牧場・村系の箱庭アプリで早起きできるようになった話

2017-07-24 2017-08-23

子供の頃から早起きできませんでした。

何度起こされても、何個目ざましをセットしても、どうしても起きれません。
ネットで書かれているような「早起きできる方法」はほとんど試しましたが、最初は起きれても数日でまた元通り。同じ悩みを抱えている人は多いのではないかと思います。

同じ悩みで苦しんでいる人のために、そんな私が唯一効果があり未だに続いている「早起きできる方法」を伝授したいと思います。

そもそも、なぜ起きられないのか

「早起きできない人」と一口に言っても、それぞれタイプがあります。
私の場合は、「目が覚めたことに気づかずに、二度寝するタイプ」でした。

最初は睡眠が深く、自分が目覚ましに気づいていないのかと思いました。
こういう人は、ベッドから離れた位置(歩かないと届かない位置)に何個か目覚まし時計を置いてみましょう。朝起きた時に、目覚まし時計が止められていたら、一度は歩いて目覚まし時計を止めていた事になります。

しかし、起きた時にはその記憶がありません。
目覚まし時計を止めて、またベッドに戻って二度寝したにも関わらずその記憶がないので、朝起きた時には「いつのまにか目覚ましが止められてる!」と寝坊することになるのです。

こういうタイプの人が早起きするのは難しいです。
目覚ましに気づかないのであれば、音量を大きくするなど改善のしようがあります。しかし、自分で目覚ましを止め、その記憶がないので改善のしようがありません。

どうしたら早起きできるようになるのか

無意識に二度寝してしまい、起きた時にはその記憶が無いタイプの人が早起きするには、どうすれば良いのか。

その原因を段階的に探ってみると、解決のキーは「最初に目を覚ました時」にあります。
一度は目を覚ましているはずなので、そこでしっかりと起きる事ができれば、二度寝を防ぐことができます。

それには「最初に目を覚ました時に、完全に意識を覚醒させること」が唯一の解決方法です。
半分眠った状態で目覚ましを止めるから、また二度寝してしまい、その記憶がないのです。
どんな状態でも一度目は覚めているのですから、その状態で完全に意識がはっきりするまで覚醒すれば、二度寝は防げます。

その点に注目して、目覚ましを止めるには暗号が必要になるとか、パズルをやらせるタイプの目覚まし時計や目覚ましアプリがありますが、この類の商品にはひとつ欠点があります。

それは、「起きる方にパズルをするメリットが無い」ことです。
起きた時は、とにかく眠い状態です。このまま寝たら遅刻する、怒られる、そう言う所まで考えが及ばず、目先の睡魔を優先させてしまうから二度寝してしまうのです。

試した人は分かると思いますが、パズルをして目覚ましを止めるくらいなら、スマホの電源を切ってもう一度寝ます。それくらい、起きぬけの睡魔の誘惑は強烈なのです。真に二度寝を防ぐのであれば、「睡魔の誘惑に勝てる何か」が必要です。

牧場・村系の箱庭アプリで早起きできるようになった

早起きできないのはしょうがない、自分はそういう人なんだ、一生治らないんだ、と開き直りとも取れる諦めの境地に達した時に、偶然出会ったのが、牧場・村系の箱庭アプリです。

知らない人に簡単に説明すると、牧場・村系の箱庭アプリとは自分の村で農作物を育てたり、自分の街に建物を建てたりして楽しむゲームです。何が楽しいのかわからないと言う人も多いかと思いますが、自分の村で野菜を育て、収穫し、料理を作って納品していくという作業は小さな達成感がお気軽に味わえ、ハマる人にはハマる魅力があります。難しい攻略などがなく、誰でも手軽にスキマ時間で楽しめるのも人気の理由です。

最初は早起きとまったく関係なく、単に面白そうだからと言う理由でゲームをはじめましたが、やってみるとこれが早起きに絶大な効果を発揮しました。

なぜ牧場・村系の箱庭アプリで早起きできるようになるのか

ゲームをやってみるとわかるのですが、基本的にこの手のゲームは続ければ続けるほど、一つの物をつくるのに時間がかかるようになります。

例えば、最初はパンを焼くのにかかる時間は5分(5分後に出来上がるので収穫しに行く)ですが、そのうちこの料理を作るのは3時間、6時間と時間がかかるようになっていきます。村系アプリで建物を作るのも同様で、最初は30分だったのがそのうち10時間とかになっていきます。

そのため、この類のゲームはやっていくほどに「長時間かかるブツをいかに早く収穫して、次の種を蒔くか」みたいな所に集約される訳です。

ここで重要になるのが睡眠時間です。
起きている時はちょこちょこアプリを起動して収穫していれば問題ないのですが、寝ている時間は8時間近くゲームが放置されます。だんだん寝る時間(その間に放置される時間)がもったいない、と思うようになりますが、逆を言えば睡眠時間は絶好の「育て時間」です。長時間かかる農作物や建物をセットしておくのにうってつけの時間となります。

そのため、朝起きた際は一刻も早く出来上がったブツを回収して次の種を蒔かなければ、と思うようになります。
また、長時間放置されることにより、朝起きた時はかなりの量の作物なり建物なりが出来上がっています。
牧場・村系の箱庭アプリでは「出来上がった状態で放置しておく」のは「損」(早く収穫して次の種を蒔かないともったいない!)と言う心理が働くので、目が覚めた時点で馬車馬のように収穫作業に取り掛かるようになります。

