コスパハック

コスパの高いモノ、コト、ライフハックブログ

      2016/09/07

コミックレンタルを利用してみたら漫画喫茶の2倍お得だった

漫画が好きで話題作が読みたい、でも買うほどでもない場合、漫画喫茶に行く人は多いと思います。
私もその一人で漫画喫茶に行っていました。

コミックレンタルと言うものがあるのは知っていましたが、なんとなく「漫画喫茶でまとめて読んだ方が安そう」と利用した事はありませんでした。
今回、はじめてコミックレンタルを利用してみた所、驚くほどお得だったのでご紹介したいと思います。

TSUTAYA、GEO、DMMのコミックレンタル価格表をこちらにまとめました!

コミックレンタルに至るきっかけ

その日は「進撃の巨人」の新刊を読みたかったのと、LINEマンガの無料連載で「プロトポロス編」の連載が始まり気になっていた「嘘喰い」を読みたかったので漫画喫茶に行きました。

3時間パックで両方とも無事読めたのですが、35巻以上ある「嘘喰い」は当然読み切れず岐路につきました。
しかし帰り道、どうしても続きが気になり思いついたのが「コミックレンタル」。

私の住んでいる街ではツタヤとゲオがコミックレンタルを行っています。

まずツタヤに行ってみたものの揃えている漫画数が少なすぎてパス。
続いてゲオに行ってみると…そこはパラダイス!
manga07

膨大な漫画数!
メジャーな漫画だけでなく、マイナー漫画の品ぞろえも豊富!
もちろん「嘘喰い」も揃っており無事ゲット。
そして料金は…あれ?

ひょっとして、漫画喫茶より安い…?

1冊あたりのコスト比較

漫画喫茶もコミックレンタルも場所によってかなり値段に差があると思いますが、店舗の種類、料金プラン、さらには割引やクーポンなど比較するとキリが無い為、今回は私が実際に利用した地元の「自由空間」と「ゲオ」の実際の料金で比較してみます。

自由空間

3時間パックで料金は880円。(普通の席より少し安い、PCの無い漫画席)
→3時間で読めた漫画は約6冊(1冊あたり30分程度)
1冊あたりのコストは約147円。
manga02

ゲオ

1冊レンタルが2泊3日で70円。
manga08

単純に2倍の料金差があります。
しかも、漫画喫茶が3時間の時間制限に対し、コミックレンタルは2泊3日!
(10冊以上借りると料金そのままで2泊3日→7泊8日レンタルになります)

そして、うちは2人暮らしで料金は割り勘なので半額。
コミックレンタルの1冊あたりのコストは70円と書きましたが、実際は35円しかかかっていません。
1冊35円で7泊8日レンタル。
圧倒的コストパフォーマンス…!

コスト以外のコミックレンタルのいい所

複数人で読める(さらにコスト減)

コミックレンタルの圧倒的なメリットはこれだと思います。
うちは2人暮らしなので半額、それでも充分安いですが、これが家族、友達などさらに大人数になった時のコスパの良さは圧倒的です。

途中抜けが無い

地味に大きいメリットがこれ。
漫画喫茶で誰もが経験する「真ん中の3巻だけ無えええええ」みたいな状況にならない。
読みたい巻が無い場合は借りなければ良いので被害は0円。ノーリスク。
漫画喫茶のようにお金を払って入ったけど読みたい漫画が全部途中抜け、みたいな状況が回避できるのは嬉しい。

コミックレンタルでも途中抜けはありますが、一度借りてしまえばそこまでは自分で独占できるので、読んでいる最中に他の人に持っていかれる事も無く、安心してゆっくり読めます。

時間が長い(1週間)

漫画喫茶でいつも気になるのが時間。
時間の分だけお金がかかるので毎回「早く読まなければ」と焦ってしまいます。
個人的には食事、ネットなんて時間がもったいない!と、休憩も取らずにできるだけ集中して馬車馬のように読みます。これが疲れる。

通常レンタルは2泊3日ですが、10冊借りてしまえば7泊8日。
いまから漫画を読もう、と言う人間にとって「10冊レンタル」はそんなに敷居が高い事ではないと思います。
1週間あれば時間を気にする事なくゆっくり読めます。
お風呂に入るのも食事をするのもテレビを見るのも自由。もちろん睡眠も。そう、コミックレンタルならね。

