軽井沢プリンスホテルイースト(リニューアル後)宿泊記(温泉・朝食・その他編)

2017-07-20 2017-08-17

リニューアルした軽井沢プリンスホテルイーストに宿泊してきました。

「森をイメージしたアートを散りばめた空間」というコンセプト通り、とてもオシャレで爽やかな空間での滞在となり大満足。朝食もとても美味しかったです。

前回は部屋の様子、ラウンジの様子などをレポートしたので、今回はレストランや温泉「フォレストホットスプリング」についてレポートしたいと思います。

部屋やラウンジの様子はこちらをどうぞ!

軽井沢プリンスホテルイーストの温泉「フォレストホットスプリング」

軽井沢プリンスホテルには、ホテル敷地内からくみ上げた天然温泉の温浴施設「フォレストホットスプリング」があります。

軽井沢プリンスホテルはイースト、ウエスト、ヴィラなど様々な宿泊施設がありますが、現在「フォレストホットスプリング」を利用できるのはイースト本館、ザ・プリンス 軽井沢、ザ・プリンス ヴィラ軽井沢の宿泊者のみになっています。ウエスト本館やコテージ宿泊者はお金を払っても、エンジョイチケットを使っても利用できません。

今回はイースト本館に宿泊したので、7:00~23:00まで温泉に入り放題です!

「フォレストホットスプリング」の場所は、行くまで良くわかっていなかったのですが、イースト本館の宿泊棟と同じ場所にあります。宿泊エリアから連絡通路を通って温泉エリアに移動します。

フォレストホットスプリング

お部屋編の記事で紹介したように、客室には室内着&スパサンダルが用意されており、温泉まではそれで移動できるので楽チン。また、タオルもフォレストホットスプリングの入口に用意されているので、部屋からタオルを持って行く必要はありません。

軽井沢プリンスホテルイースト室内着

温泉内は写真撮影禁止のため、簡単に感想を挙げると

・内湯は広くて綺麗。眺めは普通ですが、建物などは見えないのでリラックス感はあります。
・露天風呂の景色は良くもなく悪くもなく。柵があるので基本的に周りの木々と空を見る感じ。(山並みなどは見えず)
・バイブラバス(弱めのジェットバスのようなもの)は別室で結構な広さ。こちらは白のタイル調でまたちょっと違う雰囲気が楽しめます。泡が弱過ぎて効果は…?
・洗い場の数は少なめ。混雑時は洗い場の確保が大変そう。
・シャンプー、リンス、ボディーソープ、化粧水、乳液、洗顔料があり。メーカーは軽井沢の「アロバーチ」と言う自然派化粧品のものでした。

宿泊客しか利用しないためか、ロッカールームのロッカーの少なさと、洗い場の少なさが気になりました。夏休みなど混雑時はイモ洗い状態になりそうな気がします。

施設自体は綺麗です。ホームページにあまり写真が無いので展望が気になっていたのですが、眺めはいたって普通なので「わざわざこれを目当てに来る」タイプの温泉ではないかなと思います。
もともとイースト本館、ザ・プリンス 軽井沢、ザ・プリンス ヴィラ軽井沢に宿泊する予定であれば広いお風呂にゆっくり入浴できてとても嬉しい施設ですが、温泉のために宿泊場所を変更するほどではないかなーと言う印象です。

軽井沢プリンスホテルイーストのフィットネスルーム

イースト本館の宿泊者には「フォレストホットスプリング」利用無料、ラウンジ「SAKURA」にてソフトドリンク無料の他に、フィットネスルーム(24時間)利用無料の特典がつきます。

フィットネスルームは温泉「フォレストホットスプリング」の隣にあります。
部屋にトレーニングマシンが置かれているので、名前を記入して24時間自由に利用するスタイル。

ランニングマシン、エアロバイク、クロストレーナーに、本格的なウエイトマシンまで!