ここで思い出して欲しいのが、前述した「早起きするには、起きる側に睡魔の誘惑に勝てるメリットが必要」と言う話です。
牧場・村系の箱庭アプリをすることによって、私には起きてすぐに収穫をする、と言う(私にとっての)メリットが生まれました。その為、今までは目が覚めた際に半分寝ぼけた状態ですぐに二度寝していましたが、今は目が覚めた際に「収穫!!!」と睡魔に打ち勝ち、収穫作業にいそしむようになりました。

余談ですが、夜寝れない人の原因によくスマホが挙げられます。
スマホから発せられるブルーライトや目が疲れる点などが原因とされていますが、これは逆に「目が覚める」というメリットとして利用する事もできます。

私は朝、起きてからしばらくは意識が覚醒せず1時間くらいボーッとしている事が多かったのですが、ゲームをするようになってから意識がハッキリする時間が早くなりました。頭を使うようなゲームだと、なお良しです。

オススメの牧場・村系の箱庭アプリ

牧場・村系の箱庭アプリが好きなので、今まで色々と試してきましたが、その中で私がオススメしたいアプリを3つ紹介したいと思います。3つとも毛色が違うゲームなので、軽くやりたい、本格的にやりたい、自分の好みに合わせて選んでみて下さい。

ディズニー・マジカルファーム

普段ゲームアプリをしない人でもプレイする人が多く、一時期世界的にブームになった農場ゲーム「ヘイデイ」を丸パクリしたなぞりながら、ヘイデイのマイナス点であったビジュアルをディズニーと言う最高のキャラクターで改善したのが「ディズニー・マジカルファーム」。通称ディズニー牧場。

基本的には自分の農場で農作物を育て、料理を作り、ディズニーのキャラクターが「これ食べたい」「あれが欲しい」と言ってくるリクエストに答えて作ったものを納品する内容です。

ディズニー マジカルファームの一番の魅力はやはり見た目のかわいさ!
ディズニーのキャラクターの再限度も高いですし、自分の分身であるアバターの洋服なども豊富なので着せ替えを楽しみたい人にもオススメ。実用的な部分だけでなくかわいいベンチや噴水などの飾りを置いて自分の農場をデコったりと、とにかく見た目がかわいくて癒されるので、やってて楽しいです。

ゲーム自体は単純で難しい所は何もないですし、他のプレイヤーと競うような要素もないので平和。
一人でのんびり進めたい人にオススメのゲームです。

デコれるディズニー牧場:マジカルファーム

デコれるディズニー牧場:マジカルファーム
無料
posted with アプリーチ

ランブル・シティ

あまり有名ではありませんが個人的に好きなのが、コロプラ運営の「ランブル・シティ」。
街作りゲームとして有名な「シムシティ」のように、自分の街に建物を建て、電気や水を通し、人口を増やす事が目的のゲームです。

ランブル・シティの面白い所は、街作りゲームなのに対戦機能があるところ。
最大4人で建築合戦(スピーディに建物を建て、時間内により多くお金を生み出した方の勝ち)ができますが、リアルタイムでの対戦になるので時間が拘束されるのが嫌で私はあまり参戦していません。

イベントも豊富で、プレイヤー同士で街を訪問したり、ゆるく協力するようなイベントもありますが、イベント・対戦はやらなくても問題ないので自分の街に引きこもってコツコツ街を発展させるだけでも楽しいです。

電気や水道を上手く配置したりと、配置ゲー的なところもあり、個人的には簡単すぎず、難しすぎず、ちょうど良く楽しめるバランスが気に入ってます。

ランブル・シティ(Rumble City)

ランブル・シティ(Rumble City)
開発元:COLOPL, Inc.
無料
posted with アプリーチ

クラッシュオブクラン

ガチ勢も多くいるので、本格的にやるのであればと言う事でオススメするなら「クラッシュオブクラン」。
こちらも世界的に大ヒットしてテレビCMも放送されていましたね。

今までの箱庭系と違って、対戦する事が目的のゲームなので、ゆるーく楽しむと言うよりは完全に勝ちに行くことを目的にするゲームです。

自分の村に建物を立てていくのは他の箱庭系ゲームと同様ですが、他のプレイヤーからガンガン攻められるので壁を作ったり、迎撃する大砲を置いたり、兵を配置したりして、何とか村を守れるよう村作りをしていきます。それでも、朝起きた時に自分の村が焼け野原になった時の絶望感は異常…。

反対にこちらから他の村に攻め入ってボコボコにすることもできます。
どちらにせよ、のんびりした人ではなく、好戦的な人に向いているゲームです。

クラッシュ・オブ・クラン (Clash of Clans)

クラッシュ・オブ・クラン (Clash of Clans)
開発元:Supercell
無料
posted with アプリーチ

牧場・村系の箱庭アプリは諸刃の剣

早起きできる方法として、牧場・村系の箱庭アプリはかなりオススメです。
自分が長年早起きできなかったからこそ、力強くオススメしたいと思っています。

しかし、何のアプリでもそうですが、何かのゲームにハマればハマるほど、時間は取られます。今まで他の事に使っていた時間は、ゲームをはじめる事によって確実に減ります。

早起き出来るようになった代わりに、仕事中もゲームが気になってサボりがちになった、家に帰ってからもゲームばかりで家族との会話が減ったなど、マイナス方面に作用してしまうこともあります。それどころか、アプリをやっていて寝る時間が遅くなり、アプリが原因で寝坊したこともあります。

アプリは諸刃の剣です。ご利用はくれぐれも計画的に!

関連記事