時間がたくさんある事で、上記のように複数人で読んでコストを下げる事も可。
何より精神衛生上良い。じっくりと漫画を楽しむ事ができると思います。

圧倒的にくつろげる

今の漫画喫茶はどこも綺麗で快適ですね。
でも気付いてしまいました。
ドリンクバー飲み放題、シャワー、フラットシート、ネット環境。

もしかして…いやもしかしなくても全部自宅でできるんじゃ…。
そして自宅の方が快適なんじゃ…。

もちろん、自宅が落ち着けない環境で、誰にも邪魔されずに楽しみたい!と言う人もいると思うので、そう言う方は漫画喫茶の方が楽しめるんだろうと思います。
漫画喫茶の独特の雰囲気、私も好きです。
でも自宅の方が好き。

コミックレンタルのデメリット

短い漫画は漫画喫茶の方が安くなる、かも

今回は私が読んだ数種類の漫画で「平均1冊30分」と言う計算をしましたが、漫画の内容によってはもっと時間は短くなると思います。
特に私はキャンブル系やデスゲーム系など、頭を使う感じの漫画が好きなのでなおさらこういった結果になったのだと思います。

上記の条件をそのまま「1冊10分」で計算し直して比較すると
漫画喫茶→1冊約49円
コミックレンタル→1冊70円
となり、漫画喫茶の方が安くなります。

サッと読める種類の漫画を読みたい人、読む速度に自信がある人は、単純に1冊あたりのコストだけを見ると漫画喫茶の方が安くなるケースがあるかもしれません。

新刊が無い

調べてみると、コミックレンタルのレンタル開始日は、新刊コミックが発売されてから1ヶ月後の入荷となるようです。
漫画喫茶は発売日当日から入荷が可能。
今回の私のように「発売されてすぐの進撃の新刊が読みたい!」と言う場合はコミックレンタルにはありませんので必然的に漫画喫茶に行く事になります。

表紙が楽しめない

これはゲオだけのシステムかもしれませんが、ゲオの場合は表紙をケースに入れて飾るので、表紙無しの漫画本体のみをレンタルします。
先日借りた漫画「宝石の国」は表紙が非常に美しく、家でゆっくり眺めたいと思っていたのでこの点は残念。
また、表紙裏に作者のコメントがある漫画の場合、コメントが読めないのも要注意です。

※追記
この後、DMMで宅配レンタルをした所、表紙ありでのレンタルでした
DMMrental001

宅配レンタルもいいぞ!

コミックレンタルがお得なのは間違いないのですが、家の近くにコミックレンタルとしている店が無い!と言う場合は宅配レンタルと言う手があります。

ゲオ、ツタヤも宅配レンタルをやっています。
comic-geo

1冊あたりの金額はちょっと割高ですが、重いコミックを運ぶ必要が無いのは嬉しいです。(借りる時もですが、返す時が地味にキツイ)
たくさん借りると店頭でのコミックレンタルとそう値段が変わらない会社もあるので、まとめて借りたい人は宅配レンタルもオススメです。

宅配コミックレンタルの値段は借りる作品や冊数によって変わり、わかりづらいのでこちらに一覧表でまとめています

一番安いDMMなら旧作が1冊45円!(送料が別途かかります)

宅配すらめんどくさい人は配信レンタル

宅配の受け渡しすらめんどくさい!と言う人には電子レンタル。
電子書籍の大手「Renta!」では48時間100円からPC、スマホ、タブレットで読める配信レンタルをしています。

特徴は全巻「無料サンプル」つきな事と、合計で200作品以上の無料漫画が充実している事。
会員登録をしないで読める無料漫画もありますが、無料の会員登録をするとさらに「会員限定無料」を読むことができます。
試しに会員登録してみましたが、かなりの冊数がありました。(探すのが大変なくらい)

無料漫画の量が多いので、これひとつで無料+有料レンタルと言う楽しみ方ができそうです。
声、音楽、動画、エフェクトを入れたモーションコミックや、オーディオブックなど電子書籍ならではの形態があるのも面白いなと思いました。

また、バナー広告で良く見る「コミックシーモア」でも電子レンタルをしています。
ちょっとアダルトなイメージの強いシーモアですが、普通の漫画もたくさんあります。
価格は2泊3日で100~400円。古い漫画は100円のものも多いです。
simoa

いまは新規登録で50%OFFクーポンがもらえるキャンペーンを実施中なので、最初の1回は半額!
かなりお得感がありますね。

まとめ

今回は私の実際に利用した店舗での比較ですが、漫画喫茶よりコミックレンタルの方が圧倒的にお得と言う結果になりました。
料金ももちろんですが、何よりレンタル期間が長い事、自宅で読める事による精神的満足感はかなりのもの。
これからも積極的に利用しようと思いました。
お住まいの地域によっては結果に差がでると思いますので、是非一度調べてみる事をオススメします。
コミックレンタル最高!

 - お得に生きる

関連記事

人気記事