ベレッツァのパーソナルトレーニング体験レポート

プライベートジムbellezza(ベレッツァ)表参道で実際にトレーニングを体験し、筋トレマニアの厳しい目で色々とチェックしてきました。

結論から言うと、bellezzaは「サービスの質は良いが中途半端」だと感じました。理由は後述します。

プライベートジムは高額な費用が必要となるため、入会を検討している人は、事前に気になるジムの情報を検索する方がほとんどだと思います。
しかし、公式ホームページの情報などは、宣伝のために作られているところもあり、基本的には良い情報しか書かれていません。また、その宣伝の技術がプライベートジムによって異なるため、「実は凄い良いジムなのに、宣伝技術が上手くないためあまりよく見えない」と言ったケースもあります。もちろん逆も。

インターネットで検索する人が本当に知りたいのは「実際に行ったらどうなのか」という、リアルな情報ではないでしょうか。

ということで、何故bellezzaが「サービスの質は良いが中途半端」と思ったか、その理由や、具体的なトレーニング内容を、詳しくレポートしたいと思います。

ベレッツァはどんなところ?

プライベートジムベレッツァは表参道と門前仲町に店舗があります。今回訪れたのは表参道店。
表参道ヒルズの裏にあるアロープラザ原宿と言う高級マンションの一室です。

べレッツァ体験

マンションと言っても、複数の階層が入り組んだ立体的な建築物。雰囲気ありますね。

べレッツァ見学

中もかなり綺麗。
ラットプルダウン、ベンチプレス、スクワットなど多種目のトレーニングが行える大型のマシンも完備です。

以前とあるプライベートジムに見学に行った時は、ワンルームのかなり狭いスペースで驚いたのですが、ベレッツァはマンションと言っても広めのスペースが取られています。大きな窓から光も入り込み明るい雰囲気。閉塞感はありません。

べレッツァ室内

ホームトレーニーの憧れ、パワーブロックもあります。最近流行りのアルティメイトサンドバッグも。
プライベートジムではあまり見かけないバイクもあります。

bellezza体験

トレーニングスペースとは別に、別途エステ用の部屋もあります。こちらも充分なスペース。

bellezzaエステルーム

全体的に華美な装飾は無く、清潔感のある空間です。
スペースも充分に取られており、マンションタイプにありがちな狭苦しさや暗さは感じられません。

ベレッツァのコンセプト

プライベートジムベレッツァのコンセプトは「消化器官の状態を整えて身体の中からキレイになる」です。

ジムである以上もちろん運動も行いますが、ベレッツァのベースは食事です。ファスティング(断食)も、嫌でなければ基本的にはお勧めするとのこと。正直、あまりジムっぽくないと感じました。

ベレッツァが異色のジムになった理由は、代表の職業にあるのでしょう。ベレッツァの代表は管理栄養士です。

とは言え、運動をないがしろにしているわけではありません。運動に関しては、NSCAなどトレーナーの認定資格を持ったプロトレーナーが担当します。

管理栄養士でファスティング(断食)指導のプロである代表が食事のプログラムを作り上げ、プロトレーナーの認定資格を持ったトレーナーが運動のプログラムを作り上げる。それぞれの専門分野が協力して、一人のダイエットをサポートするというのが、裏のコンセプトになっているようです。

ベレッツァのトレーニング内容

実際に、トレーナーさんとマンツーマントレーニングを行ってみました。
今回は体験と言うこともあり、BIG3(脚・背中・胸)を中心にやってもらいました。体系や目的により、メニューは変わると思います。

大型マシン
べレッツァ口コミ

TRX
ベレッツァTRX

まずは大型マシンを使って、脚のトレーニングから開始。バーベルで加重してのスクワット12~15回×数セット。途中でTRXを使って、かかと側にしっかり体重を乗せるフォームの作り方、出来るだけ深く沈みながら大殿筋に効かせるフォームの作り方などを教わりました。

いきなり高重量を扱うのではなく、まずはフォーム調整を徹底し、効かせたい筋肉にしっかり効かせる方法を覚えます。

アルティメイトサンドバッグ
ベレッツァ実際のトレーニング

次に背中、大型マシンでラットプルダウン。フォームチェックをしてもらうことで、一人でジムでやってた時より明らかに狙った筋肉に刺激が入りました。チンニング(懸垂)に近いフォームを、ラットプルダウンでも作る感じ。

