新宿で歯の自費診療クリーニング、安い保険診療と効果がどれくらい違ったか(写真付きレポ)

ホームホワイトニングでお世話になった新宿のホワイトニング専門審美歯科「ホワイトエッセンス」で、お高~い歯のクリーニングをしてきました!

クリーニング専用メニューとあって、内容は「さすが」の一言。その分お値段はお高めですが、悩みの内容によっては充分この金額を出す価値があるなと思えたクリーニングでした。

安い歯医者のクリーニングと値段はいくらくらい違うのか?効果はどれくらい違うのか?どう言う悩みの人に向いているのか?クリーニング前後の写真と併せて、詳しくレポートしたいと思います。

普通の歯医者のクリーニングとの値段の違い

私は定期的に普通の歯医者で歯のクリーニングを行っています。
1回の金額はだいたい2,000円~2,500円程度。安いですね。
一般的に、保険適用でのクリーニング料金は3,000円程度が相場とされています。

歯クリーニング相場

対して、今回行ったホワイトニング専門審美歯科「ホワイトエッセンス」のクリーニングは1回8,000円です。高い!
私も最初に値段を見たときは驚きました。

どうしてここまで値段に差があるのでしょうか?

普通のクリーニングはなぜ安い?

普通の歯医者のクリーニングが安い理由は、保険が適用されているからです。
保険診療のクリーニングは、歯周病などの治療として行う場合にのみ適用されます。
つまり、予防や美容目的でのクリーニングは保険が適用されません。

安くクリーニングができるのは良いことですが、保険診療のクリーニングは「治療」のため、できることが限られます。
「歯周病の治療として歯石を取る」ことはできても「歯が汚れているので綺麗にする」ことはできません(あくまで「おまけ」としてやってくれることはありますが、本格的な審美目的の施術は保険適用外となります)。

実際に、私が普段通っている歯医者でも、歯石取りやフロスはしてくれますが、歯の表面を磨いたりツヤを出したりはしてくれません。

「歯のクリーニング」と聞くと「歯の表面をきれいにする」とイメージしてしまいますが、歯の表面(見た目)を綺麗にしたい・汚れを落としたいのであれば、保険適用外のクリーニングに行く必要があります。

自費診療(保険適用外)のクリーニング内容は?

今回、私がクリーニングを行ったホワイトニング専門審美歯科「ホワイトエッセンス」のクリーニングメニューは、以下の通りです。

【ホワイトエッセンスクリーニング(8,000円)】

・歯石取り(スケーリング)
・フロッシング
・ヤニ・茶渋取り
・PMTC(歯面研磨)×2回
・舌クリーニング

歯石取り、フロスは普通の歯医者でもやってくれますが、その他は自費診療ならではの「見た目を綺麗にする」ことに特化したクリーニングになります。

歯についた茶色い汚れ(ヤニ・茶渋等)を落としてくれるのはもちろん、歯の状態に合わせた研磨剤や道具で丁寧に汚れを落とすPMTCを2回重ねて行ってくれます。
PTMCは普段の歯磨きでは取り切れないバイオフィルム(歯周病や虫歯の原因となる細菌の固まり)まで除去できる、歯科衛生士による専門的な機械による歯のクリーニングです。

舌クリーニングは、舌にクリーニングジェルを塗って指で丁寧に汚れを落としてくれます。これも専門歯科ならではのクリーニングですね。
舌の汚れは口臭の原因にもなるので、汚れだけでなく口臭が気になる人にもオススメのクリーニング内容になっています。

ホワイトエッセンスのデンタルクリーニング

さて、ここからは実際に自費診療のデンタルクリーニングを受けてみた体験談です。
訪れたのは新宿高島屋にあるホワイトエッセンス。ここの歯科は歯医者と言うよりエステのような雰囲気で、施術は完全個室。アロマの香りが漂う空間でゆったり施術が受けられます。

ホワイトエッセンスカウンセリング

ホームホワイトニングを行った時も思ったのですが、ホワイトエッセンスのすごいところはとにかく丁寧なカウンセリング!クリーニング前のカウンセリングはこれだけの項目があります。

・口の中のチェック
・プラーク採取
・フロープ(歯茎のポケットの深さ)検査
・口腔内カメラ撮影
・唾液採取
・色チェック
・歯周病シミュレーション
・位相差顕微鏡

