでレポートしたいと思います。

ソラマチはスカイツリーランチの穴場

冒頭でも触れましたが、スカイツリー内のレストラン「Sky Restaurant 634(musashi)」は天望デッキへの入場券が必要な上に、予約も直前には取れません。(数週間前であれば休日でも余裕があります)
お値段はランチで¥4,860と¥6,480のコースとそこそこですが、サービス料別なので入場券も含めたトータルとしてはいいお値段になりますね。

そこでオススメなのがお隣のソラマチ。
30~31Fに高層階レストランフロアがあり、直前でも予約が空いているので穴場です。
位置はGoogle Mapで見るとココ。スカイツリーの目の前の商業ビルです。
skytree

ちなみにソラマチ6~7Fにもレストランフロアがありますが、休日に行くといつも長蛇の列です。
そこまで豪華なランチじゃなくても良いという場合は、スカイツリー周辺でランチを食べる事は諦めて食事時は外した方が良いと思います

ラ・ソラシド フードリレーションレストラン レビュー

今回ランチに行ったのは「ラ・ソラシド フードリレーションレストラン」。
山形県にある「アル・ケッチァーノ」のシェフがプロディースした自然派イタリアンレストランで、テレビ番組「ぐるナイ」のゴチでも使われたお店です。

価格帯

ランチは2,800円、4,500円、6,000円と3種類。
予約サイト「一休.com」で予約するとそれぞれのコースにお値段そのままで1,200円の乾杯スパークリングがつくのでお得!
私も一休から予約しました。
一休だとスカイツリー周辺で窓際確約のプランも用意されているので、絶対窓際がいい!と言う人にもオススメです。

ちなみに、ソラシドでは誕生日の場合はデザートを特製ケーキプレートにしてくれるサービスがあり、予約時にコメント欄にメッセージを書いておくとチョコレートでプレートにメッセージを書いてくれます。
メッセージは口で言うのも恥ずかしいこともありますし、こういった誕生日サービスがネットで頼めるのは嬉しいですね。

今回一休から予約してみたのですが、「デザートを特製ケーキプレートに」ではなくデザートとは「別に」ショートケーキがメッセージ&蝋燭付きで出てきたのでデザートが三皿になりました。お得!

景色

一番気になるのはレストランからの景色。

予約時に窓際確約プラン以外で席の指定はできませんが、誕生日ということで気を使ってくれたのか?窓際の席に案内してもらえました。
窓際は窓に沿ってぐるりとカウンターになっており、この景色!

skytree

窓も天井まであり縦も横も視界いっぱいが窓!
地上150m、31Fはそれほど高くないと思っていましたが、充分高いです!
窓も綺麗に掃除してあり、景色が非常に綺麗に見えました。

私が案内されたのはスカイツリーの目の前ではなく、スカイツリーが視界に入らない方向だったのですが肝心のスカイツリーの前は…

skytree002

日差しが強い為かシェードがかけられていました。
これは目の前の人は残念…。私は窓いっぱいに視界が広がる方がいいので、逆に横の席で良かったなーと思いました。
目の前はシェードがかからない高さにはなっていますが、スカイツリー目当ての人はこういう日もあると覚えておいた方がいいかもしれません。

雰囲気

ディナーはスマートカジュアル(男性のタンクトップ・ハーフパンツ・サンダルはお断り)ですが、ランチはドレスコード無しです。
カジュアルでもOKですが、お値段がお値段なので学生カップルなどは少なくある程度の年齢の方が多かった印象です。

11:00からの回、13:30からの回、と時間ごとに予約が取られているので入店の際は店の入り口に並び、時間になったら○○様~と名前を呼ばれて入店します。
これはホテルのバイキングのようで効率的ではありますが、デートだとちょっと微妙かもしれません…。

店内の雰囲気はカジュアルすぎず、高級すぎず、明るくて良い雰囲気です。
店員さんはきちんとしながらも気さくな接客なので、カッチリした接客が好きな人はお気に召さないかもしれませんが、個人的にはこれくらいラフな接客の方が好感度高いです。

野菜ビュッフェ

「ラ・ソラシド フードリレーションレストラン」のランチにはサラダビュッフェがついています。
山形の野菜を中心に変わった野菜もあり、評判も良いので楽しみにしていた部分です。

