ホームページ作成業者の押し売りに注意!店のHPは本当に必要?プロからの正直な意見

2017-03-17 2017-08-17

お店をやっていると「ホームページ作りませんか?」とWebサイト制作会社から営業が来るかと思います。

「うちに任せてくれればGoogle検索の上位に表示されて、お客さんが沢山来るようになりますよ!」
「今はインターネットで調べてからお店を選ぶ人が多いので、インターネットでの宣伝力が売上の鍵ですよ!」
「とりあえず作りましょう!作ってからお店のことをドンドン紹介していきましょう!」

似たような誘い文句が多いのですが、とにかく言われるのは「ホームページを作ると儲かる」ということ。

集客に悩んでいるお店であればある程、こういった誘い文句は魅力的に映ります。
しかし、本当にホームページを作るだけで、集客に悩んでいるお店が儲かるようになるのでしょうか?

私はホームページ制作やWebサイト運営の会社で長年働いていたので、こういった相談をよく受けていました。

営業の誘いに乗ってホームページを作るべきなのか、高いお金を払うだけの価値があるのか。

外部の人間になったからこそ言えるホームページ制作の裏事情について、本当のところを赤裸々に語ってみようと思います。

ホームページを作りませんか?と言われたら

まず、「ホームページを作りませんか?」という営業が来た時点で、一つ考えるべきことがあります。

それは「なぜ、そんな営業がやってきたのか?」です。

こういった営業というのは、契約してくれる可能性のある「顧客のリスト」を持っています。あなたのお店は、そのリストに載っているということです。これは何を意味するのでしょうか?

「集客に悩んでいる店」と思われている

「どうせたいして客が来ないのだろう、だったらホームページを作ってそこから集客できるという話は魅力的に映るだろう。よし、契約させよう」という話です。

屈辱的な話ですが、実際にこういうケースは多いです。
何らかの対策が必要なのは事実なので、ついつい話に乗ってしまいがちですが、とりあえず契約は避けてください。(理由は後述します)

「既にあるホームページの出来が悪い」と思われている

インターネットで集客が成功するか否かは、ホームページの出来に大きく左右されます。

何年も前に作られた見るからに古いデザインのホームページや、無料ホームページ作成サービス的なものを使って作られたホームページがターゲットになります。
「もっと良いものを作ってちゃんと集客しませんか?」という話です。

これはこれで説得力があるように見えるのですが、実は作り替えると余計人が来なくなってしまう事があります。ドメインの問題、構造の変化による再評価など色々要因はあるのですが、よくわからずOKすると、最悪お金と集客手段の両方を失うことになります。

このケースもとりあえず契約は避けてください。(同じく理由は後述します)

「どうせインターネットがよくわかってないだろう」と思われている

これは本当に最悪です。シンプルに「騙して契約を取ってやろう」と思われているケースです。

「相手が何を言っているかわからなかった」
「ホームページって単語は聞いたことがあるけどよくわからない」
「GoogleもYahooも使ったことが無い」

この3つのうち、一つでも当てはまったなら、絶対にその場で契約してはいけません。

ある程度知識のある人が身近にいないのであれば、ホームページの運営そのものを誰かに任せる必要が生じます。
自分の店の一つ(インターネット店)を、数年単位で任せられる相手と判断できるようになるまで、契約してはいけません。

こういった理由から、営業が訪ねてきた時点で「あなたはカモだと思われている」ことは間違いありません。
営業トークを聞いて、例えホームページが欲しくなったとしても、その場で契約するのは絶対に厳禁です。

でもホームページは作った方が良い

安易な契約は厳禁です。
しかし、何らかの商売をしている人でホームページを持ってないというのは、今の時代致命的です。どんなお店であれ、絶対にホームページは持っておくべきです。
その理由を説明します。

インターネットを利用する人は圧倒的大多数

スマホの普及率は年々上昇し、2016年度には70%を超えています。また、10代では90%を超える人が、60代でも50%近い人がスマホを保有しています。今後も更にスマホを利用する人が増えるでしょう。

しかも、これはスマホだけの話です。「スマホは持っていないが、パソコンは家で使っている」という人もいるでしょう。

つまり、インターネットを利用している人は70%どころではなく更に多いということです。
それだけ多くの人が、あなたのホームページを見る可能性があるということです。

あなたのお店を多くの人はまだ知らない

多くの人がスマホを持っているということは、いつでも、どこからでもインターネットにある情報を見られるということです。

「今日のランチは何を食べようかな?」と思った際、スマホを持っている人であれば「新宿 ランチ」や「渋谷 ラーメン」など、目的に合ったお店をインターネットで探します。
あなたのお店がレストランで、例え目的に合った料理を出していたとしても、あなたのお店のホームページが無ければ、その人はあなたのお店を知ることができません。

