トレファク引越で見積もりをしたらすごく良かった体験談

2018-05-08

引越しをすることになったので前から口コミなどを見て気になっていた「トレファク引越」で見積もりをしたら、予想以上に良かったのでトレファク引越の実体験談を詳しくレポートしたいと思います。

「トレファク引越」はリサイクルショップのトレジャーファクトリーが提供する引越しサービスで、リサイクルショップと言う利点を活かして、引越しと同時に不用品買取&引きとり(処分)もしてくれるのがセールスポイントです。

実際に見積もりをお願いしてみると、ウリである不用品買取だけでなく料金も安く、即決する勢いだったのですが、とある事情があって頼むのは諦めると言った経緯もありました。

引越し業者を探している人、トレファク引越が気になる人は是非参考にしてみて下さい。

トレファク引越の見積もりの印象

トレファク引越の見積もりは、インターネットから申し込みできます。
今ならアンケートでQUOカード1,000円分プレゼントや、買取金額10%アップのキャンペーンなどを行っています。

予約をすると、当日は引越しを担当する引越し業者のさわやかなお兄さんがやってきました。
横柄な態度や押しつけがましいセールスもなく、笑顔でテキパキと見積もりをしてくれたので非常に印象は良かったです。

トレファク引越の良い所:料金が安い!

引越し業者を決める際に、決め手になるのはやはり料金でしょう。

今回トレファク引越をオススメしようと思った理由に「色々なサービスの良さ」があるのですが、一番気になるのは引越し料金だと思うので最初に料金について書いておこうと思います。トレファク引越、安いです。

我が家は2LDKの二人暮らし。過去に引越し屋で働いていた経験から、荷物量や距離・諸条件を加味して、今回の引越しはだいたい80,000円前後かなと予想していました。

ところが、見積もりで出てきた金額は58,000円。
余裕を持って、ワンサイズ大きなトラックにしても62,000円。

値切りも何もない、最初の金額でこの安さです。
相場から見ても、他の引越し業者と比べても、かなり安いと思います。

トレファク引越の良い所:不用品を買い取ってくれる

トレファク引越のセールスポイントは、引越しと同時に不用品買取&処分をしてくれる所です。
普通の引越し業者では有料で処分してくれると言うサービスが一般的ですが、トレファク引越の場合はリサイクルショップと言う利点を活かして、値段がつくものは買い取ってくれます。

引越しでは大型の家具家電を処分するケースも多いので、どうせならお金をかけて捨てるより、少しでもお金を貰える方がいいですよね。ちなみに家具家電だけでなく、結婚式の引き出物やアウトドア用品・スポーツ用品も買い取ってくれます。

我が家でも色々と見てもらいましたが、値段がつく(お金が貰える)ものもあれば、逆にお金がかかる(有料引き取り)のものもありました。
参考までに、我が家で処分する品物の査定はこうなりました。

【買取OK】
・ハイアールの安い洗濯機
・楽天で買ったシンプルなキッチンカウンター
・ノーブランドのキャンプ用品(寝袋、テント)
・古いギター

【買取NG(有料引き取り)】
・IKEAのロッキングチェア(POÄNG)
・インテリアショップ購入の全身鏡
・DIYで加工したキッチンカウンター
・ガスストーブ
・古いちゃぶ台テーブル

楽器は古くても値段がつくとは思っていましたが、元値の安いハイアールの洗濯機、キッチンカウンター、キャンプ用品も買取OKなのに対し、比較的綺麗なIKEAのロッキングチェアや購入金額が高かったオシャレな全身鏡が買取NGなのは意外でした。
全体的にオシャレインテリアよりも、実用的な物を買い取ってくれる傾向にあるのかなーと言う印象です。

売りたいものも、部屋の中でこれとこれとこれ!と口頭で伝えるだけで、その場で「これとこれはOKです」と判断してくれるので、面倒な手続きがなく楽です。見積もりのお兄さんがOKと判断したものは、その場で写真を撮って、あとで金額を連絡してくれます。
買取金額に納得すれば引越し日に引き取ってもらえるのでそのまま置いておけば良いですし、買取金額に納得できなければ自分で捨ててしまえば良いだけです。