ビュッフェ台!
種類は20種類ほどで、1つ1つはこじんまりとした量が並んでいます。
ソラシドサラダビュッフェ

ジャンボなめこ!味は普通の美味しいなめこでした。
ソラシドサラダビュッフェ

さつまいも3種。さつまいもも美味しかったのですが、別途出されていたじゃがいももすごく美味しかったです。
ソラシドサラダビュッフェ

葉物はそこまで印象に残らなかったのですが、特に美味しかったのがプチトマト。
色々な色があるのですが、それぞれ全然味が違って、食べたことのない味のものもありとても美味しかったです!
ソラシドサラダビュッフェ

ドレッシング2種、オリーブオイル2種に大量の塩が楽しめます。
あとで出されたフォッカチャにも、このオリーブオイルと塩をつけて頂きました。
ソラシドサラダビュッフェ

同じ時間帯に予約したお客さんが同時にコースをはじめるので、どうしても同じタイミングでビュッフェに殺到してしまうのがちょっと難点ですね。ビュッフェの宿命ですが…。
当日の席の埋まりは半分ほどでしたが、ビュッフェ台が小さいので6人くらいが集まるといっぱいになってしまいます。
おかわり自由なので焦らず空いた時に何度も取りに行けるのは良かったのですが、野菜は補充されるものと補充されないものがあり1回目に美味しかったな~と思って2回目に取りに行ったら無くなっていて補充されじまい、と言うものもあったのが残念。贅沢を言えば全種類少しづつでも補充してくれると良かったですね。

コース料理

前菜、スープ、サラダビュッフェ、パスタ、メイン、デザート、コーヒーor紅茶と言うコース構成になっています。
ここからは写真をドドッとご紹介。

ズワイガニとうるい グレープフルーツのサラダ
カニがたっぷり!味付けが濃すぎず、ジューシーで美味しかったです。
ソラシド

舟形マッシュルームのクリームスープ カプチーノ仕立て
サラダビュッフェ
スープもサラダもこの景色を前にするといっそう美味しく感じます。
ソラシド

山ウドとボローニャ風ラグーソース ショートパスタ “カサレッチェ”
ショートパスタがプニプニしてて面白い食感。
ソラシド

ズワイガニと山形産ほうれん草・ドライトマトのペペロンチーノスパゲティ
ドライトマトがすっごく美味しかったです。油っぽくない旨みの強いペペロンチーノ。
ソラシド

メインの魚は真鯛。
こちらは特に特徴が無く…。
ソラシド

メインの肉は豚肉。
固かったですが、脂の旨みが濃厚でした。
ソラシド

キャラメルのパンナコッタ アマレット風味ヘーゼルナッツのジェラート添え
パンナコッタも美味しかったのですが、添えてあるナッツがめちゃくちゃ美味しかったです。
ソラシド

苺のミルフィーユ仕立て
写真を撮り忘れた!パイは薄めでサクサク。カスタードクリームが甘かった…。
デザートプレートのショートケーキも見た目は普通なのにとっても美味しかったです。

ラ・ソラシド フードリレーションレストラン総評

景色はとっっっても良かったです。
スカイツリーが目当ての場合、昼間はシェードがかかってしまうと残念ですね。

食事に関しては、素材の味を生かした薄味のものが多く全体的に美味しかったです。
特に美味しかったのは前菜のカニと、カニのパスタ。(両方カニ)
サラダビュッフェは全部ものすごく美味しい!と言う訳ではないのですが、色々な野菜が食べれて楽しいのと、たまにものすごく美味しいものがある、と言う感じでした。
サラダビュッフェがあるので、メインの前におなかいっぱいになるくらいのボリュームで、量が足りないと言う人はいないと思います。

入店の時やサラダビュッフェの時など、どうしても人が詰めかける場面があり高級感という点ではここぞと言う勝負デート?などにはいまいちかもしれません。
景色も良く、店員さんのサービスも程良いので「緊張しないで食べるちょっと奮発したランチ」にピッタリのお店ではないかなと思いました。

昼は窓際確約プランはありませんが、夜は窓際確約プランがありますし、シェードがかかることもないのでスカイツリーを堪能したいのであれば夜行ってみるのもいいかもしれませんね。

 -

関連記事

人気記事