ホームホワイトニングは結局安い?高い?かかる期間と費用(総額)はこれくらいでした

2018-08-28 2018-10-05

白さを追求する歯医者さん「ホワイトエッセンス」でホームホワイトニングを始めました。

ホームホワイトニングは、自宅でできる歯のホワイトニング。マウスピースに歯を白くするホワイトニングジェルをつけて、毎日数時間はめることで歯を白くします。

ホームホワイトニングはネット通販などで売っている安いものから、歯医者さんで取り組む高額なものまで様々です。ホワイトニング用のジェルは使えば使うほどお金がかかるので、最終的なトータル料金はどのくらいになるのか気になる人も多いのではないでしょうか?

今回「ホワイトエッセンス」で専用マウスピース作成&ホームホワイトニングキットを購入し、ホワイトニングジェルの追加料金なども聞いてきたので、ホームホワイトニングにかかる「費用」にスポットを当てて解説したいと思います。

ホームホワイトニングのスタート料金は?

今回私がホームホワイトニングを行ったのは新宿タカシマヤにある歯医者さん「ホワイトエッセンス」です(店舗は全国にあります)。

怪しげな通販などは怖かったので、ホームホワイトニング(自宅でできるホワイトニング)だけでなく、オフィスホワイトニング(LEDライトを使った1回で白くなるホワイトニング)も行っている、ホワイトニング&クリーニング専門の歯医者さんでホームホワイトニングデビューすることにしました。

ホワイトエッセンスでの「ホームホワイトニングスターターキット」の価格は15,000円です。

セット内容は
・専用オーダーメイドのマウスピース上下
・ホームホワイトニングジェル(濃度10%)2本

マウスピースは型取りをして自分専用のものを上下それぞれ作ってくれますが、上下どちらかで良い場合は「マウスピース上下どちらか片方」と「ホームホワイトニングジェル(濃度10%)2本」で10,000円です。通販などに比べると高めに感じますが、自分の歯にピッタリあったオーダーメイドのマウスピースを作ってくれて、きちんとアフターフォローがある(定期的に歯の状態のチェックをして経過を見てくれる、医療用のホワイトニングジェルが買える)事を考えると手頃な価格かなと思います。

ホームホワイトニングセット

セットになっているホームホワイトニングジェル(濃度10%)2本は、期間としては1週間分です。
ただし、これは歯の大きな男性基準なので、女性であれば1週間以上持つだろうとの事。また、1週間分と言うのは上下全部の歯の、表裏すべてに散布した場合の必要量なので、例えば口を開けた時に見える前歯だけで良い、外から見える表側だけで良い、と言う人は、必要量はもっと少なくなります。

実際に使ってホワイトニングジェルの使用量ですが、個人差はあると思いますが、私の場合は上下全部の歯の裏表にフルで使用しても、1本で5日間持ちました。
セットになっている2本で10日間。表側だけで良ければジェルの使用量は半分で済むので2本で20日間、さらに前歯だけで良ければ1ヶ月くらいは持つんじゃないかなと言う印象です。

ホワイトエッセンスに行ってきた体験談はこちら

ホワイトニングジェルの追加料金は?

ホワイトエッセンスのホワイトニングジェルは、過酸化水素の濃度を自由に選ぶことができます。
濃度はマイルドな10%から、効果の早い高濃度の35%まで4種類。ホワイトニングジェルの1本の価格は以下になります。

過酸化水素10% 1,800円
過酸化水素16% 1,900円
過酸化水素22% 2,000円
過酸化水素35% 2,100円

濃度が3倍以上になってもあまり値段が変わらないのは意外でした!濃度が2倍なら値段も2倍になるのかと思ってた…。

値段を見ると、じゃあ最初から濃い濃度でやってしまおう!と思ってしまいますが、それは間違いです。日本人のエナメル質(歯の表面)は薄くてデリケートなため、ホワイトニングで歯が染みやすい歯質だそうです。そのため、ホワイトエッセンスでは、できるだけ低濃度でゆっくりと時間をかけてホームホワイトニングをするよう推奨しています。歯の健康のためにも、無理をせず徐々に歯を白くしていくのが大事という事ですね(その方が色戻りも少ないそうです)。