リサイクルショップなどに不用品の買い取りを頼むと、また別途見積もりに来てもらい、引越し前に引き取りに来てもらわなければなりません。連絡やスケジュールの調整も面倒です。
トレファク引越では引越し当日に不用品を引きとるため、売るものをギリギリまで使えると言うメリットがあります。冷蔵庫や電子レンジ、ベッドなど、引越し前に捨てたら不便なものも、引越し当日まで使えるのは助かりますよね。

トレファク引越の良い所:利用者に得になる方を勧めてくれる

実際に見積もりをしてみて感じたトレファク引越の良いところは、不用品処分に関して有料であれ無料であれ、金額をきちんと説明してくれてこちらの得になる方を勧めてくれる所です。

例えば衣装ケースを捨てたい、と言う話になった時に「粗大ゴミだと300円で済みますが、うちだと処分料で1,000円くらいかかってしまうので粗大ゴミで出した方が安いですよ!」など、黙っていれば処分料が多く取れたかもしれないのに、正直に粗大ゴミで出した方が安いと教えてくれます。

以前、高額買取をウリにしている別のリサイクル業者に家具の処分を頼んだ時に、ソファの引き取りで処分料10,000円を取られそうになりました。思ったより高額で迷っていると「他に頼んだらもっとかかりますよ」「自分で運ぶのは無理ですよ」「処分を頼まないと出張料がかかります」と散々脅されて嫌な思いをしたのですが、結局断って後で自分で調べてみると、粗大ゴミの料金は2,000円だったので自分で粗大ごみに出しました。

そんな経験があったので、トレファク引越が正直に「うちに頼まないで自分で出した方が安いですよ」と言ってくれたのには感動しました。

洗濯機も2,000円で買い取りOKとのことでしたが、「○○にある△△センターってわかりますか?車があれば、あそこに持って行けば4,000円くらいの値段がつくと思いますよ!」と、より高く値段がつく場所などを教えてくれました。
トレファク引越は何も得をしないのに、利用者がより得をする情報をバンバン教えてくれるのは他の引越し業者には無い良い点だと思います。

トレファク引越の良い所:粗大ごみを運んでくれる

同じく不用品処分の話になりますが、自分で粗大ゴミに出すものに関しては、引越し当日に無料でゴミ置き場まで運んでくれます。
我が家にも粗大ゴミに出したい大きくて重い箪笥があり、自分で運ぶのが大変だな~と気が重かったのですが、引越しの時に一緒に運んでくれると聞いて大喜びしました。

「粗大ゴミは一回に出せる数が決まっているので、軽いものはご自分で先に出しておいて、大きいのは残しておくといいですよ!」と、これまた利用者が得するように、アドバイスをもらいました。

トレファク引越の良い所:引越し業者が外注

トレファク引越の最大の特徴として、引越し業者が外注と言う点があります。
トレジャーファクトリーの人間が引越しをする訳ではなく、実際の引越しは外注された引越し業者が行います。

どの引越し業者が来るかは住んでいる地域によって変わるので、自分で引越し業者を選べないと言うデメリットはありますが、反面メリットもあります。自分の家に近い引っ越し業者が割り当てられるからです。

見積もりは実際に引越しをする引越し業者が来ますが、我が家の場合は近所の引越し屋さんでした。そのため、段ボールなども「近いので、足りなくなったら無料ですぐ持ってきますよ~」と柔軟に対応してもらえました。

引越し業者が近い=引越し屋さんとしても移動距離が少なく有難いため、その分の金額を料金に反映できるのも安さの秘密だと思います。
我が家に来てくれたのは地域密着型の小さな引越し屋さんでしたが、口コミを見るとハトのマークの引越センターが来た事もあるようです。大手が来てくれたらラッキーですね。

