歯並びの矯正、前歯だけの値段を歯医者で聞いてきた

2017-12-07

出っ歯や受け口、八重歯などを治したいと、歯医者での歯列矯正を検討している人が一番知りたいのが「値段」ではないでしょうか。

私も歯列矯正を検討中ですが、インターネットで調べても値段がマチマチで幅がありすぎるので、実際にどれくらいの費用がかかるのか参考になりません。
そこで、歯医者に行って矯正専門の歯科医師さんに歯列矯正の値段を詳しく聞いてきました。

実際の金額を聞いてみると、歯列矯正そのものよりも「その他」の費用がけっこうかかるな、と言う印象を受けました。
歯列矯正と、それに伴ってかかる費用、トータルの値段を知りたい人は是非参考にしてみて下さい。

前歯だけの歯列矯正

歯のホワイトニングの体験談で写真を載せたのですが、私の場合、下前歯の歯並びがガタガタです。

ホワイトニング東京効果

歯が白く綺麗になったことで、今まで以上に下の歯並びが気になるようになりました。
そこでいつも通っている歯科医院の矯正専門の歯科医師さんに、「下の前歯のみ」を矯正した場合にどれくらいの期間と費用がかかるのか、聞いてきました。

前歯だけの歯列矯正の治療期間

かかる費用を説明するのに、まずは治療期間の説明が必要なので先にその話をします。

歯列矯正と言うと、良く見る針金のブラケット(矯正装置)をして終わりと言うイメージがありますが(私もそう思っていました)、実はまだ続きがあります。
ブラケットを外したあとに「リテーナー」と言う簡易的な針金の矯正装置をつけて、歯列を安定させる期間があります。

※リテーナーについてはこちらの歯列矯正クリニックの説明がわかりやすいです

今回相談した歯科医師さんによると

1.ブラケット(矯正装置)を半年~1年
2.リテーナーを半年~1年

合計すると1年~2年の治療期間が必要とのことです。
治療期間に幅があるのは、歯が動きやすい人と動きにくい人がいて、動きやすい人は早く終わり、動きにくい人は時間がかかるからです。

ただ、歯が動きやすいと治療期間が短いので良いかとそうではなく、歯が動きやすい人はそれだけ元に戻ってしまう可能性も高いため、ブラケット(矯正装置)の期間は短くてもリテーナーの期間が長くなったりと、一長一短のようです。

人によって歯の動きやすさは変わるので、こればかりは実際にやってみないとわかりませんが、だいたいトータルで1年~2年の時間がかかります。

前歯だけの歯列矯正の治療本数

私の場合、下前歯2本の歯列を治して欲しいと思っていたのですが、当然装置は2本だけにつける訳ではありません。両側の正常な歯にも矯正装置をつけて、引っ張りながら歯並びを整えます。

周りの歯の状態にもよるとは思いますが、前歯2本の矯正をしたい私のケースだと、矯正装置をつける本数は6本(前歯2本+両側2本づつ)でした。

前歯だけの歯列矯正の値段

さて、一番大事な費用の話です。私は上の歯を子供の頃に矯正しており、その時は100万円近くかかったと聞いています。医療技術が発展した現在、歯列矯正も安くなっていると思いたいところですが、実際の値段はいくらなのでしょうか?

もらった資料がこちら。
歯列矯正の値段

私の場合、ブラケット(矯正装置)代は下の前歯のみ(6本)なので「部分矯正」になり、資料には15~35万円と書いてありますが10万円で済むそうです(場所などにもよるのだと思います)。
歯科医師さんと細かい金額を確認しながら、私のケースでトータルの金額を計算してみると以下のようになります。

1.相談:3,000円
2.検査:4.5万円
3.ブラケット(矯正装置):10万円(部分矯正)
4.リテーナー:2~3.5万円
5.月1のメンテナンス:5,000円×終了まで
‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ 
最小(1年):228,000円
最大(2年):303,000円

総額で約22~30万円です。もっと高いことを覚悟していたので、思ったより安いなと思いました。

ただ、私の場合は部分矯正なので安く済みましたが、全体矯正の場合はブラケット(矯正装置)代が60~75万円なので、総額は約72~95万円となります。さらにオプション(目立たないようにブラケットを裏側につけたいとか、透明にしたいとか)を追加すると、プラス10~75万円(!)です。

部分矯正:約22~30万円
全体矯正:約72~95万円
オプション:約10~75万円

これくらいの値段感でいれば良いのかなと思います。

歯列矯正費用の注意点

値段を見る際のポイントとして、審美目的の歯列矯正は健康保険が効かない自費治療ため、健康保険適応の虫歯治療などと違い1回の診察や治療が高額です。今回、矯正の期間や料金を聞こうと相談に行きましたが、相談だけで3,000円かかりました。

矯正が完全に終わるまで毎月通う必要があるメンテナンスも1回5,000円です。
このメンテナンスには針金交換の部品代も含まれているので追加の針金部品代はかかりませんが、1年で5,000円×12ヶ月=60,000円。チリも積もって結構な金額になりますね。

歯列矯正の費用と言うとブラケット(矯正装置)代に目が行きがちですが、普段のメンテナンス費用は予算に入れてなかったので、ここで聞いておいて良かったです。最近は「歯列矯正1本○円!」と激安を謳う歯列矯正もありますが、ブラケット(矯正装置)代は安くても、その分メンテナンス代が高いと言うケースがあるかもしれません。相談の際は、メンテナンス代や追加費用がかからないか、必ず確認しましょう。

不安な人は相談に行く前に、矯正歯科専門の口コミサイトなどで実際に治療した人の評価を確認してから相談に行くのが良いと思います。

歯列矯正のデメリット

歯列矯正をすると歯並びが良くなり、見た目が美しくなるのはもちろん、歯磨きもしやすくなります。
しかし、メリットがあれば当然デメリットもあります。一般的に言われるデメリットは痛み、ブラケット装着中に歯が磨きにくいなどですが、その他に歯科医師さんから挙げられたデメリットがあります。

・歯根(歯の根元)が短くなる(※)
・歯に力が加わることで動揺(歯のグラグラ)が進む場合がある
・重なっていた歯が正しく並ぶ事で、歯と歯の間の生え際に隙間があく
・そのため、歯の生え際が知覚過敏になっている人は知覚過敏の部位が広がる可能性がある

※歯に強い力が加わることで歯根吸収と言って歯の根元が1mmほど短くなることがあるそうです。歯が短くなることで根元がグラつき、歯が抜けやすくなるなどのデメリットがあります。

歯の状態が良く健康な人は影響が少ないかもしれませんが、歯周病や知覚過敏の人にとっては大きなデメリットもあります。歯列矯正と言うのは歯に力を加えて無理やり動かすので、ある程度の影響がでるのは仕方が無いのかと思います。

今回、相談に行ってみたことで、想像とは違う部分でお金がかかることや、知らないデメリットがあることがわかりました。
実際に自分の歯を見てもらいながら相談することで、「自分のケースでの」金額や期間、懸念点を知ることができます。相談するのに費用はかかりますが、歯列矯正を検討している方は一度歯医者に行って相談してみることをオススメします!

関連記事