まるで「歯の人間ドッグ」のように、徹底的に口の中をチェックしていきます。

これだけ充実したカウンセリングですが、料金は無料。
予約の際にメニューが決まっていなくても、カウンセリング後に施術内容が決められるので、カウンセリング結果を見てゆっくり決めればOK。もちろん、カウンセリング後に特にやりたいメニューが無ければ「今日はやめておく」となっても大丈夫です。

カウンセリング結果は、カウンセリング終了後に「オーラルサポートシート」として貰えます。これも人間ドックっぽいですね。

歯の人間ドック

こ、細かい!1本1本の状態が記載されています。

自費診療デンタルクリーニング

自分の歯の色、歯周病リスクからクリーニングに通う推奨頻度、ホームケアのアドバイスなど自分の歯の状態や注意点の詳細を家でゆっくり見返すことができます。

カウンセリングだけでも大歓迎、とのことなので歯の状態やどんなケアをしていったら良いか悩んでいる人は、まずは無料カウンセリングだけでも受けてみることをオススメします。

保険適用外のデンタルクリーニングでどれくらい効果があったか?

前置きが長くなりましたが、一番大事な「自費診療のクリーニングでどれくらいの効果があったか」です。

まずはクリーニング前の写真。一番気になっていた下前歯の裏側です。かなり茶色い汚れが溜まっています。
自費診療クリーニング歯

クリーニング後の写真はこちら!

歯クリーニング保険適用

上前歯の裏もこの通り。

保険適用外クリーニング歯

かなり綺麗になりました!
ホワイトエッセンスでは施術前と後で写真を撮ってくれるので、こうして綺麗になったのが自分の目で確認できるのも嬉しい。

ちなみに、この写真を見て「元の歯がかなり汚いな」と感じた人が多いと思いますが、私は毎月歯医者のクリーニングに通いつつ、家では毎日電動歯ブラシ&ジェットウオッシャーで歯磨きをしています。普通の人よりは、かなり歯磨きに気を使っている方だとは思いますが、それでもこれだけ「普段の歯磨きでは取り切れない汚れ」がこびりついています。

今回、ホワイトニング専門審美歯科でしっかり汚れが落ちたのを確認して、やはり自分で歯の汚れを落とすのは限界があるなと実感しました。

また、オプションで数種類のコーティングメニューも用意されているので、汚れを落としたあとにコーティングして汚れをつきにくくしたり、ツヤを出すこともできます。コーティングメニューは500円~用意されているので、目的に合わせて手軽にコーティングが選べるのも、自費診療の自由度の高い所かなと思います。

クリーニングの効果はどれくらい続く?

クリーニングで綺麗になった歯の効果は、3ヶ月ほど続くそうです。

1回8,000円と聞くと「高い」と思うかもしれませんが、月1回の保険適用のクリーニング3,000円×3回分と考えれば、そこまで高い金額ではないのかなと思います。

もちろん、保険診療のクリーニングと保険適用外のクリーニングを両方行うのがベストではありますが、数ヶ月に一度スポット的に審美目的のクリーニングを入れることで、着色汚れを防ぎ、綺麗な歯を長く維持できるのではないかと思います。

保険適用外のデンタルクリーニングが向いている人

一般的に「歯が汚い」と感じる茶色い歯の汚れは、ヤニ・茶渋などの着色(ステイン汚れ)が原因です。

ステイン除去を目的としたホワイトニング歯磨き粉なども売っていますが、こびりついてしまった頑固な汚れは専門医院でないと取れません。自分の歯をチェックして見て「茶色い汚れが歯磨きしても落ちない」人は、歯医者での自費診療のクリーニングがオススメです。

歯を「白くする」にはホワイトニング!

ここまでレポートした「クリーニング」は、あくまで歯の表面の汚れを落とす施術です。
クリーニングで歯の黄ばみまでは白くなりません。

前述の「茶色い汚れ」がついている人はクリーニングがオススメですが、茶色い汚れはついていないけれど「全体的に歯が黄色い」人は、オフィスホワイトニングやホームホワイトニングなどのホワイトニングが必要になります。
ホワイトエッセンスはオフィスホワイトニング・ホームホワイトニングの両方に対応しているので、歯の汚れだけではなく色も気になる人はクリーニングの際に相談してみましょう。

ちなみに私は、ホワイトエッセンスのホームホワイトニングで8トーンも歯が白くなりました!

ホームホワイトニング3ヶ月の効果とトータルでかかった金額はこちら