コスパハック

コスパの高いモノ、コト、ライフハックブログ

      2016/09/27

【音楽系7選】アマゾンプライムビデオの無料映画オススメ・いまいち本気レビュー

Amazonプライムビデオは検索が本当に使いづらく、好みの映画がまったく探せません。
また、「オススメ100選」的な記事など読んでみても、ジャンルが幅広すぎて自分の見たい映画を探すのに苦労します。

そこでピンポイントでジャンル別にオススメ映画をまとめてみました。
まずは「音楽・ミュージカル・ダンス映画編」です。

全て視聴済なので、感想も併せて紹介したいと思います。
オススメと一緒に、個人的にいまいちだった映画も併せて紹介します。
Amazonプライムビデオの映画選びにお役立て下さい。

おすすめ4選

ヘアスプレー

昔、友達に勧められて見終わってすぐに「勧めてくれてありがとう!!」と興奮して連絡した思い出深い映画。

「デブはスターになれないのよ」
「ここはアメリカだ!ビックになれ!!」

このセリフが全てを物語るシンデレラストーリー。
ダンスが大大大好きなぽっちゃり女子トレーシーが、憧れのTVショーのレギュラーの座を射止め、番組の人気者になる話。
意地悪なライバル美人母娘にも、持ち前の明るさと前向きさでとにかくめげない!
最初は「なにあのデブwww」と笑っていた周りも、トレーシーが生き生きと踊る姿に徐々に惹かれていきどんどんファンが増えていきます。見ている視聴者もその一人。
「明るく素直な人」には誰もが惹かれるし、好かれるんだなあと言うのがよくわかる映画です。

「とにかく楽しい!踊りたくなる!明るくて前向きになれるよね!」
と言う勧め方をされる映画ですが、この映画の大きなテーマにアメリカの黒人差別問題もあります。
「ニグロデー」と呼ばれるダンスパーティや、白人の差別主義者の行動が、生活の中に当たり前に溶け込んでいる姿が描かれています。
今では考えられないような世界が、普通にそこにあった事に、衝撃を受ける人も多いのではないでしょうか。

主人公トレーシーはダンスを通じて黒人の仲間ができ(ここの「なにそのダンスめっちゃヤバい」「お前もなかなかやるじゃん」的なくだりもとてもいい)テレビ局に対して黒人差別撤廃のデモを起こします。
シリアスなテーマですが、陰鬱になるのではなく、この映画の持ち前の雰囲気に合わせて明るくポジティブに向き合っていこうという形で表現されているので、見ている方も素直に受け止める事ができます。

「シカゴ」の制作陣が作ったミュージカル映画だけあって、音楽、ダンス、テレビ番組、60’sの古き良きアメリカの雰囲気がこれでもかと高いレベルでギューッと詰め込まれてる一本。
60’sいいよ…たまらないよ…。

主人公トレーシーは確かに超キュートだけれど、芯の通った強さは、むしろ男らしさすら感じます。
キャッキャしてるだけのガールズムービーはちょっと苦手だなーと言う人にもオススメ。
シンデレラはシンデレラでも、トレーシーは戦うシンデレラだ!

※ちなみにトレーシーのお母さん役は「パルプフィクション」のジョントラボルタ。(お父さん役でなくお母さん役…!)
トラボルタ好きとしてはそれだけで一見の価値あり。

価格 300
商品ランキング 29,196 位

スクール・オブ・ロック

ロックを愛する熱い男(でも飲んだくれのクズ)な主人公デューイが、金稼ぎの為にあれこれ嘘をついて名門小学校の代用教員に成りすます話。
当然授業なんてできるはずもなく、勝手に子供たちに音楽(ロック)を教え初め、子供たちも徐々にロックに目覚め…と言う内容。

主人公役のジャック・ブラックのクズっぷりがいい!
腹は出てるし、ずる賢いし、自分の事しか考えてないどう考えてもダメ人間。
ルームメイトの友達がかわいそうになってしまうほどの迷惑男なのに、聞かれてもないのに小学生相手にロックの歴史とか夢中で語っちゃうあたり、ウザすぎるんだけど、何故か憎めないロック馬鹿。

名門小学校の優等生ちゃんの生徒たちも、それぞれ個性があって魅力的。
仕切りたがりの委員長、サマー。本当は歌いたいけど太ってる自分に自信が持てないトミカ。厳しい親にクラシックギターしか弾かせてもらえないザック。
規律の厳しい小学校で親にも先生にも「いい子」でいる事を期待されて、抑圧されていた子供達が、音楽とロックの楽しさに目覚めてキラキラと笑顔になっていく過程が最高!
こういう「天使にラブソングを」的な、自分に自信が無かったり、憤っていたりする人間が解放されて輝いていく!って映画は大好物です。

