自炊なし!一人暮らし男性にオススメの糖質制限・ダイエット市販商品

糖質制限・ダイエット中に困るのが一人暮らしの食事。
インターネットには「簡単に作れる」「誰でも作れる」と糖質制限レシピが山ほど溢れていますが、いくら簡単と言っても自炊は面倒。一人ならなおさらです。
「炒めるだけ」と言われても、その炒めるのすら面倒、と言う一人暮らしの方は多いと思います。

一人暮らしの会社員は、家に帰ってからの時間も限られています。食事はさっさと済ませて早く休みたい。
買ってきた食事だと糖質・カロリーは高いし、そりゃサラダチキンとブロッコリーだけかじってれば痩せますが、もう少し美味しいものが食べたい。

そこで、私が実際に買って「美味しい」と思って常に買い溜めしている「一人暮らしにオススメの糖質制限・ダイエット市販商品」をオススメしたいと思います。

マイナーだけど神!エースコック ロカボデリ CoCo壱番屋監修 カレーラーメン 糖質オフ

参考価格 2,981 円
価格 2,860
商品ランキング 9,453 位

エネルギー:219kcal
たん白質:10.4g
脂質:3.2g
糖質:28.1g

※参考までに日清カップヌードルカレーの栄養成分
エネルギー:422kcal
たん白質:9.0g
脂質:20.4g
炭水化物:50.6g

マイナーすぎて糖質制限界隈で推されているところを見たことがないのですが、これはまじで神です。隠れた名品。
何が神って、糖質制限商品とは思えないほど美味しい。ダイエット食としてでなく、一般のカップラーメンと比べても普通に美味しい。

麺は太めのストレート、スープはドロッとしていて味濃い目なので、満足感あり。
カレーの味付けが絶妙で、カップヌードルカレー味よりもさらに深みがあって本格的な味。
カップヌードルカレー味はあれはあれで美味しいですが、料理として見るとこちらの方が数倍上です。

とにかく味と旨味が濃く、麺も太目で食べた感があるので一杯でばっちり一食分の満足感が得られるのが最高。

市販の糖質制限商品・ダイエット商品の多くは「そりゃこれなら糖質少ないわ」ってくらい量が少なかったりするのですが、そんなトラップもナシ。
量は普通のカップラーメンと同じくらいですが、かやくがショボいのが寂しいところ。
疲れている日はササッと食べて終わりで充分ですが、元気がある時は冷凍のほうれん草をチンしてぶっこんだり、市販のスライスチーズをプラスして食べると満足感マシマシで美味しく頂けます。

日清のカップヌードルカレーと比べると、カロリーは約半分!
糖質は30%オフ。アピールされていませんが、脂質が80%ほどオフされているのもポイント。
それでいてタンパク質はほとんど変わりません。

1個238円とやや高めに感じますが、考えてみればコンビニのカップラーメンだって今は300円くらいするのでそれを考えるとコスパは合格点。
何より糖質オフで美味しくて、お湯を入れればそのまま食べれるカップラーメンは超・貴重なので240円は決して高くないと思います。

欠点のないパーフェクトカップラーメンなのですが、マイナーゆえに店頭で見かけることがなく、通販で買うと1ケース12個なので置き場所に困るのが唯一の難点と言えば難点です(私は気にせずケースで買ってますが箱が結構でかい)。

本家と遜色ない美味しさ!日清 カップヌードル コッテリーナイス 濃厚!クリーミーシーフード

参考価格 2,501 円
価格 2,160 円(14%OFF)
商品ランキング 1,443 位

エネルギー:176kcal
たん白質:9.4g
脂質:6.5g
糖質:18.8g

※参考までに日清カップヌードルシーフードの栄養成分
エネルギー:323kcal
たん白質:9.8g
脂質:11.2g
炭水化物:45.8g

はい、またラーメン。
いいんです。みんなラーメン食べたいでしょ?
あと、一人暮らしって本当に体力も気力も削られてると言うか、普通に働いて家帰ってちゃんとした料理とか作るの無理なんで、いいんです。そういう時はカップラーメンで。面倒だからってテキトーな弁当とか買ってカロリー・糖質摂りすぎる方がよっぽど良くない。

