アマゾンプライムワードローブは返品無料&返送セット付きの神サービスだった

アマゾンプライムワードローブと言う、アマゾンプライム会員向けのサービスがあります。

普段、アマゾンでファッションカテゴリを見ない人はあまり利用した事がないかもしれませんが、これが他のファッションサイトと比べても比較にならないくらいの神サービス。
誰もが知っているブランドを始め、サイズ選びが難しい靴や下着も無料で試着し放題。しかも返品する際の送料はアマゾン持ち。

実際にアマゾンプライムワードローブを使ってみて、特に「返品のしやすさ」に感動したので、アマゾンプライムワードローブがどんな感じが詳しくレポートしたいと思います。

アマゾンプライムワードローブとは

アマゾンプライムワードローブは、アマゾンの商品の中で「アマゾンプライムワードローブ対象商品」を無料で試せるサービスです。
アマゾンの全ての商品が対象ではなく、対象商品は主にファッションアイテム(服・靴・バッグ等)に限られますが、

・無料で取り寄せ
・気に入らなかったら送料無料で返品
・返品セットが同梱されている

と言う神がかったサービスです。

通常のアマゾンでの返品は、「着てみたら気に入らなかった」などの自己都合の場合、送料は自己負担。梱包材なども自分で用意する必要があります。また、返品伝票を印刷したりなどの手間が結構面倒くさいです。

自己都合で返品してみた記事はこちら

他の通販サイトでも「返品無料」のサービスをしているところはたくさんありますが、「返品の送料が無料」はほとんどありません。これがアマゾンプライムワードローブの大きな特徴。

また、アマゾンプライムワードローブのスゴイところは、返品セットが同梱されているので自分で何か用意する必要がないと言うところです。
「返品用の伝票」も「返送用の送り状」も同梱されているので、商品が送られてきた箱に、同梱されている着払いの送り状を貼り付けて送れば返送終了です。楽すぎる。

アマゾンプライムワードローブを使ってみた

実際にアマゾンプライムワードローブを使ってみたので使い心地や返品の手順などをレビューしたいと思います。

まずは試着したい商品の取り寄せ。アマゾンプライムワードローブ対象商品は、通常の購入(カートに入れる)ボタンの上に「アマゾンプライムワードローブカートに入れる」ボタンがあるので、そのボタンをクリック。通常の買い物カートとは別に、アマゾンプライムワードローブ用のカートがあるイメージです。今回はフィット感が難しい下着2点を注文してみました。

アマゾンワードローブ

アマゾンプライムワードローブ用のカートに入りました。
アマゾンプライムワードローブは2点以上で6点までと言う縛りがあるので、この機会に気になる商品をバンバン追加しましょう。もちろん同じ商品のサイズ違い・色違いの追加も可能。靴などは念のため大きめ・小さめと細かくサイズ違いを入れると良いと思います。

アマゾンプライムワードローブ

試着したい商品をアマゾンプライムワードローブ用カートに入れ終わったら「発送に進む」ボタンをクリックすればOK。
この時点で支払いは発生しません。支払いは試着してみて「購入手続き」を行った際に、初めて発生します。

アマゾン無料試着

注文して翌日には商品が到着。後述しますが、無料の試着期間は「発送完了翌日から7日間」なので、受け取った翌日から無料期間が消化されます。試着したり返送する時間のある時に注文するようにしましょう。中には商品と「返品セット」が入っています。

アマゾン返品無料

こちらがアマゾンプライムワードローブの返品セットの中身。注意書き・返品時に中に入れる伝票・返送用の送り状の3点セットです。返送用の送り状は着払い伝票なので送料は無料。自分の住所氏名は空欄になっているので、使うときに手書きで記入しましょう。

アマゾン無料返品着払い

アマゾンプライムワードローブで全部返品してみた

送られた商品を試着してみたのですが、ちょっとサイズが合わなかったので2点とも返品しました。
アマゾンプライムワードローブは複数注文した商品の「全部返品」も「一部返品」も可能。