そのままデッドリフト。まずはアルティメイトサンドバッグを使って、効かせたい部位に効かせるフォームを練習。重量は全然無いですが、狙った部位の筋肉を意識するのにかなり良い。アルティメイトサンドバッグ欲しくなってきた…。
そして、そのままバーベルを使って、さっきのイメージを持ったままデッドリフト。普段の3分の1以下の重量なのに凄い効く。

パワーブロック
ベレッツァトレーニング内容

最後に胸、憧れのパワーブロックでダンベルベンチプレス。しっかり落とすことで、胸のストレッチを十分に効かせるやり方を教わりました。

時間があまりなかったので、トレーニングはここで終了。最後に筋膜リリースでおなじみのトリガーポイントを使って、色々な部位をコロコロしたりほぐしたり。
片足だけコロコロしてその場で足踏みしたら、やった方だけ凄い軽い。なんだこれ、欲しくなってきた…。

バイク
べレッツァ体験

バランスボール
ベレッツァトレーニング

お試しと言うこともあって短時間でしたが、週5回は必ず筋トレをする私でも、十分に満足する内容でした。それなりにフォームは綺麗な方だと思っていましたが、まだまだ改善点は多々あるようです。

相当な筋トレ経験があり、トレーナーに定期的にフォームチェックをしてもらっている私でもこれなので、筋トレ初心者にはかなりおすすめです。

ベレッツァが他のジムと違う所

ライザップのブームもあって、東京にはかなりの数のプライベートジムがあります。
実際にトレーニングをしてみて、話を聞いてみて、私が「ベレッツァはココが他のジムと違う」と思った点を挙げてみます。

キツすぎないトレーニング

プライベートジムのトレーニングはとにかくハード!キツイ!というイメージだと思いますが、実際に体験してみるとベレッツァのトレーニングはそこまでキツくありません。
私は実際に複数のトレーナーからパーソナルトレーニングを受けた経験がありますが、多くのトレーナーが「基本的には出来るだけ高重量を扱う」という視点でメニューを作成しています。しかし、ベレッツァでは「無理して高重量を扱う必要はない」という考え方が強いように感じました。

筋肉の肥大ではなく、効率的にカロリーを消費し、各筋肉に刺激をまんべんなく与えて脂肪を消費しやすくすることに重点を置いているのでしょう。
トレーニングに慣れていない人、現在まったく運動していない人でも、安心して行えるトレーニング内容だと思います。

余談ですが、雑談の中で「筋トレで脚が太くなるという女性もいますが、フォームが悪くて筋肉の一部分しか使えていないとそうなります。フォームが良ければ引き締まるだけです。」という話もありました。運動すると筋肉がついて太くなると思っている方は、一度相談してみると良いかもしれません。

単純な糖質カットはしない

栄養士監修の食事プログラムも、いわゆる通常の「糖質制限ダイエット」ではありません
糖質制限も効果が高いため利用することはあるそうですが、糖質制限で効果が出にくい体質の人もいる点、やり過ぎるとリバウンドしやすくなる点などを考慮し、それぞれの体質に合わせた独自のプログラムを、経過を観察しながら作っていくようです。

ベレッツァの食事指導では「体重を落とす」ことではなく、「消化器官の状態を整えて身体の中からキレイになる」ことを目的としています。
プロテインも必要であれば勧めますが、食事できちんとたんぱく質が取れていれば、特に進めることはないとのこと。プライベートジム=プロテイン、と言うイメージがあったので、これは結構意外でした。
※女性の会員が多く、「女性であればプロテインを摂取しなくてもタンパク質は足りるケースが多いため」とのこと。男性や、筋肉をがっしりつけたい人であれば別だそうです。

また、ベレッツァが大切にしているのはコース終了後の「その後」です。
コースの間だけ極端な食事をして痩せても、その後、普通の食生活に戻ればリバウンドします。コースが終わっても日常的にプロテインを利用するのはストイックな人でなければ難しいでしょう。そこまで考えて、バランスの良い食事を推奨するのが、ベレッツァの食事指導のようです。