とは言え、やはり濃度が高い方が効果も高いです。染みる・染みないは歯質や口の中の状態によって異なるので、まずはスターターキットの10%を使ってみて、大丈夫そうだったら歯科医師さんと相談しつつ、徐々に濃度を上げてゆくのが良いのかなと思います。ホームホワイトニングをする際は、定期的に歯の状態をチェックしてくれるクリニックを選びましょう(今回ホームホワイトニングを行ったホワイトエッセンスでは定期的に歯の状態チェックをしてくれるのが選んだ理由のひとつでもあります)。個人的には10%で染みや痛みを感じなかったので、次はもう少し濃度を上げたいな~と思っています。

ホワイトエッセンスのホワイトニングジェルは、通販などでは扱えないシミ防止の知覚過敏抑制剤も入っている医療品なので、低濃度でも充分効果が見込めます。焦る必要はないので、最初は無理をせず低濃度から!様子を見て、濃度を上げていきましょう。

ホームホワイトニングの期間はどれくらい?

ホームホワイトニングの基本はまず1ヶ月。1ヶ月で3~5段階も歯が白くなるのが効果の目安とされています。

ホームホワイトニング期間

ただし、もっと白くしたい!と希望すれば、当然期間は長くなります。
私はカウンセリングでシェードを見て「オフィスホワイトニングではこれ以上難しい」と言われた「040シェード」の明るさを目指すことにしたのですが、限界まで白くするにはだいたい6ヶ月くらいかかるそうです。かなり長期戦!

つまり、ホームホワイトニングの期間は「自分がどれだけ白くしたいか」によって変わります。
目指す白さによりますが、最短で1ヶ月、長くて6ヶ月はがかかると思っておきましょう。

ホームホワイトニングは最終的にいくらかかる?

では、ホームホワイトニングを自分の目指すゴールまで続けた場合、総額でいくらかかるのでしょうか?

マウスピース&ホワイトニングジェル2本のスターターキットが15,000円。
追加のホワイトニングジェルが過酸化尿素10%だとして、1本1,800円。
上下全部の歯をくまなくホワイトニングするとして、必要なホワイトニングジェルは5日間で1本(あくまで私が実際に使ってみた体感が基準)。

1ヶ月で終了するのであれば、必要なホワイトニングジェルは6本。
スターターキットにはホワイトニングジェルが2本ついているので、追加で購入するホワイトニングジェルは4本。
追加でかかる料金は1,800円×4本で7,200円。
15,000円+7,200円なので1ヶ月で約22,200円が総額となります。

次に、私のように限界まで白くしたい!と、半年間フルにホームホワイトニングをした場合の総額も計算してみます。
6ヶ月間で必要なホワイトニングジェルは全部で36本。
追加でかかる料金は1,800円×34本で64,800円。
15,000円+64,800円なので6ヶ月間で約79,800円が総額となります。

と、思いきや…

15,000円のホームホワイトニングが最終的に79,800円!!高い!!
と、思うかもしれませんが、実際にはそこまでの金額にはなりません。

歯のホワイトニングでは、どこの歯科でも口を開けた時に見える歯のみを白くするのが一般的です。細かい違いはあると思いますが、ほとんどの歯科は前歯12本(上6本、下6本)を白くする内容になっています。

対して、大人の歯は親知らずを入れると全部で32本あります。ホームホワイトニングの場合、全部の歯を覆う形でマウスピースを作るので、白くする歯は全部で32本です。単純に考えて、通常のホワイトニングと比べてホームホワイトニングは3倍近くの歯を白くしているのです。

では、通常のホワイトニング同様、前歯12本のみを白くした場合はどうでしょうか?
ホームホワイトニングに必要なホワイトニングジェルの量は、全32本の表裏に塗布することを前提としています。これを「前歯12本のみ」にすると、12/32で必要なホワイトニングジェルの量は約3分の1強になります。

全ての歯を白くする場合、6ヶ月間で必要なホワイトニングジェルは全部で36本と計算しましたが、「前歯12本のみ」に限定すると必要なホワイトニングジェルの量は約13.5本になります。2本はスターターキットに含まれているので追加購入は11~12本。余裕をもって12本としても、1,800円×12本=21,600円なので、スターターキットの15,000円と合計しても前歯だけなら6ヶ月で36,600円で済む計算になります。