結果的に他のお店を選んだとしても、その時にあなたのお店の存在を知らせることが出来れば「次回はこのお店に行ってみよう」と来店のきっかけになります。

インターネットに情報が無いと選択肢から外れやすい

スマホを持っている人が何らかの手段であなたの店を発見した場合、高確率で「どんなメニューがあるのか、値段はいくらなのか、評判はどうなのか」などの情報をインターネットで探します。
その情報をもとに、あなたのお店を利用するかどうかを判断します。

あなたのお店の情報が全く出てこなかった時、「わからないけど行ってみよう」と思う人はとても少ないです。
値段のわからない寿司屋に入るのをためらってしまうのと一緒ですね。ほとんどの人は他のお店を探します。

つまり、ホームページがない場合(情報を届けられなかった場合)、それだけであなたのお店を訪れる人は減ってしまうということです。

ホームページは店舗の一つと考える

商売をするなら、ホームページは絶対に持っておくべきです。
しかし「人から言われてお金を払って作ってもらう」というのはあまりお勧めできません。
なぜなら、ホームページは「自分が作っていく」ものだからです。

多くの人が勘違いしていますが、ホームページは「作ったら終わり」ではありません。
ホームページとは、あなたのお店の支店の一つ、しかも最も多くの人が訪れる旗艦店です。
旗艦店を「作ってもらって終わり」と考える人はいるでしょうか?
旗艦店が完成したあとに、一切運営しないで放置するオーナーがいるでしょうか?

いかに自分のお店が優れているのか、今どんなお得なサービスがあるのか、そういったことを他店に負けないよう日々発信し続ける場所がホームページです。
これは、店の事を知らない他人にはできません。

今のインターネットでは情報発信が出来ていないホームページは、検索順位が下がるなどあまり目立たなくなるようになっています。
大金を払ってピカピカのホームページを作ってもらったとしても、自分で情報をしっかり発信しなければただのハリボテ。意味がないということです。

逆に、お金をかけずに自分で作った簡単なホームページであっても、しっかり情報が発信できていればインターネット上では十分に目立つことが出来るようになっています。

お店を毎日掃除するように、お店のボードに毎日「本日のおすすめ」を書くように、日々自分のお店(ホームページ)に手間暇かけることが最も集客に効果があるというのが、皆さんに知って欲しい現実です。

まずは自分でホームページを作ろう

ホームページを「何で作るか」というのは、実はホームページそのものの良し悪しにはあまり関係しません。
無料ブログでも月に100万人を超える人が訪れることもあれば、100万円かけても月に100人も来ないこともあります。

また、「ホームページ作りませんか?」と言われてホームページ作成会社に100万円払ったとしても、出来上がるのは100万円の価値のあるものではありません。フリーランスなどで作ってくれる人を探した場合、半額以下でもっと良いものが出来るでしょう。

私も依頼されてホームページを作ることはあります。
しかし、まずは自分で作ってみることをお勧めしています。

「お店を毎日掃除するように」と前述しましたが、ホームページとは日々の積み重ねで作り上げていくものです。作ってすぐに沢山人が来ることはまずありません。時間をかけて有益な情報を増やしていくことで、だんだん多くの人が訪れるようになっていくものです。それが出来なければ、どれだけお金をかけても意味がありません。

まずは大金を払うのではなく、初心者でも使いやすい、安価に始められるサービスでホームページを作ってみましょう。
そして、最低半年以上は情報を発信し続け、インターネット上の店舗とも呼べるホームページの運営に慣れましょう。業者を利用するのはその後です。

ゴルフのルールを知らないのに、高級クラブを買っても意味がありません。ワインの味がわからないのに、ロマネコンティを飲んでも渋いだけです。ホームページも同じです。

はじめてのホームページ作成で勧めてるのは「グーぺ」

とは言え、はじめてホームページを作る際は、どこでどうやって作ったらいいのかチンプンカンプンだと思います。
そこで、初心者でも使いやすいサービスを一つ挙げておきます。

私がホームページ作成について相談を受けた際に「最初はこれ」と答えているのは、GMOの「グーペ」というサービスです。

グーぺは「お店のホームページを作る」ということに関しては、値段の割にかなり優秀です。

・操作方法が初心者向け
・ブログではなくホームページらしいホームページが作れる
・デザインを選ぶだけでパソコン、スマホ、タブレット全てに最適化される
・お試し期間が15日あり、お試しが終わっても月額1000円程度で安く利用できる

「あなただけのホームページが1分でできます」をウリにしており、もちろん凝りだせばキリがないでしょうが、パソコンで文字入力ができる、インターネットで分からない事が自分で調べられるレベルの人であれば、誰でも簡単にホームページを作ることができます。

はじめてのホームページ

案ずるより産むが易し。まずはやってみましょう。
無理そうだったら、その時に初めて、業者に頼むことを視野に入れましょう。

何度も言いますが、大切なのは「入れ物」ではなく「中身」です。

数十万~数百万円にもなる業者のホームページ作成に契約する前に、まずは月1000円のグーペでホームページ作りを始めてみることを、強くオススメします。

関連記事