軽井沢プリンスホテルイーストジム

部屋の逆サイドにも、ウエイトマシンやバランスボールなど。部屋が地下なので窓がなく、ちょっと閉塞感がありますが、思ったよりちゃんとしていて驚きました。

軽井沢プリンスフィットネスルーム

軽井沢プリンスホテルイーストの朝食

今回は楽天トラベルで朝食つきのプランを予約しました。レストランは信州産食材にこだわった「All Day Dining Karuizawa Grill」。朝食は宿泊者専用(外来での利用、イーストツインルーム以外に宿泊の人は利用不可)なので楽しみにしていた部分です。

レストラン内もリニューアルされており、かわいらしい空間になっています。天井から吊り下がっている謎の球体がキュート!

All Day Dining Karuizawa Grill

オープンキッチンになっており、シェフが忙しく動き回っている姿も見えます。

All Day Dining Karuizawa Grill

朝食はバイキングでなく、和食と洋食から選ぶスタイル。洋食は卵料理が選べます。
ドリンクはカウンターで野菜ジュース、フルーツジュース、牛乳などの提供がありました。

軽井沢プリンス朝食

テーブルセット。食器類は素朴なテイストです。

軽井沢プリンスイースト朝食

テーブルにはビアレンバーグの蜂蜜とストロベリージャムが未開封で一瓶。太っ腹!

軽井沢プリンスホテル朝食

まずは洋食。野菜にこだわったレストランらしく、スープとサラダが野菜たっぷりです。

軽井沢プリンスホテルイースト朝食

洋食にはパン3種がつきます。

軽井沢プリンスホテルイースト朝食

こちらは和食。焼き魚が美味しかった!

軽井沢プリンスホテルイースト朝食

和食、洋食ともに見た目はあまりボリュームがあるように見えませんが、色々なものを少しづつ盛ってくれているのでかなりお腹いっぱいになりました。
味も月並みなバイキング料理と違って、一品一品こだわって作ってるなーと思える味で満足です。
ホテルの朝食はバイキングが多かったのですが、こういう朝食もいいな!と思いました。

軽井沢プリンスホテルイーストでのエンジョイチケットの使い道

楽天トラベルで宿泊予約をする際についてきた特典の「エンジョイチケット」。
軽井沢プリンスリゾート内で使えるチケットですが、宿泊プランについている1枚だと使い道が悩ましいところです。

エンジョイチケット1枚でできることは色々あるのですが、

・レンタサイクル5時間利用
・軽井沢プリンスボウル2ゲーム(レンタルシューズ付)
・ティーラウンジケーキセット(ホテル ウエスト、ザ・プリンス 軽井沢、軽井沢 浅間プリンスホテル)

あたりが現実的かなと思います。
ランチはエンジョイチケット2枚ですが、エンジョイチケット1枚を1,000円の金券として使えば2,000円のランチが1,000円で食べられます。

アクティビティに興味が無い、他のホテルまで移動するのが面倒と言う人は「1,000円の金券として売店で使用する」のが一番オススメです。どのホテルも売店はあるので、そこで使ってしまうのが一番手っ取り早いですね。

エンジョイチケットは1人1枚ですが、金券として使う場合はまとめて使用できます。(5人分のエンジョイチケットで5,000円の物を買うのもOK)お釣りは出ないので丁度良い金額のものがあるとベスト。私は軽井沢プリンスホテルイーストの売店で、2,000円のワインを購入してお土産にしました。

軽井沢プリンスホテルイーストに宿泊してみて

軽井沢プリンスホテルイーストに泊まるのは初めてでしたが、リニューアルして北欧調のとてもオシャレなホテルになっていました。

客室、レストラン(朝食)は大満足。温泉、ラウンジはおおむね満足と言ったところでしょうか。
チェックアウトの際にカードキーを出したところ「○○様ですね?」と別のお客さんの名前を呼ばれたり、他のお客さんも使っていない部屋のドリンク料が加算されているミスがあったようで隣で説明を受けていたりと、リニューアル直後でスタッフの方々はちょっとバタバタしている様子でした。

軽井沢プリンスホテルイーストの注意点は、自動販売機が無く、売店も地域の特産品などを扱うコンセプトショップのような形なので、滞在中の飲食や日用品が不足した時はアウトレットまで行かなければならないところ。これから宿泊する人は、必要なものはあらかじめ購入してからチェックインしましょう!

部屋やラウンジの様子はこちらをどうぞ!

関連記事