アイコスにvapeをプラス、禁煙・減煙と節約効果はどうだったか

2017-08-30 2017-09-13

少しでもニコチンの摂取量を減らそうと、減煙目的でvapeを購入しました。

私は普段アイコスを1日1箱(20本)ペースで吸っており、vapeはまずはアイコスと併用と言う形で導入しましたが今のところ順調に減煙成功しています。

長年喫煙週間のある生活で実際vapeを使ってみてどれくらい減煙できているか、またvapeを併用することで費用は増えたのか?減ったのか?など、詳しくレポートしたいと思います。

同じように紙巻き煙草・アイコスから禁煙・減煙目的でvapeを購入しようと考えている方は、一つのモデルケースとして参考にしてみて下さい。

vapeの禁煙・減煙効果

vapeを購入してみて、煙草(アイコス)の本数は明らかに減りました。
私の場合、vape購入前の1日1箱(20本)ペースから約半分の1日10本ペースへと半減しています。

iqosとvape

vapeを実際に使ってみて思うのは、チェーンスモーキング(何本も続けて喫煙)する人には特に効果的、と言う事です。

私は自宅で仕事をしており自由に煙草が吸える環境なので特にチェーンスモーキングになりがちなのですが、まずは1本目にアイコス、2本目以降はvapeと言う使い方をしてみた所、わりとすぐに煙草の本数は減りました。

vapeはやはり煙草・アイコスより吸い心地は物足りなくなるので、いきなり煙草からvapeへ完全に切り替えるのは難しいのですが、2本目として吸うのは違和感も少なく、vape導入時には特にオススメの使い方です。自宅でのリラックスタイムや飲み会でついついチェーンスモーキングしてしまうと言う人には相性抜群だと思います。運転中に煙草を吸う人にも向いているかもしれません。

逆に食事の後だけ吸う人や、職場で喫煙できない環境の人など、1日数本ペースの人は目に見えた禁煙・減煙効果は出にくいかもしれませんが、帰宅後の時間や休日だけでも煙草とvapeを併用してみると効果を感じられると思います。

vapeにかかる費用

vapeにかかる費用と言うのは非常に計算がしにくいです。煙草と同様、1日何本吸うかによって変わりますし、その他もろもろの要素によって変化します。

vapeにかかる費用と言うのは主に下記の2つです。
1.リキッド代
2.コイル代

vapeはリキッドと言う液体を気化して、その水蒸気を吸うので吸う回数が多ければ多いほどリキッドの減りは早くなります。また、パワーの強いvape本体を選べばそれだけ気化するパワーも強くなるので、やはりリキッドの減りは早くなります。煙がたくさん出る「爆煙タイプ」と呼ばれるvape本体などはそれに当たります。

私の選んだvapeはペンギンと言うパワーが強めのタイプなので、選ぶvape本体によってはもう少しリキッドの消費量は少なくなるかと思います。

コイルはリキッドを熱する部分で、アイコスで言うブレードにあたります。コイルは消耗品なので、vapeでは定期的にコイルの交換が必要となります。消耗具合によって交換頻度は変わりますが、vapestudioの店員さんいわく交換の目安は1ヶ月との事です。

vapeの節約効果

以上を踏まえてあくまで私個人のケースですが、日常的にかかるvapeのコストを計算してみましょう。

リキッドはNINJA WORKZの水遁。30mlで約2,000円です。

vape本体「ペンギン」の専用コイル。5個入りで約2,000円です。

リキッドの減り具合をしばらく計測してみましたが、だいたい3日間で5mlほどでした。30日間で50mlの計算になります。私は家にいる時間が長いので、普通の人はもう少し少なくなるのではないかなと思います。

1ヶ月のリキッド代:約3,300円
1ヶ月のコイル代:約400円
1ヶ月のvapeコスト:3,700円

次にアイコスで減煙できた分の金額を計算してみましょう。
今までは1日1箱=1ヶ月30箱。これが半分になったので1ヶ月で15箱分の減煙です。アイコスは1箱460円なので、6,900円の節約になります。

1ヶ月のアイコス代:マイナス6,900円

「アイコスのみ」から「アイコス+vape」にして、vape代がプラス3,700円、アイコス代はマイナス6,900円、差し引き1ヶ月3,200円の節約になりました。

vapeのリキッドはもっと安いものもあるので、安いリキッドを選んだりパワーの弱いvape本体を使う場合はさらにvapeにかかる費用は少なくなり節約効果は高くなると思います(吸い心地と言う意味ではパワーの弱い機種を選ぶ事はオススメしませんが)。

vapeで減煙効果と節約効果はあった

あくまで私のケースですが、アイコスにvapeをプラスした事で減煙効果と節約効果がありました。

もともとニコチンを減らすためにvapeを購入したので費用については期待していなかったと言うか、逆にコストがかかってもいいかなくらいの気持ちでいたのですが、結果的に節約にもなっていたのは嬉しい発見です。

普段どれくらい煙草を吸うか、どんなvape本体&リキッドを選ぶか、どれくらいのペースでvapeを吸うかによってかかる費用は変わってきますが、そもそも煙草自体が高価なものなので大抵の人はかかるコストは減るのではないかと思います。

vapeはアイコスやプルームテックと違い本体も安いですし、迷っている人はお試しのつもりはまずはトライしてみてはいかがでしょうか?

煙草・iQOS吸いがvapeでの禁煙・減煙に失敗しないためのコツはこちら!

iQOSからの乗り換えにオススメのvape機種はこちら!

関連記事