もちろん、これは計算上の話なので実際にはもう少しホワイトニングジェルの使用量が多かったり、少なかったりするとは思います。ただ、「全部の歯をフルで白くする」場合はそれなりの金額がかかりますが、「見える部分だけ白くしたい」と言う場合には、そこまで高額にはならないよ、というのはお伝えしておきたいと思います。

「自分の好きな範囲だけ白くできる」と言うのはホームホワイトニングの大きなメリットです。
様子を見ながら上の歯を集中的に、前歯だけ追加で、などお財布と相談しながら自分のペースでホワイトニングができるので、経済的にはオフィスホワイトニングよりも自由度が高いかなと思います(ちなみにホワイトエッセンスのホワイトニングジェルは開封後1年間使用可能なので、休み休み使うこともできます)。

ホームホワイトニングよりオフィスホワイトニングの方が安くない?

ホワイトエッセンスのオフィスホワイトニング(LEDライトを使った1回で白くなるホワイトニング)は、1回8,000円です。
オフィスホワイトニングは1回で白くなって8,000円、ホームホワイトニングは時間もかかるしお金もかかるし、オフィスホワイトニングの方がお得なのでは?と思うかもしれません。

そう思った人にぜひ知って欲しいのですが、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングでは、そもそも白くする場所が違います(私も今回話を聞いて初めて知りました)。

オフィスホワイトニングホームホワイトニング違い

簡単に言うと

・オフィスホワイトニングは歯の「外側」を白くする
・ホームホワイトニングは歯の「内側」まで白くする

という違いがあります。同じ「歯のホワイトニング」でも、最終的な効果は大きく変わります。

オフィスホワイトニングは、歯の外側を白くするので1回で見た目が白くなるのがメリットです。しかし、時間が経つと色がもとに戻ってしまうデメリットがあります。オフィスホワイトニングはあくまで一時的に歯を白くするものです(これは実際にオフィスホワイトニングをやってみた私も感じています)。

反対にホームホワイトニングは歯の内側まで白くします。歯はエナメル質で守られているので白くするのに時間はかかりますが、その分、一度中まで白くしてしまえば色戻りしにくくなっています。オフィスホワイトニングに比べて、一時的ではなく長期間歯が白い状態をキープできるのが、ホームホワイトニングです。

私は何度がオフィスホワイトニングをしていたので、歯の外側は綺麗でした。しかし、カウンセリングで歯を診断してもらったところ、歯の内側の象牙質が黄色いため内側の色が透けて黄色く見えてしまっている歯だと診断されました。

こういうケースでは、何度オフィスホワイトニングをしても歯の中は黄色いままなので「オフィスホワイトニングの方が安いから」とオフィスホワイトニングを続けても、望む白さにはなりません。値段だけ見るとオフィスホワイトニングの方が安いように感じるかもしれませんが、「自分の歯のどこが黄色いのか」をしっかりと把握しないと「安モノ買いの銭失い」で無駄なお金を使ってしまうことになります。歯によって有効なホワイトニング方法は変わるため、一概に「歯を白くするならオフィスホワイトニングの方が安い」と言う結論にはならないのです。

自分の歯の「黄色い原因」を無料診断してもらった体験談はこちら

ホームホワイトニングは長い目で見るとコストパフォーマンスが高い

単純に「1回目」に払う金額が高いか安いか、で見るとホームホワイトニングは高く見えるかもしれません。しかし

POINT自分で本数や白さを調節できる
お財布事情に合わせて頻度を変えられる(数日に1回など)
時間がかかる分、限界まで白くできる
色戻りが少ないので白い歯を長期間キープできる

というメリットを考えると、オフィスホワイトニングを何度も繰り返すより、長期的に見ればお得なのかなと思います(もちろん、両方できれば一番良いですが)。
歯は一生ものです。どこにどの程度お金をかけるかは人それぞれですが、一度頑張ればそのあとずっと白い歯でいられる事を考えると、私はホームホワイトニングの金額を「高い」とは思いません。

もしホームホワイトニングを検討する場合は、通販でなく絶対に専門のクリニックで!
私がホームホワイトニングを行ったホワイトエッセンスは、自分の歯と予算、期間に合ったホワイトニングを判断してもらえるので「ホームホワイトニングが初めて」と言う人には特にオススメです!

ホワイトエッセンスのホームホワイトニング体験談はこちら!

関連記事