コースは2ヶ月ですが、知識は一生ものです。
極端な食事制限をしない点、コース中だけでなくコース終了後のことも考えられている点が、他のプライベートジムとはちょっと違うと感じました。

ファスティング

ベレッツァ強みの一つがファスティング(プチ断食)です。

ファスティングは、体重の減少だけでなく、身体の毒素・老廃物の排出や脂肪燃焼効果、細胞の新陳代謝を高めるなどダイエットだけでなく美容面でも人気がありますが、ただ食事をしなければ良いと言うものではありません。専門的な知識無しで自己流のファスティングを行うと、逆に体調不良や胃腸を荒らす原因になります。

ベレッツァでは、自分自身も定期的にファスティングを行っている管理栄養士の代表から、専門的なファスティングの指導を受けることが出来ます。

また、ベレッツァの「ファスティングコース」は、コース期間中にファスティング期間が設けられており、専用ドリンクも込みの金額となっています。入会金は少し高くなりますが、通常の2ヶ月コースと同じコース料金でファスティングコースが選べるのでお得感があります。

エステ(ハイパーナイフ)

歳を取ると特に悩まされるのが、皮下脂肪の固くなってしまった脂肪(セルライト)。老廃物を溜め込んだ脂肪細胞の解消は、通常の運動だけでは難しくなります。

ベレッツァでは通常のトレーニングと並行して「ハイパーナイフ」を使用することで、脂肪セルライトを熱の力とほぐしで軟化させます。

ハイパーナイフは、このような突起がついたマッサージ機のような高周波痩身機器。
ハイパーナイフ

固くなって落ちづらいセルライトに直接アプローチし、一般的なラジオ波よりも高い周波数で脂肪分解を促して軟らかくします。
脂肪を柔らかくする→柔らかくなった脂肪をトレーニングで燃焼させる、と言う相乗効果で、今まで落とせなかった頑固な脂肪に効果を発揮します。エステとトレーニングが一度にできるので、何をしても落ちないセルライトに悩んでいる人には特にオススメです。

ベレッツァの評価

一つ一つのプログラムは魅力的に映りました。筋トレもしっかり行い、トレーナーも十分な知識を持っている。食事指導も管理栄養士からしっかり教わることが出来る。しかし、コンセプトの「消化器官の状態を整えて身体の中からキレイになる」はどうなんだろう?というのが正直な感想です。

プライベートジムの利用を考える人の目的は、90%以上が「痩せたい」ではないでしょうか。痩せることに特化させることはリバウンドの危険性などもあり難しいというのが現実なのですが、プライベートジムの多くは2ヶ月というかなり短い期間でコースの設定を行ってしまっているため、「痩せたいなら一気に落とすしかない」というのが実情になっています。ベレッツァのコンセプトであれば、本来は半年とか1年とか長い時間をかけて行っていくべきだと思うのですが、期間に関しては普通のプライベートジムと同じ2ヶ月が設定されています。

今は管理栄養士が行っているサービスは色々とあり、ベレッツァのコンセプトである「消化器官の状態を整えて身体の中からキレイになる」にこの金額というのはちょっと高過ぎます。トレーニングも付いてくるからということなのでしょうが、コンセプトと筋トレがイマイチ噛み合ってません。RIZAPのように、何はともあれ短期間でガッツリ痩せるという明確な目標も無いので、高額な費用に見合うサービスなのかどうかという点に疑問が生じてしまいます。

一つ一つのサービスは悪くないと思いますが、筋トレをメインにするなら「正しい身体の使い方を覚えて怪我無くトレーニングライフを送れるようにする」とか、食事をメインにするなら「管理栄養士が食事方法について徹底指導、一生太らない食事法を伝授」とか、そういった明確なコンセプトの方が良いのではないかと思いました。

当サイトでも紹介していますが、管理栄養士の食事指導が受けたいならFiNCのダイエット家庭教師の方がリーズナブルですし(ファスティングもある)

ガッツリ痩せたいとか、安い料金でパーソナルジムに通いたいというなら選択肢は色々とあります。

パーソナルジムが少なかった時期には貴重だったのかもしれませんが、状況が変わって中途半端になってしまったということなのかもしれません。