日清のナイスシリーズは「ポーク醤油」「クリーミーシーフード」「キムチ豚骨」と三種類あるのですが、個人的には「クリーミーシーフード」がオススメ。
理由としては、このナイスシリーズ、味は美味しいのですが麺がめちゃくちゃ細くて貧弱なんですよ。
なので、ポーク醤油なんかだと、スープもあっさりめで物足りなくなります。
量も少な目なので、ネーミング通り一番「こってり」したシーフードが満足感が高くオススメ。

カロリーは普通のシーフードの約半分。糖質がガッツリカットされていて半分以下。脂質も控えめですが、それもそのはず、ナイスシリーズは普通のカップヌードルに比べて麺の量が少ないです(60g→40g)。日清さん、そりゃどうなの~と思うところではありますが、まあ2/3の量で我慢できるなら選択肢としてアリです(ちなみにCoCo壱番屋監修カレーラーメンの麺は57g)。

味はそのまんま、カップヌードルシーフードの味なので当たり前に美味しい。ダイエットしていると言うより普通にカップヌードルシーフードを食べている感覚で食べれます。
わりとどこでも買えるので、入手しやすいと言うメリットもあります。

ただ、前述のように麺が貧弱・量が少ないと言う二点で、どうしても「一食」としては少ないので、普通の量を食べる男性であれば何か一品プラスする必要が出てくると思います。

対策としては後述する「レンチン冷凍野菜」で補うか、ノンアルコールビールでおなかいっぱいにするか、定番のサラダチキンをプラスしても良いかもしれません。個人的にサラダチキンがあまり好きではないので、私は冷凍の枝豆とオクラにめんつゆをかけてチンして食べてます。豆腐とかもいいですね。

味は文句なく美味しいので、その辺の「プラス一品」が工夫できれば、オススメできるカップラーメンです。

スナック禁断症状にはコレ!タニタ食堂監修のおせんべい(アーモンド)

参考価格 3,240 円
価格 2,550 円(21%OFF)
商品ランキング 8,166 位

エネルギー:66.9kcal
たん白質:1.6g
脂質:1.0g
糖質:11.1g

私はスナック菓子がめちゃくちゃ好きで、ダイエット中は常にスナック禁断症状との戦いになるのですが、そんな時にお世話になってるのがコレ。タニタのおせんべいです。通販で買うと1袋(小分けパック6袋入り)×12個と言う一人暮らしにはちょっと躊躇するヘビーな量が届きますが、間食にとにかく便利なので迷わず箱買いしました。たまにスーパーなどで見かけるので、買える方はそちらでどうぞ。

スナック菓子大好きマンとしてダイエット系のお菓子は数知れず試しましたが、今まで食べた「しょっぱい系」のお菓子の中ではダントツに美味しくて即リピートしました。

タニタせんべいの良い所はまず硬さ。歯の弱い人は厳しいのでは…?と思うほど硬めなので、ボリンボリンとかなり食べた感があります。
「甘塩アーモンド」を愛用中ですが、味はサラダせんべいのようなだし塩味でかなり美味しい。味が濃い目なのでおつまみにもイケます。
それもそのはず、このタニタのおせんべいシリーズ、あの「ばかうけ」の会社(ベフコ)が作ってます。やたらと美味しいなと思ったのですが、おせんべいのプロが作っていたなら納得です。

1袋(小分けパック6袋入り)230円と価格は高めですが、小分けパック1袋で40円弱。
一般的にローカロリー・糖質オフ系のスナック菓子は値段が高く、ローソンのこんにゃくチップスとかめちゃくちゃ少なくて150円とかするので、他の商品と比較してみるとそこまで高くないのかなと思います。
何よりここまで美味しい糖質オフスナックが他にないので、自分は納得して買ってます。

