アイコスのネット予約はもうガラガラ、予約なしでも今なら買える?

2017-09-27

人気の電子タバコ「アイコス」。ずっと入手困難で高額転売が横行していましたが、予約方法が変わり手順さえ踏めばほぼ誰でも買えるようになりました。

デビュー直後のアイコスは予約ができず店舗での「先着順」販売だったため、アイコス原宿店では開店前に長蛇の列ができました。始発どころか、深夜から並ぶ徹夜組も出て、ちょっとした社会現象になったほどです。

その後は、eparkと言う予約サイトでアイコスストアへの来店予約(=購入予約)ができるようになりましたが、この予約がまた取れない!アイコスの購入予約をするために、パソコンの前に貼りつく日々が続きました。

現在、アイコスはeparkでの予約をやめ、アイコス公式サイトで来店予約を行っています。
実際に予約をしてみましたが、どこをどうしたらそうなるのかはわかりませんが、今まで秒速で埋まっていた予約が今はガラガラで週末でも余裕で予約ができます。欲しい人にはだいぶ行きわたったと言う感じなのでしょうか。

今回は、新しいアイコスの予約方法(購入方法)と、現在の予約状況、予約なしでも買えるのか?を解説したいと思います。

2017/08/03からアイコスの予約方法が変更に

前述の通り、以前はeparkと言う予約サイトでアイコスストアの来店予約をしていましたが、今はアイコス公式サイトで予約ができます。
アイコス公式サイトの「店舗情報」のページから行きたい店舗を選択すると、抽選や面倒な手続きなしで、すぐに予約ができます。

現在、原宿、渋谷(期間限定店)、銀座、名古屋、名古屋2、仙台、梅田、心斎橋、広島、福岡の全店で予約を受付中。

予約枠は店舗によりますが、アイコス原宿は2週間先まで予約OK。新しくオープンしたアイコス名古屋は、9月末までの予約は9月1日から、10月末までの予約は9月25日から可能です。このあたりは店舗によって違うので、行きたい店舗の予約ページを確認してみましょう。

人気の原宿、新オープンの名古屋も予約はガラガラ

実際に予約ページを見てみましたが、人気のアイコス原宿、新オープンのアイコス名古屋もガラガラです。直前でも週末の予約が余裕でできます。

アイコス予約

eparkで必死に予約した身としては、あの予約戦争は何だったんだ…と思わないでもないですが、それだけアイコスが広まって予約が取りやすくなったのかと思うとアイコスユーザーとしては嬉しいです。父がアイコスが欲しいと言うので、さっそく銀座店の予約を取りました。

eparkでの戦いの記録はこちら↓

期間限定のアイコス渋谷も余裕

8/10から10月末まで期間限定でオープンするIQOSphere渋谷も余裕で予約できます。オープンしている期間が短いので、さすがに予約は埋まるだろうと思っていたのですがそんなことはなく、いまのところ全日空いています。

アイコス渋谷はアイコス2.4plusキットとアーティスト限定ケースがセットになったシブヤ限定IQOSセットのみ販売で、一般IQOSキットの販売は無いので「普通のアイコスセットのみ」が欲しい人は要注意です。

・アイコス2.4plusキット:10,980円(クーポン使用で7,980円)
・シブヤ限定IQOSセット:13,960円(クーポン使用で9.960円)

「シブヤ限定IQOSセット」は、普通のアイコス2.4plusキットに限定ケースがついているだけなので、要は限定ケースを3,000円で欲しいか?と言う話ですね。

アイコス渋谷限定

限定ケースの値段が公開されてないので分からないのですが、私が以前アイコスストア原宿と銀座で購入した限定ケースは1,000円と1,500円だったので限定ケースだけで3,000円はちょっと高い気がします。アーティストコレクションの限定ケースは予約不要で購入できるので、気になる人は予約せずに直接店舗を覗いてみると良いかもしれません。

アイコスは予約なしで買える?

今はアイコスストアの来店予約がガラガラで、誰でもすぐに予約できる事がわかりました。これだけガラガラであれば、予約なしで直接アイコスストアに行けば購入できるのではないでしょうか?

結論から言えば、基本的には予約しなければ買えないと思っておいた方が良いです。
アイコス名古屋で予約しなくてもフラッと立ち寄って買えた~と言う話も見ましたが、あくまで「店舗に余剰在庫があり」「他の予約客がいない」場合に限ります。

同じ名古屋や大阪で予約なしの購入は断られたと言う話も見ましたし、実際に私が原宿や銀座に行った時も、次々と入ってくる予約なしのお客さんは全部断っていました。「予約しない」メリットは特にないので、確実に欲しいのであればやはり予約するのが一番だと思います。

ちなみに、どのアイコスストアでもIQOSキット(本体のセット)ではなくヒートスティック単品やアクセサリー類の購入は予約不要との記載があります。あまりいないと思いますが、ヒートスティックのみが欲しい、ケースのみ欲しい人は予約しなくても直接アイコスストアに行けばその場で買えます。

コンビニなら予約なしでも買える

一時期は絶望的だったコンビニでのアイコス販売も、徐々に購入報告が増えてきました。
特にセブンイレブン、ファミマでの購入報告が多いですね。ローソンはあまり見かけませんが、コンビニ全体での入荷数は目に見えて増えています。

以前はコンビニの入荷トラックを狙って入荷分のアイコスを買い占めていく転売ヤーもいたようですが、アイコスストアの来店予約で普通に買えるようになったおかげで転売価格も下がり、コンビニの在庫が駆逐されなくなった事も買いやすくなった原因だと思います。

去年、ファミリーマートでアイコスの予約をお願いしたところ半年以上先の予約でした。諦めてeparkでアイコスストアの予約を取りましたが、その頃に比べるとだいぶコンビニの予約もしやすくなっているのではないかと思います。

アイコスを予約して購入する際の注意点

アイコスストアの予約をしてアイコスを購入する場合、いくつか注意点があります。

アイコス予約注意

・一回の予約につき、購入は一台のみ
・お客様情報の内容が一致しない場合は対応しない
・「運転免許証」もしくは「健康保険証+顔写真付き証明書(社員証・パスポートなど)」が必要

以前は保険証のみでもOKでしたが(私は保険証のみで購入しました)、現在は顔写真つきの身分証明書が必須になっています。

「お客様情報の内容が一致しない」と言うのは、予約した人とアイコスストアに買いに来た人が違う、つまり代理購入は出来ないと言う意味だと思います。Aさんが予約してBさんが買いに行くのはNGです。

アイコスは人の分をプレゼントとして購入するのはOKなので、代理で購入したい場合は予約&来店は自分で行い、製品登録せずに購入して相手に渡しましょう。

アイコスの譲渡についてはこちら↓

自分のアカウントに登録してしまうと、譲った時に保証期間が短くなるので注意!↓

予約してアイコスストアに行こう!

アイコスストアはラウンジでドリンクが飲めたり、色々な味のアイコスが試し吸いできたりとサービスも充実しています。特にアイコス銀座は本格的なコーヒーやお酒も楽しめて楽しい!

いまならいつでも予約できるので、アイコスの購入を考えている人は是非予約してアイコスストアを訪れてみて下さい!

アイコス銀座のレポートはこちら↓

関連記事