最後は、先生が偽先生とバレて親や教師に捕まりそうになるところを、ボロワゴンに乗って強行突破でバンドバトルに出場!
ラストのライブシーンは子供たちが本当に楽しそうで、輝いていて、こっちまで嬉しくなっちゃう。
ステージの子供たちを見て驚く親の反応も良くって、嬉しくてウルッと来た!
このシーンは是非映画をご覧ください。
ラストのラストの「その後」のおまけシーンも好き。

全体的に軽めのノリのコメディ。
頭を使わずに見れて、楽しく痛快、見終わったあとはスッキリ幸せな気持になれるので万人にオススメです。

価格 300
商品ランキング 3,142 位

ムーラン・ルージュ

フランスの娼婦の館「ムーラン・ルージュ」を舞台にした、高級娼婦サテーンと貧乏作家クリスチャンのラブストーリー。
ニコール・キッドマンとユアン・マクレガーと言う美しい男女はもちろんですが、アカデミー賞で美術賞と衣装デザイン賞を取った豪華絢爛な舞台と衣装がものすごい!

1900年のパリが舞台になっていますが、そのままではなく至る所が現代風にアレンジされている所がキモで、CGもバリバリに使っていることで絵本のような、作り物の紙芝居のような、奇妙で独特な(でも恐ろしく美しい)雰囲気になっています。
選曲もマドンナ、ビートルズ、エルトン・ジョンからデビッド・ボウイまで現代的。
「1900年のパリ」と「現代感」の組み合わせ具合に妙な非現実感があって、見ていてちょっと不安になるような、引き込まれるようなユラユラ感が絶妙な出来になっています。
あまり引き合いに出されることはないけど、ティムバートンとか好きな人は好みに合う気がする。(私がそうなので)

一部で評価の高い映画ですが、この映画を「退屈」「眠くなった」と言う人も多いです。
それもそのはず、話自体はよくあるラブストーリー。
「花形スターと貧乏作家の恋」に「結核」と言うキーワードでおそらく想像した内容そのままのストーリーで意外性はゼロです。
ストーリー自体に期待してはいけません。
この映画はストーリーを楽しむ映画ではなく、ストーリーをゴテゴテと飾る華やかな映像と音楽にウットリすればそれで良いのです。そういう映画です。
個人的には大好きです。

価格 250
商品ランキング 69,944 位

バーレスク

セクシーなダンサーたちがゴージャスなショーを繰り広げる大人のクラブ「バーレスク」。
歌手を夢見る田舎娘のアリが抜群の歌唱力とダンスの才能でのし上がるストーリー。
音楽物はシンデレラストーリー多いですね。

世界レベルの人気を誇るアメリカの歌姫クリスティーナ・ア­ギレラが主演なので、ヘビー級の歌唱力とダンスは折り紙つき。
ステージ上の迫力はさすがプロ!ですが、意外に(?)イモい田舎のねーちゃん役も似合っていました。

アリが初めてバーレスクに足を踏み入れたときに、ショーを見て衝撃を受け、一瞬でステージの魅力に引き込まれるシーンが好きです。
ここで視聴者もクラブ「バーレスク」にガツンとやられます。

この映画で見るべきはバーレスクのゴージャスで、セクシーで、ハンサムなショー!
その一点に尽きます。

ストーリーは陳腐で、サクセスストーリーでありながらそれほど困難もなく、問題も起きますが痴話げんかみたいな事ばかりなので、その辺の「困難を乗り越えて成功した」的なカタルシスを得る事はできません。

この手の映画は結局どれも同じようなストーリーになってしまいがちですが、「バーレスク」はとにかくいかにショーをパワフルに、魅力的に見せるかに集中したところが、映画として逆に潔くて好きです。
そのため、所謂「ショーを題材にした映画」というよりは「バーレスクのステージをそのまま撮影した」ものを見てる、と言う感覚が他の映画とちょっと違うところだと思います。
「何かパーッ!としたショーが見たいぜ」と言う気分の時に、お酒を片手に、クラブ「バーレスク」に来店する気持で鑑賞するのが一番オススメの楽しみ方です。

女性は誰でも好きな映画だと思います。
ダイエットに良さそう。(これ見たらダイエット頑張れると思う)
こういう映画は男性はどうなんでしょうね。
オーナーのテス(ジャケット左)がどうしてもガラスの仮面の月影先生に見えてしまいますが気にしたら負けです。

価格 300
商品ランキング 10,354 位

いまいち3選

アンコール!!