味は「甘塩アーモンド」「十六穀しょうゆ」「だし醤油黒ゴマ」とあり、まずは色々な味を試したいと言う人は「タニタのおつまみ」シリーズとセットになった商品も販売されています。ただ、1袋あたり400円近くと高額になってしまうため、個人的にはいきなり現品をかってしまう方が良いんじゃないかなーと思います。

価格 2,080
商品ランキング 26,223 位

甘いものが食べたい時の救世主!グリコ SUNAO チョコモナカ

価格 7,080
商品ランキング 51,776 位

エネルギー:80kcal
たん白質:1.7g
脂質:3.7g
糖質:9.9g

デザート的なものが食べたいな~と思った時はコレ。
ダイエット系のスイーツと言うのも今は山ほどあり、タニタのプリンやファミマのライザップスイーツなど色々と食べてきましたが、個人的に満足感が一番高く、美味しいと思ったのがSUNAOのチョコモナカです。

糖質40%オフを謳っており、確かに糖質は10g以下と頑張っていますが大きさはチョコモナカジャンボの半分ほど。
ただ、甘いものはそんなに量を食べれないので、個人的には食べきるのにちょうど良いサイズです。

最初に食べた時は「これほんとに糖質オフ?普通のチョコモナカと変わんないじゃん!」と思ったほど、普通に美味しい。
今まで食べた糖質オフ系スイーツは、甘味料の関係か、油の関係か、どこか味に違和感があったのですが、これは何の違和感もなく食べれました。言われなかったら糖質オフだと気づかなかったと思います。

チョコのパリパリ、モナカのサクサクがバニラアイスのサッパリ感を補っており、小さいながら充分「アイスを食べた」と満足感が得られる仕上がりになっています。
SUNAOシリーズにはカップタイプやソフトクリームタイプもありますが、アイス自体がサッパリ系なのでモナカタイプが一番オススメです。

一応ビジュアルを見せるためにアマゾンのリンクを貼りましたが、アイスを通販で買うのはバカらしいので普通にコンビニやスーパーで買いましょう。わりとどこでも見かけます。

チンするだけの強い味方!冷凍野菜

ここで突然「そのまま食べられる商品」でなく「食材」になりますが、訳があるので聞いてください。
自炊が面倒→でも野菜は摂りたい→冷凍野菜をチン、と言う道は一人暮らしなら誰でも通る道ですが、実際に冷凍野菜を買ってみると店によって美味しさが全然違う!!

ダイエット・筋トレ界隈ではもはや主食とも言われているブロッコリー。
私も例に漏れず今まで西友・まいばすけっと・業務スーパー・肉のハナマサ・セブンイレブン等コンビニなと、色々なところで冷凍ブロッコリーを買ってきましたが、かなりの味の差があります。

私が今まで食べた中で一番美味しいと思った冷凍野菜はトップバリュです。これは強く主張していきたい。イオンやまいばすけっとで購入できます。
中でも「オーガニックシリーズ」と言うちょっと高めのシリーズがあるのですが、その冷凍野菜が変な臭みがなく、野菜の味がちゃんとして美味しいです。

冷凍野菜はめんつゆや味ぽんをかけてレンジでチンするだけで立派な副菜になるので、食べすぎ防止や栄養補給に最適です。
トップバリュは一時期話題になったお米の代わりに食べる「ブロッコリーライス」「カリフラワーライス」なども発売しており、冷凍野菜の種類がかなり豊富。

私はいつもブロッコリー、えだまめ、オクラ、ほうれん草などを購入していますが、各種野菜ミックスやアボカド、フルーツミックスも便利です。家でお酒を飲む人はカットレモンなんかもオススメ。
色々種類があるので、好みの食材を探してみて下さい!