トレファク引越の良い所:GWでも追加料金なし

これは我が家に来た引越し業者限定なのかもしれませんが、GWでも追加料金なしとのことでした。
基本的に、休日や連休の引越し料金は高くなります。今回は平日の引越しだったのでその恩賞は受けられませんでしたが、仕事の関係で休日しか引越しできない人にとっては嬉しい料金体系だと思います。

トレファク引越の良い所:契約を急かさない

一通り荷物を見てもらって、その場で見積もりを出してもらったあとに「他の引越し業者にも見積もりを頼んでいるので考えたい」と言ったところ、快くOKしてもらえました。それどころか「是非色々な所と値段を比べて下さいね!」と笑顔で合い見積もりをオススメされました。

以前、別の引越し業者に見積もりをお願いした時に「値引きするから今決めて下さい!」と、なかなか帰ってくれなくて困ったことがあったので、契約を急かさないでくれるのは好印象でした。見積もり中に他の見積もり業者の金額をしつこく聞いてくると言う事もなかったですし、サクサクとスピーディに、気持ち良く見積もりが終わりました。

トレファク引越を諦めた理由

ここまでオススメしたトレファク引越ですが、実は最終的にお断りすることになりました。
見積もりをした際は金額にもサービスにも満足して、トレファク引越に決めるつもりでした。この後に入れていた他の引越し業者の見積もりも断る予定でした。

断った理由ですが、今回引越しする先が不運にも「既定の厳しいタワーマンションの高層階」だったことにあります。
タワーマンションの引越しは通常の引越しと違って大変なため(マンション独自のルールや制約がある、引越しに時間がかかるなど)タワーマンションの引越しは割増料金になるというのは知っていましたが、その割り増し額は想像を超えるものでした。

軽い気持ちで見積もりの最後に「○○と言うタワーマンションの高層階である」と伝えたところ、「戻って確認してから再度見積もりを出します!」と言う事だったので待っていると…。
なんと、見積もり額が220,000円にアップ(約16万円アップ)しました。

料金が多少アップするのは覚悟していたのですが、ちょっと尋常じゃない料金&電話の対応が明らかにおかしい雰囲気(電話の向こうで「料金は倍、いやもっと、え?」のような話し声)だったので、料金うんぬんと言うよりは単純に「やりたくないからお断りされた」と考えるのが自然なのかなと思います。実際に担当する引越し業者の一存かもしれませんが、話した感じで、タワーマンションは対応外なのかなと言う印象を受けました。これ以降、見積もりをする際は最初にタワーマンションである事を伝えて、対応できるのであれば割増料金込みの料金を出してもらうようお願いするようになりました。

今回はタワーマンションへの引越しと言う特殊なケースなので残念な結果になってしまいましたが、普通のマンションに引っ越すのであれば、確実にトレファク引越に頼んでいたと思います。

今まで見積もりを頼んだ中で、一番印象・料金・サービス共に良かったので、今回頼めなくて悔しい気持ちが大きいですが、普通のマンションに引っ越す人には文句なくオススメです!これから引越しを考えている人は、トレファク引越の見積もり、試してみて見て下さい!

後日談

なお、後日談ですが「トレファク引越しが無理なら、不用品引き取りは別に頼もう」とリサイクルショップに相談したところ、どの店の反応も「とても売り物にはならないので、回収費用がかなりかかる」と、数年前に味わった対応と同じ目に会いました。トレファク引越しではお金が貰える洗濯機や家具も逆に処分料がかかると言われてしまいました。

不用品の買取自体は普通のリサイクルショップでも同じようなものだと思っていましたが、実際に査定を頼んでみるとトレファク引越しは買取査定の見積りがかなり良いんだなと実感しました。理由は「引越し業者は外部のため、運送費や訪問見積もりのコストをトレファク側が持たなくて済む」という点でしょうか。不用品の引き取りを引越しと同時に行ってしまうので、別途トラックの手配が必要ないのもあるのかもしれません。

不用品が多い人ほど、トレファク引越しはオススメできると思います!

タワーマンションの引越しで苦労した話はこちら

関連記事