成城石井の通販比較!どこが一番お得?【公式vsLOHACOvsローソンvsAmazon】

2018-03-13 2018-03-14

コーヒーは成城石井、と決めているのでコーヒーが無くなるたびに近隣の成城石井まで買いに行っています。

しかし、休日の外出のついでにコーヒー豆を買うと重い。
出かける用事もないのにわざわざ電車に乗って成城石井まで買いに行くのもダルい。

ならば成城石井の通販で購入しようと思った所、意外と色々なネットショップで成城石井の取り扱い(ネットショップ支店)があることがわかりました。
それぞれ送料や割引形態などが違うので、自分用のメモも兼ねてまとめておきたいと思います。

成城石井通販の比較表

成城石井の定番コーヒー豆「成城石井 スペシャルブレンド 500g」の価格を比較してみました。

価格 送料 配送
公式通販 1,290円 688円 最短2日以降
LOHACO 1,490円 1,900円以上無料 17時まで翌日配送
ローソン 1,393円 5,000円以上無料 1~2日
Amazon 1,490円 2,000円以上無料 1~4日
AmazonP 1,490円 無料 当日or翌日配送

※AmazonP=アマゾンプライム会員

結論として、一番お得なのはLOHACO、次点でAmazon(プライム会員の場合)です。
詳しく内容を比較してみましょう。

成城石井の公式通販

  • 価格:1,290円
  • 送料:梱包毎に688円+税
  • 配送:最短2日以降
  • 新規会員登録割引:なし
  • 会員登録:Amazonアカウントでログイン可

店頭同様にちょいちょい値下げがあり、単純な商品の価格は成城石井公式通販が一番安いですが、送料が必ずかかる点がネックです。
このご時世「○○円以上で送料無料」が無いのはネット通販としては致命的ですね…。さらに「梱包ごとに」送料がかかるので、2梱包であれば送料が2回分かかります。

成城石井通販

いつの時代の通販だ…と言う印象ですが、成城石井は色々なネットショップに出店しているので(後述のLOHACOやローソンフレッシュなど)公式通販にはそこまで力を入れてないのかもしれません。後述しますが、公式通販よりローソンフレッシュの方がコーヒー豆の種類も多いです。
サービス内容を細かく見てみましたが、残念なことにあえて公式通販を使うメリットが無いので、送料やクーポンでメリットがある他のネットショップを使った方が良いと思います。

公式通販のポイント商品金額は安い
梱包毎に送料がかかる

LOHACO by ASKUL

  • 価格:1,490円
  • 送料:1,900円以上無料
  • 配送:17時までの注文で翌日配送
  • 新規会員登録割引:300円割引
  • 会員登録:Yahoo! JAPAN IDでログイン可

一番使い勝手が良く、なおかつお得で軍配が上がったのがLOHACO(ロハコ)です。
LOHACOはYahoo!とアスクルが運営するインターネット通販サイト。Amazonや楽天と比べるとメジャー感は薄いですが、使い勝手はかなり良いです。

まず、登録されているストアが豊富。
無印良品、成城石井、カルディ、北野エース、DEAN&DELUCAなど「通販で買えたらいいな」と思う店舗が出店しています。
それぞれのネットストアで買うと送料無料のために結構な金額を買わなければならず、各ネットストアで会員登録をするのも面倒です。
その点、色々な店が出品しているLOHACOなら「無印良品の文房具と、成城石井のコーヒーと、カルディのお菓子」など、細かいものを一括会計で買えるのが便利。送料無料になる金額も1,900円以上とハードルが低いので、ネットでは買いづらいお菓子や文房具なども他のものと合わせ買いできます。

ロハコ成城石井

金額面ではTポイントが溜まり、アウトレット品やセール品が豊富と言うメリットがあります。
期間限定ポイント○倍などを上手く利用すると、今回のラインナップの中では最安値
Yahoo!会員、ソフトバンクユーザーは常時ポイントアップなので、日用品をネット購入している人はメインのショッピングサイトをLOHACOに集約するのもアリだと思います。

また、LOHACOだけの魅力となるのが、LOHACO限定商品。
中でも日用品のLOHACO限定デザインがかわいい!
「暮らしになじむデザイン」としてトイレの消臭力、トイレマジックリン、ハンドソープやボックスティッシュなど「常に目に入るけどデザインがちょっと」と言う生活用品がオシャレなパッケージで販売されています。

