コスパハック

コスパの高いモノ、コト、ライフハックブログ

      2016/07/25

英会話教室には「準備を終えてから」通い始めた方が良い

チェーンではない、小さな英会話教室で半年程レッスンを受けました。
結論から言うと「これ以上続けても意味はない」と考え、半年が経過した時点で継続せずに辞めたのですが、自分でお金を払って実際に通ってみたからこそ実感できたことが多くありました。

今は若干後悔すらしていますが、そんな失敗から得た「英会話教室で得られたもの」と「英会話教室に入る前にやるべきこと」を書いてみようと思います。

英会話教室は英語で会話出来る人が行くところ

英会話教室に入っては見たものの、私は英語が話せません。当たり前です。英語が話せるようになりたくて入ったのですから。

…というのが大きな間違いでした。

英語の話せない私は、当然レッスンでも話せません。ということで下位のクラスでテキストの文章を見ながら、それを声に出して発音することから始まりました。

…これ今までやってきた学校の授業と同じなんじゃ。

そう、基礎的な能力が無いと結局やることは暗記なんです。最低限の会話が出来るように基礎的な文法を覚える。簡単な単語を覚える。文章のパターンを暗記して、自分で文章が作れるようにする。
もちろん声に出して文を読むため発音はしますし、先生の正しい発音を聞くことも出来ますし、先生のアドバイスを受けることも出来ます。

でも、正しい発音はCD付きの参考書でもYoutubeでも聞けますし、発音は家でも出来ます。

結局私は英会話学校で学ぶレベルに達する前に英会話教室に行ってしまったため、高いお金を払って、家で一人でやるべき事を英会話教室で習うことになってしまったのです。

文章が作れないと意味がない

私が英会話教室に求めていたのは「会話」です。
今の時代ネットで良い教材はいくらでも調べられますし、動画や音声もいくらでも転がっているので「読む」「聞く」は家でいくらでも出来ます。
しかし、「会話」だけは相手がいないと出来ません。与えられた文章を読むのではなく、自分で考えた事を伝える、聞かれたことに答える、こういった能力を鍛えたいと考えて英会話教室に入学したわけです。

ところが、文章を作成する能力がなければ「自分で考えた事を伝える」「聞かれたことに答える」ことは出来ません。
結局私の求めていた「会話」は、私の能力ではまだ不可能でした。英「会話」教室に「会話」が出来ない状態で行ってしまったのです。

文章を作成する能力を一から英会話教室で教わる道もあるとは思います。
しかし、それに「ネイティブスピーカー」が必ず必要とも思えませんし、参考書に乗っている文法の解説を受けるのに40分5000円みたいな高額な費用を払うのはいくらなんでもコスパが悪すぎます。

お金が有り余っている人ならともかく、それ以外の人は最低限の文章が作成出来るようになってから英会話教室に行くべきと感じました。

英会話教室に入るまでに必要なこと

英会話教室に入るまでに必要な能力は「文章作成能力」であると言いました。
では「文章作成能力」を身に着けるには何をやれば良いのか。

個人的な見解ですが、私は「瞬間英作文」をやるべきと考えています。
瞬間英作文とは「非常に簡単な日本語の文章を、瞬時に英語に変換できるよう訓練する」勉強法で、簡単な日本語の文章と、それを英語に直した文章が対になって並んでいる教材を利用して行います。

参考価格 1,944 円
価格 1,800
商品ランキング 117 位

「非常に簡単な文章」で言いたいことが言えるの?と思う方もいるかと思いますが、騙されたと思って一度やってみてください。
やってみるとわかりますが、中学校レベルの文章でもそう簡単にスラスラと口からは出てきません。それどころか、英文に直すこと自体出来なかったりします。英文に直せたとしても「三単現のsを付け忘れる」「aやtheが抜ける」「疑問形の文法を間違える」など、中学校1年でやったはずのことすら結構間違えます。

これをしつこく続けると、簡単な英文であれば頭にパッと浮かぶようになります。
私は英会話教室に通い始めてから瞬間英作文に手を付けたのですが、これのおかげで後半はいくらかネイティブスピーカーの先生ともやり取りが出来るようになりました。ただ、始めたのが通い始めて4か月以上経過した時点だったため、自習時間がまだまだ足らないと感じ、半年経過の時点で英会話教室を辞めました。

英会話を学ぶための英語を身に着けよう

瞬間英作文で簡単な英文作成能力を身に着けてからのレッスンは確かな価値を感じました。パターン化した簡単な英文でも、単語を変えれば様々な話をすることが出来ました。
この体験自体は非常に刺激的でためになる体験でしたが、「何故入る前にこれをやっておかなかった…」とかなり後悔しましたし、支払ったお金のトータルを考えると「割に合わない」とも感じました。

私は現在、次に挑戦する予定のオンライン英会話に向けて自習を続けています。

「英会話教室で英語を学ぼう!」と考えるのは当然のことですが、ある程度の文章作成能力を身に付けた後でないと「英会話教室で習うべきこと」は習えません。
割に合わない、コスパの悪い自己投資を避けるために、最低限の自習を行ってから英会話教室を検討することをお勧めします。

参考価格 1,944 円
価格 1,800
商品ランキング 117 位

 - その他・雑記

関連記事

人気記事