良くオススメされている音楽映画。
「ロンドンいち気難しい老人」72歳のアーサー。
ロックやポップに挑戦する老人だらけの合唱団「年金ズ」が楽しみの妻マリオンにガンが再発し、最愛の妻の代わりにアーサーが合唱に参加することに…。
と言う個人的に100点満点のストーリー。
予告編も100点満点だったのに、何故か本編は消化不良…。

思い返してみても、何がいまいちだったのか良くわからない。
今見ても予告編は涙が出るのに、本編は何故か印象に残らなかった。ごめんなさい。
静かな雰囲気でゆっくりと進むストーリーだけに、起伏に欠けたのかもしれない。

価格 400
商品ランキング 6,748 位

ドラムライン

アメリカンフットボールのハーフタイムに行われるマーチングバンドの話です。
日本ではあまりなじみがありませんが、外国では花形の存在なようですね。

ハーレム出身の主人公デヴォンが、名門マーチング・バンドにスカウトされ成功する青春サクセスストーリー、と言う内容ですが、この主人公がひどい!
天才的な才能を持っているので、協調性が無く自分勝手な行動やワガママやり放題です。

こういう話の場合、途中で仲間や指導者の大切さに触れ、マーチングバンドのチームワークに目覚め、みんなで協力して大団円、となるケースが多いですが、結局最後まで主人公の独壇場。

色々トラブルがあったり、主人公もちょっとは反省したりはしますが、結局周りも上手いから許しちゃう(最後の大舞台でも主人公は出場停止になっているにもかかわらず、主人公出さないと勝てないし出場させた)みたいな内容で個人的には納得いきませんでした。

ワガママでも強ければいいのかーーー!!
マーチングバンドやリズム隊は大好きなだけに残念。
レビューが好評なのが謎。

価格 250
商品ランキング 15,301 位

オーケストラ!

ボリショイ交響楽団の劇場清掃員として働いている元天才指揮者が、昔の仲間を集めボリショイ交響楽団を名乗ってパリの一流劇場でのコンサートをやってしまうと言うフランス映画。
共産主義時代にユダヤ系演奏家たちの排斥を拒絶して解雇された天才指揮者、公演中にパージされたユダヤ系演奏家たちが、チャイコフスキーで圧巻の演奏を見せます。

が…30年ぶりの舞台なのにリハーサルせずぶっつけ本番ってのはちょっと…さすがに…。
クライマックスまでの団員たちのドタバタコメディ調の部分も、それなら練習しとけよっていう…。
コメディなのか?社会派なのか?よくわかりませんでしたが、どちらかに振れた方が良かったのではないかと思う映画でした。

価格 400
商品ランキング 2,374 位

Amazonさんへのリクエスト「ブラック・スワン」

個人的に無料に追加して欲しいリクエスト「ブラック・スワン」。
「白鳥の湖」のプリマ・バレリーナに選ばれた、真面目、清純、優等生なバレリーナ、ニナ。
純潔なホワイトスワンは完璧に踊れるが、邪悪なブラックスワンが踊れない。
過度のプレッシャーや強迫観念から、少しずつ心のバランスを崩しておかしくなっていくニナ。
異常心理の中で現実と妄想がわからなくなり、狂気の世界にはまっていく様子がすさまじい映画。
是非プライムビデオにお願いしたい!
(音楽映画でいいのか?サイコホラーかな…)

価格 250
商品ランキング 4,955 位

Amazonプライムビデオについて

説明不要だと思いますが、最後にAmazonプライムビデオについて。

Amazonプライムビデオは、3900円(税込)の年会費でAmazonプライム会員になると無料で見る事ができます。
Amazonプライム会員はお急ぎ便や日時指定便を追加料金なしで無制限に使えるほか、Prime Musicで100万曲以上の楽曲を楽しめる、Kindleオーナーライブラリーで対象本を1か月に1冊、無料で読むことができるなど色々な事が無料で楽しめるサービスです。(先日プライムラジオもサービス開始されましたね)
月300円程度でこれだけの無料サービスを楽しめるのは満足度高いです。

プライムビデオ中心に楽しむ人は、ベッドでのゴロ見に最適なFire タブレット(これもプライム会員なら4000円OFF)も持っておくと良いです。

参考価格 8,980 円
価格 8,980
商品ランキング 4 位

大画面で見たい人は、HDMI端子対応のテレビに挿すだけでビデオを楽しめるFire TV Stickもオススメです。

参考価格 4,980 円
価格 4,980
商品ランキング 3 位

 - その他・雑記

関連記事

人気記事