ロハコ限定デザイン

食品の限定商品も豊富で、特に女性は見ているだけで楽しいラインナップになっているので、是非一度覗いて見て下さい。

デメリットを挙げるなら、商品数が限られている点。
今回の目的である「成城石井のコーヒー」であれば、スペシャルブレンド500g以外はリッチテイスト200g、フレンチロースト180gしかありません。Amazonや楽天のように何でも揃えていると言うよりは、「広く薄く」良いものをセレクトしている品揃えなので、全てをLOHACOで賄おうと思うと物足りないと思う人がいるかもしれません。

LOHACOのポイント出店ストアが魅力的
発送が早く、送料無料のハードルが低い。Tポイントが溜まる
LOHACO限定デザイン・限定商品がオシャレ

ローソンフレッシュ

  • 価格:1,393円
  • 送料:5,000円以上無料
  • 配送:1~2日
  • 新規会員登録割引:300円割引
  • 会員登録:ローソンWEB会員ID、Yahoo! JAPAN ID、楽天会員IDでログイン可

コンビニ「ローソン」のネットショップが「ローソンフレッシュ」。ローソンなので、Pontaポイントが溜まります。

ローソン成城石井

ローソンのオリジナル商品や日用品はもちろん、生鮮食品も取り扱っているのがローソンフレッシュの強み。
ホームページを見てみると「今日のお買い得商品」は豚ももスライスやブロッコリー。スーパーのチラシに近い雰囲気になっています。

ローソンフレッシュは他のネットショップと違い、基本的にネットスーパーとして定期的に買い物する事を想定しています。そのため、送料のシステムがちょっと独特です。

単発で購入する「カート購入」と週に1回定期的に注文する「週イチ宅配」があるのですが、「カート購入」の送料は5,000円以上無料。発送も1~2日と使い勝手は良くありません。

ローソンフレッシュが本領を発揮するのは週1回の定期便「週イチ宅配」。定期的に買い物する代わりに2,500円以上で送料無料、首都圏は冷凍食品が送料無料。食品の価格もスーパー価格なので、スーパー代わりとして定期的に利用するならアリだと思います。

商品数は豊富で、今回比較した成城石井のコーヒー豆はなんと12種類の品揃え!公式通販が9種類なので、公式通販より多いです。
いま話題の「手料理キット(材料がカット済で炒めるだけなどひと手間で料理ができるキット)」にも力を入れているので、共働きの家庭にもいいですね。

ローソンフレッシュのポイントPontaポイントが溜まる
生鮮食品が買える
送料無料のハードルが高いので、週1利用ならアリ

Amazon

  • 【Amazonプライム会員の場合】
  • 価格:1,490円
  • 送料:無料
  • 配送:当日or翌日配送
  • 会員登録:Amazonアカウント必須
  • 【Amazonプライム会員以外】
  • 価格:1,490円
  • 送料:2,000円以上無料
  • 配送:1~4日
  • 新規会員登録割引:プライム30日無料
  • 会員登録:Amazonアカウント必須
参考価格 1,490 円
価格 1,394
商品ランキング 28,643 位

Amazonプライム会員かそうでないかでまったく評価が変わるのが、Amazonです。
プライム会員でない場合、送料は2,000円以上無料で配送は1~4日。他のネットショップがTポイントやPontaポイントを付けている中、Amazonはポイントがつかないのでお得感はありません。

ところが、プライム会員であれば話は変わります。
プライム会員はお急ぎ便が無料なので、当日か翌日には届き、1点でも送料無料。
ネットショップの場合、どうしても「○○円以上送料無料」のために余計なものを買ってしまいがちですが、プライム会員であれば送料を気にせず1点でも注文できるのがAmazonの利点です。

成城石井のコーヒーの品揃えは4種類と多くありませんが、価格も高くなく選択範囲内。冒頭でLOHACOを一番に進めましたが、プライム会員であればAmazonもアリだと思います。
プライム会員でなくても30日間はプライム会員無料なので、まずは「お試し体験」で買い物してみるのも良いかもしれません。

Amazonのポイントプライム会員なら1点でも送料無料
プライム会員なら当日or翌日届く

関連記事