コスパハック

コスパの高いモノ、コト、ライフハックブログ

      2016/07/25

Twitter、Androidでのコメント付きリツイートのやり方を調べてみた

みんな大好きツイッター、現地時間4月6日に「コメント付きリツイート」ができるようになりました。

早速試してみようと思ったら、やり方がよくわからなかったので調べてみました。

Androidで「コメント付きリツイート」してみよう!

さて、いそいそと自分のAndroidを取り出してやってみようと思ったのですが…できない!
ネットで調べると「いつも通り、普通のリツイートボタンを押すだけでもうできるようになっている」と書いてあるが…できない…。

なんでー!と、さらに調べてみると、なんと!
Androidはまだ対応してませんでした。

ヽ(・ω・)/ズコー

現状はPC版とiOS版のみ利用可能で、公式のアナウンスによると「Android版ももうすぐご利用いただけるようになります」との事。

TwitterJPによるアナウンスツイート

TLを見るとみんなコメント付きリツイートでキャッキャして楽しそうだよ!ぐぎぎ!
Android版も早めにお願いします(´・ω・`)

通常のリツイート、引用とどこが違うの?

リツイート

試しにTwitterJPのツイートをリツイートしてみます。
「リツイート」をするとこんな感じに表示されます。
リツイート

元の発言の下にある「リツイートボタン」を押し「リツイート」を選ぶとできます。
発言を「そのまま」ただもう一度ツイートした形になります。
自分のコメントなどは入りません。

引用

「引用」をするとこんな感じに。
引用
※Androidの友人に引用ツイートをしてもらいました。

元の発言の下にある「リツイートボタン」を押し「引用」を選ぶとできます。
もとの発言を引用した上で、さらに「女性の怖さって何だろう、気になる!」と、自分のコメントを入れられるようになります。
もとのツイートはダブルクォーテーションで囲われてますがちょっと見にくいですね。

コメント付きリツイート

「コメント付きリツイート」はこんな感じ。
コメントRT

元の発言の下にある「リツイートボタン」を押し、コメントを入れてから「リツイート」を選ぶとできます。
引用リツイートと同じく自分のコメントを入れる事ができますが、元のツイートが枠で囲われ、さらに見やすくなりました。

もともとは
・リツイートボタンを押す→「ただのリツイート」/「引用」を選ぶ
と言う仕様でしたが、

・リツイートボタンを押す→コメントを入れると「コメント付きリツイート」、何もコメントを入力しないで空欄のままにすると「ただのリツイート」
と、手順が若干変更になっていました。(公式以外のアプリはまた違うかもしれません)

今回の変更の最大のポイントは「コメント付きリツイート」にするともとの発言が文字数にまるまるカウントされないこと。

たとえば、あなたがいいなと思ったツイートが130文字だとします。
ツイッターの文字数制限は140文字です。

「引用」すると、引用元のツイート文字数もカウントされる為、自分のコメントをつけたいなと思っても10文字しか追加できません。
タイトルが長くURLが入っているニュースや、できるだけ文字数ギリギリまでアピールしたい告知系のツイートなどだと100文字を超えるツイートも珍しくないので、この点は大変不便でした。

ところが、「コメント付きリツイート」は元のツイートの文字数に関係なく、一律で116文字までのコメントを追加できる仕様になっています。
私はわりと元のツイートに対して私はこう思う、でもあれもいいよね、と長めにコメントする事が多いのでこれはとても嬉しい仕様変更でした。

Andoroid版、はよ!

 - その他・雑記

関連記事

人気記事