アカウントサービス→購入履歴にアマゾンプライムワードローブで注文した商品があるので、「購入・返送手続き」をクリック。

アマゾンワードローブ全部返品

商品が個別に表示されるので、「購入」と「返送」のどちらかを選びます。今回は2点とも返品しましたが、1点だけ返品したい場合は返品したい方を「返送」、購入したい方を「購入」にすれば、個別に返品できます。あとは「返送を完了する」をクリックするだけ。

アマゾンワードローブ一部返品

あとは、送られてきた段ボールに、同梱されていた送り状を貼り付けてコンビニなどから発送すれば返品完了です。楽すぎる…。

アマゾン返品箱

以前、アマゾンで自己都合で返品した際には送り状をプリンタで印刷or自分で伝票を用意して記入する必要があったので、返送用の送り状がついているのは本当に便利です。

アマゾンプライムワードローブの「7日間」返品期間に注意!

アマゾンプライムワードローブの無料試着期間は7日間です。

今回実際に使ってみて気づいたのですが、商品を返送する場合は無料期間中に「手続き」ではなく「返送」する必要があります。つまり、「7日間無料だ~」と7日間ギリギリまで試着して、その後に返送したのでは間に合わない、と言う事です。
コンビニから発送できるとは言え、今日発送しようと思ったけど忙しくて行けなかった、なんて事はザラにあるので返送は余裕をもって行いましょう。

参考までに、私のケースでの具体的な返送期間のスケジュールです。

6/11 注文
6/12 自宅に商品が到着
6/19までに返送

注文画面にも日にちは記載されていますが、〇月〇日までご自宅でお試しください=〇月〇日までに返送してくださいと言う意味なので、返送期間には充分注意して下さい。
試着期間終了の翌日に、注文代金が自動的に請求されてしまいます。

アマゾンプライムワードローブのデメリット

これも実際に使ってみて気づいたアマゾンプライムワードローブの「唯一」とも言えるデメリットですが、アマゾンプライムワードローブでは割引クーポンが適用されません。

アマゾンのファッションカテゴリでは、頻繁に「ファッションアイテム15%オフクーポン」のキャンペーンがあります。
特に下着などは15%オフクーポンの対象になりやすいのですが、15%オフクーポンの対象の場合、商品ページの値段の下に割引クーポンが表示されます。

アマゾンワードローブデメリット

アマゾンプライムワードローブでは、注文時にこの割引クーポンが適用されません。
割引なしの価格で注文→試着→返品しないでそのまま購入する場合、割引なしの価格で支払い、となるので割引クーポンを使いたい人は「アマゾンプライムワードローブからの購入」でなく、手間はかかりますが一度返品してから割引クーポンを使って再度購入するようにしましょう。

ファッションアイテム15%オフクーポンではだいたいいつも同じ商品が割引対象になります。狙っている商品がある場合はウオッチリストに入れてセール期間中に割引対象になるか観察してみましょう。

アマゾンプライムワードローブでオススメしたいアイテム

実際に使ってみて、アマゾンプライムワードローブめちゃくちゃ便利だな、と思いました。
通常のアマゾンでの買い物と同じく、ポチって注文、返品も購入履歴から3クリック。
何より、返送用のセットが同梱されているので、自分であれこれ用意しなくて良いのが最高です!

特にオススメしたいのは「靴」と「下着」。
どちらもサイズ選びが難しい商品なので、無料で何回でも試せるアマゾンプライムワードローブに向いている商品だと思います。しかも家から一歩も出なくていいとか最高か…。

取り扱いブランドも、スポーツブランドやアウトドアブランドはほぼ網羅。下着も有名メーカーが揃っています。今までアマゾンではファッションアイテムを買ったことないよと言う人も、是非一度試してみて下さい!